• home >
  • スポンサー広告 >
  • *その他*静岡が誇るアーブル美術館の大贋作展へ行ってきました。(静岡市)2015.5.24

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*その他*静岡が誇るアーブル美術館の大贋作展へ行ってきました。(静岡市)2015.5.24

メディアで様々な才能溢れる少年少女たちが紹介される今日。
静岡を拠点に活動する小学生画家がいることはご存知でしょうか。

天才画伯モンドくん



は静岡ではなく福岡の少年。

それは『アーブル美術館』というユニットで活動する
天馬くん(小学6年生)と心海ちゃん(小学4年生)兄妹。
母親である藤原晶子さんが館長を務めています。

ルーブル美術館が大好きなお母さんの為に
世界の名画を模写し始めた天馬くんと心海ちゃん。

次々と所蔵作品を増やし、
最近では東京などでも展覧会を開催するほど。

静岡市在住ということで、
県内でも度々開催されている『大贋作展』

アーブル美術館の別館として、
作品が常設展示されているD&DEPARTMENT SHIZUOKAにて
『大贋作展Ⅱ』が開催中ということで行ってきました。
(去年も開催したのですが見逃してました。)

結構な混雑具合のD&Dカフェ。席の予約をし2階へ‥

010_20150528084959f50.jpg

鮮やかな色彩がお出迎え。

000_201505280849281a3.jpg

壁一面に貼り付けられた贋作たち。

001_201505280849292bb.jpg

なんちゃってアート好きにもわかる有名どころ。

003_2015052808493247d.jpg

奈良美智作品の特徴を完全に捉えている。
ちょいワル~。

004_20150528084934381.jpg

アンディ・ウォーホルのキャンベル缶。
段バッジ欲しい~。

絵画だけでなく映画ポスターやCDジャッケットなどの贋作も。

002_2015052808493125b.jpg

作家、又吉先生。

005_20150528084942246.jpg

ティファニーで朝食をのオードリー・ヘップバーン。
絵からもオードリーのオーラが伝わってくるよう。

そして今回の展示には間作の横に
心海ちゃんの彫った判子カルタと読み札も展示。
判子のクオリティったら‥完全にプロの域。

007_20150528084945b0d.jpg

くぉら~
こっちみんじゃねぇ!
ただの男同士だ。

内容はともかく‥言葉は子どもらしくって逆に安心(笑)

008_2015052808494762d.jpg

年代を感じるラジカセには村上隆さんのお花が☆

作品は基本的にダンボールに描かれていますが、
アーブル美術館のブログを読むと

紙袋、木箱、まな板、服、
極めつけは草間仕様のキーボード、、

と本当に様々なモノがキャンバスになっているよう。
“絵は画用紙に書くもの”なんて決まりなんて一切ない。

006_20150528084943383.jpg

そういうところも子どもたちの才能に
影響を与えているんだろうな~と思います。

館長(お母さん)のある日の言葉。

*****

館長のわたくしの仕事は
彼らの健康管理と
モチベーションの維持と
たまにだけど、ご機嫌とり。

午後から、美術館に連れていき
気合いを注入してきます。覚醒、覚醒。

*****

一度として親と美術館になんて行ったことない。。。
子育ての参考にしたいです。。。予定はないけどね。。。

贋作展では2階のトイレも忘れずに。

011_20150528085000ac2.jpg

扉を開けた途端、草間ワールドが広がってます。

014_201505280850052a9.jpg

この細かさ。大変だったでしょうね。

012_20150528085002f3c.jpg
013_20150528085003191.jpg

草間彌生大好きなので嬉しいです。
あと岡本太郎作品があれば完璧だったな。うん。

019_2015052808504985c.jpg 贅沢言うなや。

大贋作展Ⅱは来週の金曜日(6/5)までなので気になる方はお早めに。
D&Dカフェのランチも美味しゅうございました。

020_20150528085057029.jpg

アーブル美術館の知名度が全国区になる日も遠くはないハズ。

既にストライド(ガム)の景品として
サルマタのデザインとしてアーブル美術館も起用されたんです。

021_20150528123230dd0.jpg

他にはコアなファンの多いラーメンズの片桐さんや
水森亜土さんや横山裕一さん等著名アーティストが多数。

022_20150528123231c64.jpg
023_20150528123233600.jpg

アーブル美術館収蔵作品の中でも特に人気の
ゴッホ自画像(耳切断後)とフェルメールの真珠の耳飾りの少女
がデザインされたとても斬新で素敵なサルマタです。

024_201505281242443a4.jpg

私も無事に2着GET♪

作品はもちろん、彼らがどんな道を進むのかも非常に気になるところ。
アーブル美術館からが離せません☆

スポンサーサイト
blog-entry-726.html

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。