スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*その他*大井川鐵道SL急行蒸気機関車2014.4.6

これまた昔の記事が酷すぎるので(コチラです‥)
改めて書き直したいと思います。

県内で人気の観光スポット、
大井川鐵道のSL急行(蒸気機関車)。
これからGW、夏休み、紅葉とベストシーズンが続き、
話題のきかんしゃトーマスも登場ということで
利用を考えている方も多いかと思います。

SLですが休日は予約必須です。
大井川鐵道のHPからメールで予約・変更出来るので便利。
(あっ‥トーマスの土日分は既に完売してるみたい‥。)
運賃は新金谷~千頭駅まで大人2,520円/小人1,260(片道)
途中の停車駅は家山駅(便によっては下泉、川根温泉笹間渡)です。

そして交通案内。東海道本線利用の場合は
JR金谷駅から徒歩数分の場所にある大井川本線金谷駅へ。
そこから一駅の新金谷駅でSLに乗り換えます。

マイカー利用の場合は
新金谷駅周辺の駐車場(日帰り最大800円)を利用します。
私たちは今回は新金谷駅から乗車しました。
その場合30分前には到着することをオススメします。

なぜならば、時間によっては
駐車場が空いていない可能性もありますし、
予約している人も新金谷駅向かいのプラザロコにて
切符と引き替えねばならないのです。

私たちも30分以上前に到着。
新金谷駅に併設されているコーヒーショップにて
まったりタイムです。

001_201404101225018b6.jpg002_2014041012250253c.jpg
003_201404101225037b6.jpg

このThis is cafeさんはかなりオススメ。
オシャレなカフェで美味しいコーヒーと贅沢な時間を味わえます。
新金谷駅を利用される方は是非立ち寄ってみてください。

ホームにはSL(川根路11号)も停車したようで改札口に向かった私。
実はこの時までチケットを引き替えること知りませんでした。
10時の出発まであと10分しかなかったので焦った、焦った。
プラザロコの窓口は当日券を求める人もいて混雑しているし‥
間に合わないかも‥と思いましたが優先的に対応してくれました。

ということでホームでのSL撮影をする暇もなく

004_20140410122505fc0.jpg

一枚だけ撮って席につきました。すまん、Aっち。

去年乗った時に撮った写真を載せておきます。すまん、Aっち。

s-DSC03973.jpgs-DSC03974.jpg
s-DSC03977.jpg
s-DSC03979.jpgs-DSC03980.jpg

今回のとはまた違います。
どちらにしろ重要文化財に指定されてそうなくらい古い。
タイムスリップ的な感覚を味わえます。

私が何度か乗った感想だと、
進行方向右手の座席の方が景色等の眺めがいい気がします。
座席の指定はできないので運なのですが。

大井川も右手に見えることが多い気がする。

006_2014041012251731a.jpg

この雄大な景観が大井川鐵道の魅力のひとつなんですよね。

そして何よりも嬉しいのか、皆SLに手を振っていること。
小さい子よりむしろ大人の方が振っています。

007_201404101225196fd.jpg

この光景を見ると日本って平和だな~ってしみじみ思うんです。
そしてこの季節はもうひとつのお楽しみが。

009_201404101225229b5.jpg

車窓から眺める桜。風流です。
青空と桜、SLの煙を一緒に撮ろうと必死だったのですが
走る車窓から‥というのは無理な話でした(笑)

きっとこれからは新緑の眩しい季節になりますね。

008_201404101225204de.jpg

お茶の新芽が色鮮やかで美しいでしょう。
静岡らしい景色がとても素敵だと思いますよ。

他にも見どころはたくさんあって
その都度車掌さんがアナウンスしてくれるので楽しめます。
SL専務車掌さんは通称SLおじさん、SLおばさんと呼ばれていて
時折ハーモニカの演奏で乗客たちを和ませてくれます。

s-DSC03377.jpg

終点の千頭駅までは約1時間20分ほどかかりますが、
桜の季節はほどんどの方が途中の家山駅で降りているよう。
(家山の桜の記事はコチラ。)

016_20140410122555880.jpg015_201404101225404c7.jpg
012_20140410122536c09.jpg

停車時間は数分なので皆必死にSL撮影(笑)
本当、映画に出てきそうな素敵なショットですもんね。

010_20140410122523d45.jpg

プオォォォ~!!!

汽笛の音が鳴り響くと胸も高鳴ります。
ただ真横で聞くと心臓が飛び出そうなほどビックリしますが。

さてそんなこんだで一度家山で下車し、
散策をした後、再びSL(川根路1号)に乗り終点千頭駅へ。
SLだと乗車券にプラスSL急行券(800円)かかるので
普通電車でよかったのですがタイミング的にSLになっちゃいました。
ちなみに切符は家山駅で普通に購入できました。

018_20140410122558412.jpg

ただ駅でSLを待てるのはラッキーかも。

019_201404101225592c4.jpg

しかしまたしても先走ってしまい、
貴重なシャッターチャンスを逃してしまった。。。

020_2014041012260137c.jpg

なんだこの中途半端な写真は。。。

席も特に決まっていなかったので駅員さんに聞き、乗車。
かなり空いていたので先程とはまた別の雰囲気。

021_201404101226166e5.jpg

電車旅、好きだな~。

022_20140410122617100.jpg

線路沿いは本当に桜の木がいっぱい。
この日も色々な場所でたくさんの撮鉄さんを見ましたよ。
私もそろそろ本格的に撮鉄子ちゃんデビューしようかしら。

そして大井川沿線一の珍スポット、川根温泉ふれあいの泉。
露天風呂からSLが見える温泉として有名なのですが、
温泉からSLが見えるということは
もちろんSL客からも温泉客も見えるワケで‥

023_20140410122619986.jpg

裸のおじさま方が手を振ってくださっている姿が見えます。

ここを過ぎると私の中ではもうお休みタイム。
あとはのんびり揺られて千頭駅に着くのを待ちます。

024_20140410122620d06.jpg

到着~★

025_201404101226225a1.jpg

ここまで来られた方の行く先はバスで片道40分の寸又峡か、
大井川線から井川線に乗り換えて行くアプト式での更なる鉄道旅ですが
どちらにしろなかなか時間配分が難しいので事前の計画が大切です。

026_20140410122637bc4.jpg

大井川鉄道は2月に運行本数を約4割削減することを発表し、
4月から実際に減便ダイヤで運行されています。
その為一本乗り過ごすと1~2時間待ちということも。
いつか日帰りでは行けなくなってしまいそうでコワイ。

たまにしか利用しない私たちがとやかく言うことはないのですが、
地域の方々の生活もあるので何とか維持してもらいたいですね。

長くなりましたが、最後にもうひとつ。
只今、千頭駅(この日は井川線ホーム側)に
きかんしゃトーマスの仲間ヒロが先行展示されています。

027_20140410122638767.jpg

このヒロは昔日本からソドー島(きかんしゃトーマスの舞台)
に渡った蒸気機関車らしいのです。

028_201404101226402dd.jpg
029_20140410122641dde.jpg
(実際に乗ることはできません。)

030_20140410122643758.jpg

そういわれると心なしか日本人顔しているような。

031_201404101227008e3.jpg

夏休みには千頭駅と音戯の郷でトーマスフェアも開催されるそう。
とっても楽しみですね。

032_201404101227016b2.jpg

帰りは普通電車でのんびり帰りました。
まさにローカル線。各駅で降りて散策するのも楽しいかも。
というワケで大井川鐡道よ、永遠なれ。。。

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。