• home >
  • スポンサー広告 >
  • *県外・旅行記*道後オンセナートへ!初めての女ひとり旅2日目(愛媛県)2014.10.18

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*県外・旅行記*道後オンセナートへ!初めての女ひとり旅2日目(愛媛県)2014.10.18

さてさて2日目です。

温泉の効果か気持ちのよい目覚め。
天気もいいし。ありがたや、ありがたや。

ややさんはビュッフェ式の朝食。
好物のサラダやフルーツも充実していて朝からモリモリ。

001_201410241221186ad.jpg

フレンチトーストも美味しかったし大満足☆

それにしても愛媛のミカン推しはスゴイ。
コンビニの一面ポンジュースの棚にも驚いたけど、
ややさんの朝食場にあったミカンの生絞りの機械を
松山市の色々な場所で見た気がします。

002_2014102412212032c.jpg

そして何よりも驚いたのは、ホテルのフロントに

003_20141024122121b72.jpg

みかんジュースの蛇口が本当にあったこと。
しかも無料。都市伝説じゃなかった(笑)

004_2014102412212355b.jpg

観光客に喜んでもらいたいという
ややさんのお・も・て・な・しの心に拍手です。
選べるタオルの種類も豊富だったし。もちろん今治タオル♪

チェックアウトは10時だったので
それまでアート部屋を満喫。

折角のオサレな空間を使って
オサレなポートレートが撮れないかと四苦八苦。

006_20141024160316f61.jpg モデルに無理があるのは承知の助。

ちょっと当たった拍子に時計が外れることに気付き

007_2014102412212482d.jpg

クロックマンに変身。結局w

この時計って無印良品らしいですよ。
こういう部屋にあるとウン万円に見えてしまいますが。
アートは表現力だと改めて感じますね。

093_201410211633345b6.jpg それではお世話になりました。

11時から2回目の草間部屋の見学予約をしていた為
宝荘ホテルへ。徒歩3分ほどの距離ですが。

この回は土曜日ということもあってか
私の他に6人の見学者がいました。

私は前日に十分写真も撮ったので、
この部屋隠れているという8人のやよいちゃんを探すことに。

①まずは入口にいる等身大?のやよいちゃん。

047_20141021141934c7c.jpg

探すも何も出迎えてくれます。

②エアコンスイッチにいるやよいちゃん。

012_2014102412292634e.jpg

③洗面所の壁の端っこにいるやよいちゃん。

011_2014102412292483a.jpg

洗面所、お風呂の草間感はイマイチ・イマニ。
もう少しなんとかできなかったのかな。

048_20141021141935969.jpg

水玉を貼ればいいってもんじゃないんだね。

④赤部屋のカーテンの裏にいるやよいちゃん。

015_20141024122930589.jpg

⑤黄部屋の小窓の中にいるやよいちゃん。

031_2014102114174814e.jpg
032_20141021141750f96.jpg

開けると草間さんの音声が流れ出しビックリ。
そして草間さんが作詞作曲した
『マンハッタン自殺未遂常習犯』を歌い出す。
う~ん、これはうなされそうだ(笑)

⑥冷蔵庫の中にいるやよいちゃん。

040-1.jpg
016_20141024123433bd5.jpg

⑦テレビ台の中にいるやよいちゃん。

013_201410241229273a6.jpg
014_20141024122929f50.jpg

ここの一角もあまり草間感はありませんが、
夜になると水玉が光り幻想的な空間になるそう。

040_20141021141827cee.jpg

宿泊者だけが見ることができる特典だそうです。

あれ?⑧は??
実は前日に答えを教えてもらったのに見つけられなかった‥。
これは気になる‥誰か教えてクダサイ(汗)

そういえばこの草間部屋
「第18回 CSデザイン賞」で優秀賞を受賞したそう。
オンセナート期間中だけといわず残しておけばいいのにな。

ということで草間部屋は以上です。

そして続いて向かったのは道後館さん。
ここでこの旅最後のHOTEL HORIZONTALの見学。

019_20141024123437f47.jpg

その部屋とは谷川俊太郎さんの「はなのいえ」
こちらの見学料金は驚きの2,000円。

BUT庭付きの特別室に50分滞在でき、
高級お抹茶とお菓子付きということなので納得。
見学料金というよりはお部屋の利用料金ってことですね。

しかも有り難いことにこの時間は私ひとりの貸切。
(一応数日前に12:00の回を予約はしておきました。)
こんなお部屋滅多に入ることができないので嬉しい。

谷川俊太郎さんが道後温泉を訪れ
仕事をする部屋というコンセプトなんですって。

027_20141027103944f48.jpg

真っ先に目に飛び込む庭の詩。

028_20141027103946c7c.jpg

私たちに挨拶してくれているのかな。
谷川さんの人柄が表されているような優しくて温かい詩。

022_20141027103340fc6.jpg

はなののののはな
はなのななあに
なずななのはな
なもないのばな

(花野の野の花 花の名なあに なずな菜の花 名もない野花)

026_20141027103346a86.jpg

掛け軸にはなぜかう○ちマークが?!
旅館の方の話によるとお孫さんの興味を惹く為に押されたそう。

045_20141027111449251.jpg

部屋で流れているDVD映像からも
とてもユーモアに富んでいる方なんだろうな~と感じました。

047_2014102711145273e.jpg おんとし82歳。

自宅からお借りして展示しているという品々。

030_20141027103948b4f.jpg032_20141027105019a88.jpg
029_2014102710394763d.jpg

パソコンも谷川さんの私物ですって。
デスクトップがお孫さんの写真だったのですが
その可愛さに何よりも驚いたのは私だけではないハズ。

035_201410271050231c7.jpg

ちなみにパソコン内も閲覧OKです。

033_201410271050203e4.jpg 言葉遊びにもチャレンジ☆

お菓子は谷川さんの詩の一部の文字が
和三盆になっているその名も和菓詩。洒落てます。

021_201410241234380bc.jpg

したのうでとける
なつかしゆめ
いつかこいまも
あまいおもいでに
ときのやさ

私も舌の上で溶かしてみます。
一瞬で消えてしまう儚い味でした。なんつて。

023_20141027103341d19.jpg お抹茶は濃い!苦い!!

その他に天井、冷蔵庫、洗面所、お風呂等々
様々な場所にちりばめられた言葉の数々。

046_20141027111450174.jpg

アートとはまた少し違う気もしますが、
貴重な空間で、贅沢な時間を過ごせた気がします。

というワケで今回4つのアート部屋を見学しましたが、

荒木経惟×ホテル古湧園『楽園』
石本藤雄×茶玻瑠『Suuri Taiga/大草原』
KIK×ホテルルナパーク『Dogo Kamelie Hutte / 椿ヒュッテ』
葉山有樹×ふなや『藍』
皆川明×花ゆづき『ロ』

等々も時間とお金に余裕があれば見学したかったです。

しかしその他の無料のアート作品は正直物足りない。
“まち歩きが楽しくなるような仕掛け”もっと欲しかったです。

070_201410211511564f6.jpg071_20141021151158f3d.jpg
074_201410271222245a5.jpg075_20141027122225b65.jpg

昼間の霧の彫刻も見ましたが、夜の方が断然雰囲気ありますね。

078_20141027122226fcb.jpg

道後を後にする前にハイカラ通りの道後の町屋さんでランチ。

051_20141027123204073.jpg054_2014102712320860b.jpg
052_20141027123206547.jpg

居心地が良すぎて食べ過ぎてしまったわ~(言い訳w)

053_20141027123207891.jpg

素敵なデコレーションでしょ。
この揚げパンが軽くてサクサクでめっちゃ美味しかった。

道後でのカフェはここ道後の町屋さんか
道後温泉の目の前一六茶寮さんかレグレットカフェが人気。
ちょっと奮発して旅館でランチもいいかもですね。
ふなやさんの道後オンセナートプレートランチも食べてみたかったな。

そして昼過ぎ、道後温泉駅から松山市街地へ。
ちょうどタイミング良く坊っちゃん電車が到着。
大街道駅までなら乗れるとのことだったので乗車しました。

057_2014102812353546f.jpg

10人乗ればいっぱいっぱいな小さな車内。

056_201410281235331f4.jpg055_20141028123532cb1.jpg

結構ガタガタ揺れましたが、
乗務員さんが色々説明してくれたり面白かったです。

大街道駅で降り、松山城へ向かいます。
私、お城にはあまり興味がないのですが、
知人の城マニアから松山城には行っておけと言われまして。
(その後宇和島城も見て高知城経由丸亀城経由で帰ってこいと‥)

059_20141028123538873.jpg 松山城へはロープウェイかリフトで。

しかし上ったものの、外から城を眺めてUターン。

063_20141028123829289.jpg
062_201410281238281a3.jpg

城マニアにバレたら何て言われるか‥(恐)
確かに石垣のソリ具合は格好良かった‥気がする。

061_2014102812382753e.jpg

続いて近くにあるも萬翠荘もなんとなく見学。

074_201410281240515f3.jpg
072_201410281240490c2.jpg070_20141028124048b21.jpg

重要文化財に指定されている建造物ということですが
確かにステンドガラスの細工が美しかった‥です。

067_201410281240472f9.jpg

そんな感じ‥で松山観光も終了。
本当はことりさんかアサヒさんで松山市のソウルフード、
甘い鍋焼きうどんも食べてみたかったのですが
閉店時間とお腹とのタイミングが合わずに諦めました。

体力も尽きてきたので
夜行バスの出発時間まで松山駅前のインターネットカフェへ。
マッサージチェアでテレビを見る至福。。。

そして出発が近付いてきたのでチェックアウトし松山駅へ。
行きのJR高速バスが松山駅前で降車したので
帰りもてっきり同じところから乗るのかと思い込んでいた私。
よくよく確認してみると乗車場所‥松山一番町‥?
松山一番町‥松山駅から路面電車に乗り‥路面電車!?

血の気が一気に引く私。
パニくりつつナビるものの出発時間に間に合わない。
乗り遅れたら初野宿か‥ぐるぐると立ち尽くしているうちに
やっとタクシーで行けばいいと気付く。遅すぎるわ。

運転手さんを半泣き作戦で煽り
松山街道をぶっ飛ばしてもらいました(笑)
おかげで間に合いましたよ~運転手さんありがとう~☆

帰りのバスはWILLER TRAVEL。
プラス500円のSPA付プランを利用してみました。

早朝大阪駅に着きサウナ&スパ大東洋へ。
ここはB1Fがレディース専用になっているので安心。
一日お風呂に入れないのはキツいですからね。助かりました。

この日は昼から大阪在住の友だちとカフェめぐり♪

一軒目は待ち合わせ前にひとりで行っちゃいましたが。
数年前こびとづかんケーキをオーダーメイドしたULTRA JAMさん。

080_20141028124308396.jpg076_201410281243060d8.jpg

ここのケーキは本当に可愛すぎる。私のNo.1です。
2個は絶対多いと思いながらも頼まずにいられなかった。

078_20141028124307d5c.jpg

今はハロウィンバージョン☆

そして友だちと合流後、89cafe(2号店)へ。

082_2014102812444452d.jpg
081_20141028124443b4a.jpg

店内に自作のどこでもドアがあるんですよ。
看板犬のモカちゃんが歩き回っているアットホームなカフェでした。

そして三軒目が一番行きたかったペンネンネネムさん。
絵本カフェといった感じで店内には様々な絵本や雑貨が飾られています。

095_20141028124719fb9.jpg088_20141028124629dec.jpg
093_20141028124716531.jpg
090_20141028124632641.jpg091_20141028124713542.jpg

あまりに人気過ぎて今は座席入替制に。
9:30からチケットが配付されるのですが、
私が10時過ぎにもらった時は、一番早い回で13:30の案内でした。

092_20141028124714ea5.jpg
084_20141028124447cf5.jpg

お目当てはぐりとぐらのホットケーキ。
ちゃんとぐりとぐらの帽子がついてきます。たまらん。

083_201410281244467a0.jpg

ベニちゃんにピッタリだった♪

085_201410281244481e6.jpg

スイミーが泳ぐクリームソーダも。たまらん。

087_20141028124628b3b.jpg

店内を色々見回して、
この絵本知ってる!あの絵本好きだった!!と話すのも楽しいです。
本当素敵な空間でした。また来たいな。

そして夕方、大阪駅から静岡駅行きのバスに乗り
無事に人生初ひとり旅を終えた私なのでした。

ひとり旅‥自由だし、気楽だし、大満足だったのですが
実は松山と大阪で一度ずつ絡まれまして‥
「荷物重いでしょ、送ってあげるよ」的な‥
大阪では兄チャンが車から降りてきて追いかけられたので
若干のトラウマができてしまったのも事実。

夜行バス等を使って夜間・早朝出歩く時は
もう少し危機感を持って行動しなくてはな~と感じました。

というワケで
次の週は明るい時間に近江八幡へひとり旅してきましたよ(笑)
また載せたいと思いま~す☆

スポンサーサイト

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。