• home >
  • スポンサー広告 >
  • *その他*オンシーズンのクレマチスの丘とイケムラレイコPIOON展へ行ってきました。(駿東郡長泉町)2014.5.17

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 静岡*旅/東部エリア >
  • *その他*オンシーズンのクレマチスの丘とイケムラレイコPIOON展へ行ってきました。(駿東郡長泉町)2014.5.17

*その他*オンシーズンのクレマチスの丘とイケムラレイコPIOON展へ行ってきました。(駿東郡長泉町)2014.5.17

庭のクレマチスが大輪の花を咲かせていることに気づき、
きっとクレマチスの丘も最盛期だろうな~と思うといてもたってもいられず、
土曜日に電車と無料バスを乗り継ぎふらっと行ってきました。

クレマチスの丘へは今回で4回目の訪問でしたが、
初めてベルナール・ビュフェ美術館にも足を運んでみました。
クレマチスの丘からさらに5分ほど山を上った場所にひっそりとあります。

007_20140519122039c8a.jpg

ベルナール・ビュフェ(1928-1999)はフランス人画家。
その作風は直線的で鋭利な黒い描線と限られた色彩だそう。
確かに一度知ったら私でもビュッフェの作品だと
見分けられそうな特徴があります。

ベルナール・ビュフェ美術館はそんなビュフェの
コレクション品を展示する世界最大級の規模を誇る美術館。

そして2015年6月14日まで
BERNARD BUFFET 1945-1999 展が開催されており、
厳選された貴重な作品を見ることができます。

003_20140519122024bf0.jpg

芸術にはまったく疎い私の感想ですが、
若い頃から天才と呼ばれたビュフェの才能と勢い、それ故の苦悩。
戦争、ナチスの支配、時代に翻弄される人間の怒りと虚無。
愛に飢えていたビュフェの孤独。伴侶、アナベルへの愛。

それらの説明を素直に感じる作品でした。

特に人生の終焉を迎えるビュフェの作品、死神シリーズ。
絵を書くことにすべてを捧げたビュフェが絵が描けないことは死である、
と自ら命を絶つ直前の絵には恐ろしいほどの生への執念を感じました。

たまにはこうして芸術に触れるのもいいですね。
聞こえるのは自分の足音だけ。という特有の雰囲気も好きです。

ビュフェ美術館にはビュフェこども美術館にも併設されていて
子どもたちは自由に遊ぶことができるよう。
ちょっと覗いてみましたが、なかなか素敵な広場でした。

002_20140519122023a0f.jpg001_2014051912202282d.jpg

ただここへ行く為だけに入館料(大人1,000円)払うのはちょっとかな。
あくまでベルナール・ビュフェ美術館を目的に来たい感じです。

そうそう、7月8日まで企画展として
21世紀アートプロジェクト/佐々木愛 Four Songs が開催されていました。
淡く、優しく、透明感のある癒し効果がありそうな作品と空間でした。
特に壁一面を使ったシュガーアート作品は必見です。写真撮りたかったな~。

005_201405191220272ce.jpg

クレマチスの丘はこういった現代アートの展示にも
力を入れていて本当チェックが欠かせません。
この間奈良美智さんもオープニングトークで来たみたいだし。
秋には憧れの写真家、川内倫子さんのトークショーが‥行きたい!!!

というワケで、現在クレマチスの丘で開催されているのが
イケムラレイコ Leiko Ikemura | PIOON 展です。

イケムラレイコさんのことは初めて知ったのですが、
ドイツを中心に活動する日本人画家、彫刻家だそう。

006_20140519122038c35.jpg

PIOONはぴよ~んと読み、テーマはそのまま“うさぎ”
うさぎと聞いただけで乙女の心はトキメクはず。

私ももう完全ぴよ~んモードにスイッチが入り、
ベルナール・ビュフェ美術館のカフェでウサギのカップケーキをチョイス。

004_20140519122026cc0.jpg

このメニューは展覧会とは関係ないと思うけど(笑)

そして再び巡回バスに乗り、クレマチスの丘へ。

009_20140519122042b51.jpg
012_201405191220545fd.jpg011_2014051912204408a.jpg

何度訪れても、その度に素敵な場所だな~って思う。
特に今はクレマチスの丘が一段と美しいオンシーズンです。

咲いている花をひとつひとつ撮りたい衝動に駆られましたが、
時間が足りなくなるので、まずはPIOON展へ。

入口ではこの子がお出迎え。

014_2014051912205725e.jpg
013_20140519122056b8e.jpg

まるで森の中で出会い、私を案内してくれるよう。
なんて乙女モードは続行中です。

015_201405191220591e6.jpg
017_2014051912211464d.jpg016_201405191221003d6.jpg
※PIOON展は撮影禁止ですがうさぎ観音だけは撮影可でした。

なんだろう、この不思議な世界観は。
うさぎだよ、うさぎさん。観音さまが耳つけちゃってるんですよ。
なのになんだろう、この心を落ち着かせる感じ。

ビュフェの作品でも感じたけれど、
命削って創り上げている作品には魂的な何かが宿っていると思う。
うまく説明できないのですが、、、圧巻です、、、

展示自体は思ったより少なくてあっという間に見終わってしまったのですが、
私はここから3時間、クレマチスの丘に居座ることとなります。

なぜならば‥ガーデン超キモチイイ~!!!

020_201405191221189cb.jpg

もう既に日差しは暑いくらいだったのですが、

028_201405191221412eb.jpg
033_20140519122158a33.jpg032_2014051912215764b.jpg

木陰サイコ~!!!

そして私は花たちの逆光フォト撮影に夢中。
地べたに寝そべってひたすら撮影していたので、通り過ぎる人は
「この人は何やってるんだ‥」と不審がっていたことでしょう(笑)

023_20140519122120a30.jpg
018_20140519122115cac.jpg019_20140519122117082.jpg

なかなか思い通りには撮れなかったケド、メッチャ楽しかったです。
ここには素敵な被写体が多すぎ!完全に私の腕不足!!また来よう^^

そして、またしてもカフェタイム。
ここの焼き立てスコーンが美味しいんですよ。

うさぎさんがいる~超可愛い♪

024_20140519122135216.jpg025_20140519122136b35.jpg
026_201405191221375bd.jpg

おひとりさまで幸せタイムを満喫♪♪

027_20140519122139004.jpg ぴょん。

前回時間がなくなって慌ててカフェを飛び出しましたが今回もでした(笑)
10時から15時まで滞在。なかなかですよね。
花好きでカフェ好きでアート好きにはたまらない場所ですよ。
県外の人にもオススメしたいです。来るなら是非ともオンシーズンに。

029_20140519122152ca3.jpg
031_20140519122155f89.jpg

もうすぐバラも見頃になりそうです☆


大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。