• home >
  • スポンサー広告 >
  • *県外・旅行記*道後オンセナートへ!初めての女ひとり旅1日目(愛媛県)2014.10.17

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*県外・旅行記*道後オンセナートへ!初めての女ひとり旅1日目(愛媛県)2014.10.17

日帰りではよくひとりでも出かける私ですが、
宿泊を含むひとり旅というのは(多分)経験がなく
この度初めて挑戦してまいりました。目的地は四国愛媛。

目的は道後オンセナート2014。
このアート展は道後温泉のシンボル道後温泉本館が
今年改築120年を迎えたことを記念し行われています。

020_20141022030342a0f.jpg

日本最古の温泉と最先端のアートに浸かる。
キャッチフレーズは“アートにのぼせろ”
熱い、熱すぎるじゃないですか。

しかしそれだけではわざわざ
愛媛までは行かなかったかもしれません。

BUTそのアートに参加しているのは
私の大好きな草間彌生さんではありませんか!?
愛媛‥国内だし行ける、行ける。そんな感じで決定。

今までアートのイベントや展覧会に何度か行って
自分の自由奔放な行動は誰よりも把握しているわたくし。

興味のないモノはスルー、
気に入ったモノは気が済むまで写真を撮り続ける。
=アートはひとりで行くに限る。そこに迷いはありません。

木曜日の夜に静岡駅発-大阪駅行の夜行バスに乗り
金曜日早朝に大阪駅に到着。約8時間。

001_20141021122116947.jpg

そこから大阪駅発-松山駅行のバスに乗り換え6時間。
※道後へ行くにはひとつ前の大街道で降りた方が近いです。

時間はかかりますが早割を使って片道約8千円。
長距離移動が苦にならないタイプなのでヨカッタ。

002_20141021122117c2c.jpg

昼過ぎに松山駅に到着☆
いや~来ようと思えば簡単に来れるもんだ。

003_2014102112211942b.jpg

道後温泉へは松山駅の向かいある
伊予鉄道の松山駅前駅から路面電車で向かいます。

004_201410211221207b8.jpg005_20141021122122494.jpg

電車は一両でなんだかバスみたい。
静岡では見慣れない路面電車にドキドキです。
運賃は一回160円。何度も乗るなら1Dayチケットがお得。

約20分で道後温泉に着いたどー。

ここ道後温泉は夏目漱石の小説「坊っちゃん」ゆかりの地。
その登場人物が利用したとされる坊っちゃん列車に遭遇。

005-1.jpg

時間が合えば300円で乗ることもできます。

道後温泉駅とカラクリ時計。

006_2014102112213232d.jpg007_20141021122134261.jpg

大正モダンというか昭和レトロというか(全然違う?)
ちょっとタイムスリップした雰囲気がなんか、いい。

008_20141021122136131.jpg

ハイカラ通りを散策しつつ目的地へ。

009_201410211221372ef.jpg
010_201410211221462aa.jpg 湯かごは温泉街ならでは。

食べようと決めていたみかんソフトクリーム。うまー。

014_20141021122152847.jpg

トトロにも遭遇。かわゆー。

015_20141021122202bed.jpg

そう、道後温泉といえばジブリ映画「千と千尋の神隠し」に
登場する油屋のモデルになったと言われているんですよね。

それがこの道後温泉本館。

049_2014102203112216a.jpg

簡単に見つけすぎてやや感動が。。。

016_2014102112220322b.jpg

坊ネズミも連れてきました。抜かりないです。

しかしあまりゆっくりしている時間がなく早々と退散。
なぜならば真の目的である草間作品の見学予約をしていたから。

会場である宝荘ホテルへ到着。

018_201410211222062ac.jpg

ドキドキドキドキ。

021_20141021125400327.jpg
020_201410211222089fe.jpg

ズキューン。

025_201410211254052d4.jpg

そう、ここに来たかったの。
本当に来ちゃった。うふふふふ。

若干テンションハイでおかしくなりつつカフェで一服。

023_2014102112540293d.jpg
022_20141021125401273.jpg024_20141021125404d2b.jpg

ズキュキュキューン。落ち着くワケがない。

BUTこのロビーでの水玉カフェはおまけのようなもので
道後オンセナートの草間作品とはまた別モノ。

草間さんが参加しているメインプロジェクトは
HOTEL HORIZONTAL“客室の作品化”

簡単に説明すると、
道後温泉のホテル・旅館がアーティストとコラボし
客室の一室を泊まれるアート作品として展示しているのです。

全9名のアーティストは、草間彌生さんをはじめ
作家の谷川俊太郎さんやカメラマンのアラーキー等
様々なジャンルのそうそうたる顔ぶれ。

そしてテーマは“最も深い夢 The deepest dream”だそう。

泊まれるアート作品なのでもちろん宿泊できるのですが、
草間部屋はお1人様利用だと78,000円(税別)ちーん。
ちなみに4人だと19,500円(税別)です。しーん。

ということで宿泊は早々に諦めお部屋見学を予約。
こちらも有料で1,000円/15分。なかなか。

026-1.jpg

しかし私はこの為にはるばる静岡から来たのです。
見学可能な時間帯は11~15時(ホテル・旅館により異なる)
万が一、1日目の見学に間に合わなかった時の為
2日目も予約しておきましたよ。ふふふのふ。
実際は1日目の14:40の回に余裕で間に合ったんだけど。

時間になり案内していただくことに。
平日だった為か見学者は私だけ。ラッキー☆

027_20141021141729222.jpg このドアの向こうに。ドキドキ。

042_20141021141832717.jpg

ドッキューン( ゚д゚)≡♡♥♡♥♡♥

完全にラブホテル
という感想は抜きにしてこれぞ草間ワールドな空間です。

ひとりで貸し切り状態だったし、
係りの人も時間になったら呼びに来てくれるとのことだったので、
思う存分写真を撮りました。目がチカチカするかも。

045_20141021141931db0.jpg

壁の女の人は若かりし頃の彌生さま。

043_20141021141833d34.jpg
044_20141021141929577.jpg

まさにLOVE FOREVERです。

038_20141021141811303.jpg
033_20141021141751028.jpg

隣の部屋はガラリと配色が変わる。
けどこの部屋も紛れもなく草間ワールド全開です。

039_20141021141812bab.jpg
030_2014102114174703f.jpg035_20141021141806a1e.jpg

水玉+かぼちゃ=草間彌生。これテストに出ますよー。

029_20141021141732204.jpg

「この部屋には泊まれない。」なんて感想もあったけど、
私は平気だな~むしろ泊まれるものなら泊まりたい。スゴイ夢見そうだけど。

細かいところも色々撮ったのですが、
次の日も見学したので2日目の日記に載せたいと思います。

028_20141021141731c66.jpg

というワケで次の見学へ。

続いて向かったのは道後プリンスホテル。
道後プリンスホテルはハイカラ通りを戻り道後温泉駅の先なので
少し離れてはいますが、全然歩いて行ける距離です。

ここにはHOTEL HORIZONTALの谷尻誠さんの部屋が。
予約していなかったし、15時半頃だったけど見学させてもらえました。
ちなみに見学料金は540円/15分でちょっとお安い。

050_2014102115094077a.jpg 怪しい光の空間を抜けると

そこには二次元の世界が広がっていました。

052_20141021150943109.jpg

作品名はSketch。

064_20141021151128cbc.jpg068_201410211511346a2.jpg
053_20141021150945026.jpg

写真だといっそう絵に見えますね。
日記を書きながら改めて驚いている私です。

054_201410211510102da.jpg
055_20141021151012096.jpg

絵ではないという証拠(笑)

065_20141021151129215.jpg

私自身も女将さんに撮影してもらいましたよ。親切な方でした^^

よーく見ると筆で塗りつぶした感じが伝わってきます。

057_20141021151015aec.jpg

電話のボタンも手書きだ。

067_2014102115113307d.jpg

この急須や電話等が実際に使えるかはわかりませんが、
お部屋にはもちろん泊まることができます。たまに予約があるそうですw

062_2014102115110985b.jpg063_20141021151110275.jpg

その時の為に便座と洗面台だけは塗らなかったとか。

060_20141021151107307.jpg059_20141021151104452.jpg
058_201410211510164aa.jpg

“最も深い夢 The deepest dream”というテーマにもピッタリ。
夢の中での光景ならば不思議じゃない。

061_2014102115110768c.jpg

私がアートを好きな理由、
非現実感をたっぷりと味あわせてくれる素晴らしい作品です。必見。



作品ができるまで。
地元の美術学生さんが制作のサポートをしたそう。

何より驚いたのが谷尻誠さんが建築家ってこと。
建築家ってこんなアーティスティックな演出もできるんですか?!
天は二物を与えすぎではないでしょーか?神様~?!?

ちょっとやさぐれたので一杯飲むことにしましょう。

道後温泉へ戻り、坊ちゃん広場の谷本蒲鉾店さんでじゃこカツGET☆
じゃこ天・じゃこカツは愛媛の郷土料理なんですって。

083_201410211622497a5.jpg

魚のすり身を練り物を揚げたものなので
こっちでいうかまぼことかはんぺんとかなんでしょうが
揚げ立て+本場+旅行中という相乗効果で2倍も3倍も美味しい。

084_20141021162309789.jpg
(ハイカラ通りでGETした温泉のフチ子さん)

苦手なハイボールを伊予柑味につられて頼んでしまった。
「ハイボールウェーイ」って感じです。。。

ハイボールは酔いやすい‥
温泉に入る為、酔いを醒まさねばならん‥と

086_20141021162310c2f.jpg

道後麦酒館へ。
私ビールを飲むと正気になるんですよね。
いいえ、アル中ではありません。

思ったよりシャレた感じで店員さんもホストっぽい男性だけ。
しかし気にせずに飲むぜ、私は。

087_20141021162312e7a.jpg

とりあえず端から順に頼んでいきました。

088_20141021162313053.jpg

もちろん味の違いはよくわかりません。

090_2014102116333082d.jpg

カウンターでひとりで飲んでいたのに声を掛けられる気配もなく。
まぁ、ビールグラスにフチ子さんを吊している女なんで嫌ですよね。
それが理由ということにしておきましょう(笑)

そして酔いが醒めた私は迷うこともなく宿にチェックイン。

お世話になったのは道後ややさん。
驚くなかれ、今回宿泊したのはHOTEL HORIZONTALの作品、
ジャン=リュック・ヴィルムート氏のTime Scienceという部屋なのです。

普段は素泊まり3,000円で十分な私。
今回清水の舞台から飛び降りてしまいました、骨折です、骨折。
骨折はしばらくおとなしくしてれば時期に治るのでオッケー。
(ハッキリ書くと1人様利用20,000円(税別)です。)

お部屋はこんな感じ。

094_20141021163336010.jpg

アート部屋っていうかオシャレなデザインルームみたい。
草間部屋や谷尻部屋のような衝撃はありませんが素敵な空間。

104_201410211700247aa.jpg お風呂もめちゃキレイ。

この部屋の特徴は一面にドローイングされた波線。

109_201410211700470bd.jpg111_201410220430070fd.jpg
098_20141021165630233.jpg

そして同じ空間に設置された3つの時計。

110_201410220410270c6.jpg112_20141022041030f46.jpg
101_201410211700209b4.jpg ひとつは天井に。

時計から放射線状に描かれているので
何か時空の流れのようなものを感じます。なんとなく。

一本一本手書きだそうです。



そんなオサレなベッドルーム。

096_20141021165627322.jpg
097_2014102116562867f.jpg

しかし完全にカップル用か‥このやろう‥
ひとりで贅沢に使ってやるぜ!
とクッションとクッションの間に飛び込み後頭部を強打!!

またもややさぐれたので一杯飲むことに‥

108_20141021170046949.jpg

もちろん今度はお茶ですよ♪
坊っちゃん団子を食べながら坊っちゃんを読むなんて文学少女~
(総ツッコミ入りそうですが)とひとりで浸っていました。

しかし坊っちゃんを10Pほど読んだところで睡魔に襲われる私。
道後温泉に来て道後温泉に入らないってちょっと面白いかも‥
とか考えながらも、きっと後悔するだろうと思い直し

105_201410211700419b2.jpg 再び道後温泉本館へ。

114_2014102203544362c.jpg

夜の方が千と千尋の雰囲気が出る感じ。

117_20141022035457892.jpg
127_20141022044102bd4.jpg 情緒があって浪漫チック。

ちょうど道後オンセナートの作品のひとつである霧の彫刻が出現!
(9~21時まで2時間おきに15分から3分間ほど出現する。)

118_201410220440206ac.jpg

道後温泉本館の雰囲気にピッタリな演出です。

霧の彫刻って去年豊田市美術館に見に行った反重力展でも見ていて
やっぱりどちらも中谷芙二子さんの作品でした。
こうやって知ってる作品やアーティストが
少しずつ増えていくのがアートの楽しみだったりします。

そしていよいよ道後温泉本館へ入館。

料金体制が若干わかりづらいのですが、
神の湯階下・神の湯二階席・霊の湯二階席・霊の湯三階個室という
4つの入浴コースになっていて、入れるお風呂や休憩室が少し違います。

私は少しお高めの霊の湯二階席(1,250円/1時間以内)へ。
休憩室に荷物を置き、すぐさま霊の湯へ案内されます。

120_20141022044024175.jpg

平日だったこととちょっとお高めのお風呂とあってかここも貸切状態。
霊の湯は比較的小ぶりな湯殿なのでちょうどよかった。

霊の湯コースは神の湯(大衆浴場的な)にも入れるのですが、
もう充分満喫したのでやめておきました。時間も限られているし。

119_2014102204402255f.jpg

休憩室ではお茶とお煎餅のサービスが。

このコースにした理由はオンセナートの作品
サイバー百椿図屏風/福田泰崇が見たかったからなのですが、

121_20141022044025688.jpg

休憩室の端に置いてあり、ああこれか‥といった感じ。
もう少し大々的に展示すればいいのにな。

その後皇室専用の湯殿(又新殿)を案内してもらったり、
夏目漱石が湯上がりにくつろいだ部屋を再現した
坊っちゃんの間を見学したり、なかなか貴重な体験でした。

123_20141022044059d1d.jpg

夏目漱石もここからこんな景色を眺めたのかしら。

本当はこの後、
おいでん家いよ狸で湯上がりビールを飲みたかったのですが
いかにせんお腹が一杯で食べれる気がしなかったのでその辺を散策。

126_2014102204410128f.jpg
125_20141022044059d64.jpg128_20141022044129e4d.jpg

これまたオンセナートの作品
大影絵・道後夜話/スティーブン・ムシンがひっそりと浮かび上がってました。
まぁ温泉街にアートが溶け込んでる感じでこれはこれでいいのかな^^;

129_2014102204413180e.jpg

湯冷めする前に宿へ退散。
それはそれは素敵な夢を見ましたとさ。。。

というワケで2日目へ続きます。

スポンサーサイト

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。