• home >
  • スポンサー広告 >
  • *県外・旅行記*永遠の永遠の永遠に芸術は爆発だ散策(埼玉・東京)2012.4.20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*県外・旅行記*永遠の永遠の永遠に芸術は爆発だ散策(埼玉・東京)2012.4.20

忙しい、忙しい、、と言っておきながら
有給休暇はしっかりと頂くちゃっかり者でございます。

金曜日、すん妹と埼玉&東京へ行ってきました☆

歳をとるにつれ美術館等のアート散策にも興味が出始め
最近一眼カメラを買った相乗効果もあり、
どこかにいい被写体はないかと探していました。
(腕には頼らず、被写体に頼る。笑。)

が、基本的に美術館って撮影禁止ですよね~^^;

そんな中、メチャクチャ行きたい展覧会を発見!!!
それは草間彌生/永遠の永遠の永遠

大阪で開催していることは知っていましたが
次の開催地は埼玉ということで、調べたところ
新宿から電車で30分で行けることが判明。なら行くでしょう。

この展示会、大阪ではフォトコンテストが開催されていて
(Twitterで#kusamapicを付けて投稿。終了してます。)
撮影OKな場所が数か所設けられているんです。

これは嬉しすぎる~^^

直島も行ったことのある草間彌生ファンのすん妹もノリノリ♪
混雑を避け、平日の午前中を狙い近代美術館に到着。

入口から草間彌生オーラ全開。ぎゃぴー。

Dsc00722

(NEX-C3Dパートカラーレッドで撮影。)

テンション上がりまくりで近づく私たち。

水玉は草間彌生さんの象徴。
このオブジェは「新たなる空間への道標」ですって。
どんな異空間が私たちを待っているのだろう。

Dsc00729
Sdsc00725Dsc00733Sdsc00727

とか思いつつ、ここで15分も費やしてしまった。。。

館内も水玉に侵食されています。

Dsc00742_2
Sdsc00857 草間さんの落書き?!

水玉は窓や床にまで。
このままだと身体にも水玉模様が浮き出てきそうw

Dsc00841
Dsc00839_5

さて。

私は草間彌生さんについてはあまり詳しくはないんですが、
(オブジェやグッズは見かけて可愛いな~と思うくらい)
今回色々な方のブログを見て、衝撃的なことを知りました。

ん~私が書くとなんか軽い感じになってしまうけど
例えば幼い頃から統合失調症を患って幻覚が見えていたとか、
自殺願望から逃れるために絵を描き続けてきたとか、、
現在は精神科とアトリエを行き来して生活しているとか、、、

なので人によっては草間作品に陰の要素を感じて、
好き嫌いがわかれるとか書いてあったり。
そういう情報に影響され易い私としては若干心配でした。

ケド、実際に作品を見たらそんな心配は不要でしたね。

ロビーに展示されている「明日咲く花」。

Dsc00745_3
Sdsc00747_2

この配色が溜まらない。

吹き抜けには10mのバルーン作品「ヤヨイちゃん」。

Dsc00754
Sdsc00755_4

この配色も溜まらない。

私の感性が乏しいからか、それとも草間彌生さんの
“生”への執念に近いパワーの方が勝っているからか、
私はこれらの作品から単純に陽を感じる。

一言でいえばSO CUTE☆
やっぱり好きです。素敵です。草間作品。

ちなみにここまでの作品は無料で見ることができるゾーン。
ここからチケットを渡して入場します。

パネルに描かれた作品はもちろん撮影不可。
主な作品は公式サイトの作品紹介で見ることができますよ。

黒ペンのみで描かれた「愛はとこしえ」シリーズは、
目が眩むような細かい模様に、気が遠くなるような感覚。。。
これらには確かに狂気的というか鬼才なものを感じるけど、
芸術家ってそういう人が多いですよね。
作品に命を削っているというか、魂を捧げているというか、、

正直、作品の説明を読んでも???な部分が多かったけど
それでいいんだと思う。気持ちは掴まれていたから。

そして80歳を超えた今でもなお作品を生み出し続け、
人間として更に高みを目指していきたいという言葉に
尊敬と共に衝撃を受けてしまいました。私ってカボチャ以下だわ。

「大いなる巨大な南瓜」。

Dsc00781_3

カボチャも草間作品には欠かせないもの。
この毒々しい斑点が逆にキモカワイイというやつです。

実物を見れて十分嬉しいケド、青空の下で見た~い!
やっぱり直島行きた~い!!

S189 すん妹は去年行った。。。私を置いて。。。

Sdsc00768_7Sdsc00769_2
Dsc00778_2

そんなすん妹はこの日の為に草間ネイル。
美容院で働いているからやってもらえるんですって。

Dsc00783_4

「青春の日々」がモチーフ。
私も足の爪をドットにしていったけど、
赤白だったからミニーちゃんにしか見えないというね‥。

それにしても、やっぱり平日に来て良かったです。
鏡張りになった小さな部屋に入って鑑賞する「魂の灯」にも
並ばずにふたりで入れたし(撮影不可なのでハガキで)

Dsc00821_3

下の「チューリップに愛を込めて、永遠に祈る」も

Dsc00786_2

作品だけで写真が撮れましたぁ^^
もちろんそれなりに人はいましたよ。
意外と若い人よりマダム世代が多かったですね。

Dsc00790

う~ん、これまた毒々しい。かわゆす。

Sdsc00812_2

雄しべの触覚で食べられちゃいそう。こわす。

Dsc00818

天井から、床から、すべてをドットで包まれてまさに異空間。
こんな貴重な体験ができる展覧会ってないですよ☆

そして最後に草間彌生さんにメッセージ。

Sdsc00819Sdsc00826
Dsc00825

読んでくれるのかな~。ドキドキ~。

そうそう、展覧会の関連映像
「草間彌生 永遠の永遠の永遠」も見ました。

こうやって作品は生み出されているんだな~
元々目力の強い草間彌生さんですが、
制作に没頭されている時は鬼気迫って怖いくらい。
ちなみに声は椿鬼奴に似ていました。いらん情報です。

Dsc00843_2

草間彌生展記念のデザートは、、、もっとらしさが欲しかった。

というワケで長くなってしまいましたが
草間彌生展の報告は終わり。続いて向かったのは・・・

Sdsc00894_2Sdsc00896_2

南青山にある岡本太郎記念館です。
あ、その前にOPENしたばかりの東急プラザ表参道原宿の
屋上、おもはらの森で休憩しましたよー。

Dsc00884
Sdsc00871_5 まだ寒かった~w

平日なのに激混みでしたね。

太郎さんの話に戻ります。
岡本太郎さんといえば「芸術は爆発だ」の名言が有名。
そして、作品といえば「太陽の塔」ですよね。

Dsc00925

見て、このお茶目な顔。
生前住居兼アトリエだった館内は撮影オールOK☆

Dsc00912_3Dsc00917_5

正直、岡本太郎さんについても詳しく知らないんですが
私この作品でかなり好きになってしまったんです。

Sdsc0092 遊びましょ~。

浦沢直樹さんの「20世紀少年」。
あのオカルトチック&エネルギッシュな内容と
「太陽の塔」がピッタリでファンになった感じです。
(大阪の万博記念公園にも行きたいな~)

Dsc00919_2

不気味なんだけど、、、そこがいい!!!
当時は「牛乳瓶のお化け」と馬鹿にされたんだとか。

Dsc00923

   今日の芸術は、
   うまくあってはならない。
   きれいであってはならない。
   ここちよくあってはならない。

   見る者を激しく引きつけ圧倒する事こそが真の芸術。

と説いている岡本太郎さんの作品は、
奇妙でいて、どこか愛嬌のあるものばかり。

Dsc00900
Sdsc00899_3Sdsc00901

森の精霊っぽい。もののけ姫でいうこだま的な。

Dsc00910_2

緑豊かなお庭の展示室。
この日は修復中でした。ちょっと残念。

グッズ売り場で人気だったのがアートピースコレクション。
要はガチャガチャなんですが、1回300円で引きます。

Sdsc00931_2
Sdsc00930_2

私は「太陽の塔」を狙って第2集にチャレンジ。結果は・・・ちーん。
もう1回引こうかと思ったケド同じのが出そうなのでやめました。
逆の意味でそういうミラクルが起こるタイプなんです(泣)

Dsc00918_2

太郎さん、素敵です☆

あー芸術にふれ、充実した一日でした。
また買い物の時間がなくなってしまったケド^^;

東京って街中に色々な美術館があっていいですね。
私は現代アート(特に奈良美智さん)が好きなので、
次は原美術館に行ってみたいな。ビートたけしの個展も気になる。

そしてゆくゆくの目標は青森県の
青森県立美術館十和田市現代美術館に行くこと。
美術館を巡るひとり旅もステキかも~ケドちょっと遠いかな~。

あおもり犬に会いたいよ~。

あ、その前に今クレマチスの丘で開催されている
庭をめぐれば”に行かなくては!静岡の方お見逃しなく!!
(草間彌生さん、奈良美智さんの展示もあるそうです☆)

スポンサーサイト

テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。