• home >
  • スポンサー広告 >
  • *その他*清水港(興津埠頭)に停泊中の地球深部探査船「ちきゅう」を撮ってきました。(静岡市清水区)2014.6.29

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 静岡*旅/中部エリア >
  • *その他*清水港(興津埠頭)に停泊中の地球深部探査船「ちきゅう」を撮ってきました。(静岡市清水区)2014.6.29

*その他*清水港(興津埠頭)に停泊中の地球深部探査船「ちきゅう」を撮ってきました。(静岡市清水区)2014.6.29

長いタイトルだ。。。

梅雨晴れの昨日、一日中原付で走り回っていたら
すっかりと日焼けしてしまい、腕がヒリヒリしています。
今年も美白ケアとは無縁な私でございます。

さて、そんな私が昨日撮影したのは
只今清水港に停泊中の地球深部探査船「ちきゅう」。

この「ちきゅう」の存在を知ったのはウン年前。
久能街道を走っていると駿河湾沖に光輝く怪しい物体を発見。
いわば未確認物体、そうまるで海に浮かぶ要塞のよう。
(スイマセン、ちょっと大袈裟デス。)

友だちとの会話で、それが「ちきゅう」だと知ったのですが、
それ以来、近くで見る機会もありませんでした。
※ちなみに何をしている船なのか等は詳しくないので
気になる方はJAMSTEC地球深部探査センターHPをご覧クダサイ。

が、先月バイパスを通っていると海沿いに眩しいほどの光が。
そうです。「ちきゅう」が興津埠頭に停泊していたのです。

どうやら清水港は実質的に母港のような役目をしているらく
(法律では母港は特に定められてはいない。)
寄港することも多いようです。全然知らなかった。

その日にちょうどTwitterでフォローさせてもらっている
しんしんさんが「ちきゅう」の素敵な写真をUPされていて
幻想的で美しい船体を私も撮りたい!と意気込んだのであります。
が、そう思ったのも束の間「ちきゅう」は清水港を出発(泣)

ですが気付いたらいつの間にか戻ってました(笑)

ということで、またもや出発してしまい悔しがる前にと
昨日撮影してきたので撮影場所と共に載せたいと思います。

しんしんさんはズームレンズを使って
三保から「ちきゅう」を撮影したと言っていましたが
私のカメラでは到底ムリな話。素直に興津から攻めます。

明るいうちに場所をチェックしておくことに。
興津のマックスバリューを出発し、
海岸沿いのしみずマリンロードを清水駅方向へ。

「ちきゅう」が停泊しているのは興津第二埠頭のよう。
入口へ行ってみると‥

001_20140630082854ba1.jpg

確かに停泊していました。

002_20140630082855458.jpg

が、案の定立ち入り禁止。これは完全にダメな雰囲気。

003_20140630082856c7e.jpg

櫓が見えてるのにな~残念無念。次行こ!次!!

007_20140630082911b33.jpg

続いてちょっと進んだ東海埠頭さんの事務所のあたり。
ここは会社の駐車場っぽいので入っていいのかちょっと微妙。

004_201406300828584a3.jpg

ケド、ロープが張ってあったのでそれ以上中へ行かなければいいと解釈。
ちなみに小さな男の子とお父さんも「ちきゅう」を見に来てました。

少し遠く感じますが、パワーズームを使えばなんとか。

005_20140630082859f0a.jpg
006_20140630082909865.jpg

ここは撮影ポイント①に決定です。夜にまた来ます。

ちょっと先の路肩の上から。

008_2014063008291254b.jpg

ここからだとキリンとか恐竜の姿に見える
ガントリークレーンも一緒に撮れるので港の雰囲気が強まるかも。

ちょっとズーム。なかなかいい構図。

010_20140630082915a9a.jpg

けど、三脚を立てにくいので夜の撮影は却下。次行こ!次!!

消防署のある通り、興津第一埠頭へ。
中へちょっと進むと左へ入る道があったので行ってみました。

011_20140630082932f28.jpg

突き当たりには工事中の看板。
その先は防波堤になっていてテトラポットが置かれています。

012_201406300829346d9.jpg

ここには釣りスポットのようで昼も夜も人がいました。
テトラポットの上は危ないので工事看板の裏辺りから撮影。

014_20140630082937ea5.jpg

見え方はこんな感じ。撮影ポイント①より若干近く感じます。

015_20140630082938121.jpg
016_20140630082950ac0.jpg

なかなかいいですね。撮影ポイント②に決定。

真横から撮れないかと興津第一埠頭を奥に進んでみましたが
柵やコンテナで到底ムリそうなので引き返しました。

017_20140630082952c9f.jpg
018_2014063008295302e.jpg019_20140630082954de8.jpg

なんとか撮影できそうな場所を見つけてホッとした私。
ですが、前々日タクシーを利用した際に運転手さんとこんな会話を。
「ちきゅうへ連れてってくださいって言われることありますか?」
『清水港のでしょ?あるよ~。』
「どこへ案内します?」
『第4だね。あそこならタクシーで中まで入れるし。今から行く?』
「今日は遅いのでまたにします~。」(第4ね、ふむふむ。)

しかし調べても、実際に探しても、
清水港に第4埠頭なんてない。
ちなみに第3埠頭もない。多分。

あの運転手さんの言葉は何だったのか。
実は知る人ぞ知る秘密の場所があるのではないかと気になってます。

ちなみに江尻埠頭からはこんな感じ。

020_20140630082956001.jpg

水上バスに乗ったらもっと違った角度から見れるのかな。
あと昼間の撮影は富士山が見える日に再チャレンジしたいですね。

023_20140630083053c11.jpg

暫し日が暮れるのを待ちます。清水のこの景色好き。
我ながらやりたいことに関しては気が長い。基本短気だけど。
そして18時半、辺りが暗くなったので撮影ポイント①へ戻ります。

注意:いくら日本が平和だからと言っても
夜間の女性のひとり行動(しかも港‥)は危険です。
特にカワイイ人は絶対真似しないでください。
こんなことしてる物好きは私くらいか。。。

三脚を立て撮影。3,000円の安物だけど買って良かった。
覚書:M/WB白熱灯/ISO200/S3.5/絞り13/タイマー撮影

024_201406300830541ca.jpg
026_201406300831091ca.jpg

マクロレンズを付けてきてしまったのでピントが合わず大変でしたが、
ブログに載せるだけなのでブレブレでもヨシとしましょう。

そして撮影ポイント②へ。

028_2014063008311201e.jpg

海面に反射する光が美しいです。

031_201406300831279dc.jpg

遠くから見ると船の上に小型ビルが立っているかのような櫓。
思ったより明るく撮れなかったのが難しいところ。目ってスゴイ。

029_20140630083114cdb.jpg
030_201406300831159bf.jpg

気が付いたら2時間くらい経ってました(笑)

027_20140630083111cb2.jpg

富士山に萌え、工場夜景に萌え、
サブカル女子の本領がいよいよ発揮されつつあるかもしれません。

ただ夜間の行動はやや不安なので
一緒に行動してくれるサブカル男子を早く見つけたいところ。
そんなこと言いつつひとりでも行くと思いますが(笑)

次は何を撮りに行こうかな~わくわく☆


大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。