スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*見学・体験*ガラス工房CLOVERで吹きガラス体験(浜松市北区)2014.3.9

伊東のタライ乗り競走に“頑張ろう婚活”チームで出場し、
散々な結果を残したのがおおよそ3年前。。。

それから月日流れ、年イチペースで集まるも
未だ誰も結婚していないというタライに呪われた4人が再会(笑)

前回はこのメンバーでひょうたんランプ作りをしましたが、
今回は吹きガラス体験。色々なモノに手を出したいお年頃デス☆

今回体験させて頂いたのは
浜松市北区にあるガラス工房CLOVERさん。
知り合いの人がここで体験をしていて、
その作品がとっても素敵だったので決めました。

001_20140311102012c75.jpg

暖かい光に包まれた工房には素敵な作品がいっぱい。

002_201403111020139bb.jpg

もちろん購入することもできます。

007_2014031110203371e.jpg
003_20140311102015533.jpg004_20140311102016696.jpg

上の一輪挿しがとっても素敵でひとつ買っちゃいました。
エアープランツを差して部屋に飾っています。

006_20140311102032c16.jpg

さて、今回の体験は吹きガラス。
所要時間は1名30分で体験料金2,800円。
他にとんぼ玉作りもでき、
こちらは所要時間1名20分。体験料金1,000円です。

008_20140311102035e02.jpg

ということで体験開始♪
まずは何を作るか、大きさと色はどうするかを決めます。

吹きガラスで作れるもの、
グラス、花瓶、小皿、灰皿、ランプシェード等々。

私はキャンドルが好きなので
キャンドルホルダーを作ろうと決めていました
友だちも2人はキャンドルホルダー、1人はグラスに決定。

009_20140311102036da2.jpg

色は2色を混ぜることもできますが、
「キャンドルホルダーならヒビを入れてもキレイですよ。」
と先生からアドバイスをもらったので、紫単色のヒビ入りに決定。
皆はそれぞれ好きな色を2色選んでいましたよ。

工房の奥に入ると一気に温度がアップ。

010_2014031110203823e.jpg

それもそのハズ、溶解炉(ていうのかな)が真っ赤に燃えている。
内部の温度は1200℃にもなるそうですよ。気をつけなきゃ。

011_201403111020550a2.jpg

簡単な説明のあとジャンケンで順番を決め、いざ実戦。
ひとりずつ先生がマンツーマンで作業するので心配ありません。

014_20140311102059db3.jpg

まずは先生が棒の先に溶けたガラスをつけ、
そのガラスに細かく砕かれた色ガラスをちょんちょんとくっつけます。

020_20140311102118562.jpg
016_201403111021136fd.jpg

そうしたらもう一度溶解炉へ戻し、色ガラスが溶けるまで待ちます。
この間も水飴のようなガラスが垂れてしまわないようくるくる回し続けてます。

017_2014031110211481d.jpg

ガラスの形を整えている先生、職人って感じでカッコイイ。

021_20140311102131b59.jpg

そして早くもメイン作業であるガラスに息を吹き込む工程。
(皆の写真をバラバラに使っているのでわかりにくかったらスイマセン。)

024_20140311102135bde.jpg

溶けているガラスは柔らかいイメージなので
シャボン玉のようにぶう~っと膨らむかと思いきや全然でした。
しかも棒を回しながらなのでとっても難しい。

033_20140311102232084.jpg

私なんて顔をしわくちゃにして吹き込むも
ブブブーッという音だけ立派で超恥ずかしかったです。様にならないわ。

続いて木の板で底を整えます。

034_20140311102233065.jpg
028_20140311102200518.jpg

なぜかMちゃんだけファイヤーw

そして先生の華麗なる技で上部と底部を入れ替え、口作り。

026_20140311102157585.jpg
027_201403111021593ae.jpg

こちらは力を入れると簡単に形が変わってしまうので慎重に。

022_20140311102132555.jpg
023_2014031110213486a.jpg

ぐにっとな。

036_201403111022479e6.jpg

私はキャンドルホルダーなので丸っこい形がよかったのですが、
口を作る時に必然的に伸びてしまうらしく難しいそう。

038_20140311102250209.jpg

なんとかこんな感じにできあがりました。

ちなみにヒビ入れの工程は確か膨らめた後に(既に記憶が‥)
溶解炉からバケツに張った水の中に一瞬だけつけるという手法でした。

皆ヒビ入れができると知らなかったみたいでズルイと非難轟々(汗)

018_201403111021152b8.jpg

Aっちは最終的にキャンドルホルダーからメダカ鉢に。
口が波形のようにフリフリしていてとっても可愛い。

できあがった作品は冷やすので当日は持って帰れず、
後日発送してもらうことにしました。早く見たい~うずうず~。

039_20140311102252ce2.jpg

やっぱり皆で談笑しながらこうして過ごす時間ってとっても楽しいな☆

035_20140311102234e13.jpg

私たちは各々30分でも先生は2時間作業しっぱなしで大変だったでしょうが、
ずっとにこにこと優しく教えていただいてありがとうございます。

いい人ができたら一緒にペアグラス作りにきたいな。
“頑張ろう婚活”チーム、、、

040_20140311102253f9f_201403131013305f4.jpg

というわけで、貴重な体験ありがとうございました^^


スポンサーサイト
blog-entry-653.html

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。