スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*テーマパーク・施設*沼津港深海水族館(沼津市)2012.2.12

最近メディアにも引っ張りだこの話題のスポット、
昨年12月にOPENしたばかりの深海水族館へ行ってきました!

場所は沼津港内の港八十三番地。
(私は若干迷いましたが)行けばわかると思います。
※マーケットモールの向かいです。

OPENしたてということで、
開館時間(AM10:00)の少し前に到着。
既に20人ほどの行列ができていました。ビックリ。

Sp1040903

ここは友だちとの会話でも何度か話題に上がったのですが、
一番の気になる点は“入場料金が高い”ということ。
※大人1,600円、子ども800円、幼児400円。

この価格はこの辺りにある一般的な水族館
(伊豆・三津シーパラダイスや下田海中水族館)と対して
差のない設定。イルカや海獣がいるワケじゃないのにな~。

施設も結構こぢんまりしているという噂で
行こうか行くまいかずっと悩んではいたのですが、
やっぱり一度は行ってみたい!と類友Aっちをお誘い。
二つ返事で誘いに乗ってくれたAっちに感謝ですw

入口天井では光るリュウグウノツカイがお出迎え。
なんとペットボトルでできているんです。
詳しくは作成者本間さまのブログへ。

Sp1040905

リュウグウノツカイも最近よく耳にするんですが、
海岸に打ち上げられると地震の前触れとか言われてて恐い。

まぁ、今はそのことは忘れよう。。。

エントランスを入ると薄暗い室内に展示された光る水槽。
一番最初に目に入ったのはデカいダンゴムシ!!!

Sp1010075

キッキモイ。(フラッシュ撮影が禁止なので暗いですが)
深海ってこんな生物がいるの?!絶対行きたくない!!
※ちなみにここは海の底エリア。

初っ端から少々刺激が強かったですが、
お陰でその後の生物がどれも可愛く見えましたw

Ssp1040908Ssp1040913

色もカラフルだし形もユニークだわ☆
(マジマジ見てはいけない気はするケド‥)

Sp1040915

立ち泳ぎしてる魚が結構多くてビックリ。
皆それぞれ独自の進化をしてきたんでしょうね。浅い感想。

続いては浅い海・深い海エリア。

Ssp1010076

出ました!生きた化石オウムガイ!!
未だにオウムガイとアンモナイトの違いがわからん。
生きてるか死んでるかじゃないですよね???

Sp1040922

熱帯魚(ニモに出てくるマーリン)が泳いでいるオアシス的な水槽。
でもこの時点で可愛いだけじゃ物足りなくなってる自分に気付く。

そんな人にピッタリなのがヘンテコ生き物エリア。
水槽を覗く度に「ナニコレー」って叫んじゃいますよ^^

Ssp1040924Ssp1040925

唐揚げにすると美味しいカサゴも
周囲によって色を変えることができるって初めて知りました。
でもこれじゃあんまり食欲沸かないなー(笑)

Sp1040928

上の写真にも色々な生物が隠れてるんですよ。
皆さんじっくり見てるでしょ。確実に大人の方が楽しんでる。

Sp1040931

意外とカップルも多かったけど、やっぱ類友が一番w
Aっちも「私、結構楽しんでるんだけど」って言ってくれてヨカッタ≡3

その後、光る海・深い海というエリアもあり
「世界まる見え!テレビ特捜部」に登場したヌタウナギも発見!
(深海魚水族館の館長とヌタウナギが出演してました^^)

Sp1040947

現物は暗くて写らなかったのでパネルで。

確かタッキーがヌタウナギを持ち上げたんですが、
体中からスライムのようなドロドロの粘液を出してドエライことに。
あれがコラーゲンだったら喜んで食べるんだけど‥無理か。

刺激を受けないことにはその粘液は出さないそうなので、
たまにそれを見れるイベントとかやってくれたら嬉しいですね。
ヌタウナギが弱っちゃうのかな~どうなんでしょう。

深海生物は意外とデリケートなようで、
ここの水族館でも入荷とご臨終を繰り返していたのが

Sp1040948

メンダコ。多分ニモに出てくるピンクのタコ(パール)のモデル。
この子たちだけは撮影が禁止されていましたよ。

5体ぐらいいたけど、パネルのようにプカウカ浮いてはおらず、
水槽の底にじっとしていました。元気でいてね!!!

飼育が難しいといえば

Sp1040942_2

駿河湾近郊(近郊って変?)にしか生息しない桜えび。
桜えびも生きてる姿ってほとんど見たことないです。
是非飼育に成功して、静岡ならではの展示になって欲しいな~。

そんな感じで1Fの展示は終わり。
続いて2Fのシーラカンス・ミュージアムへ。

Sp1040961

会社の人に「シーラカンス・ミュージアムに行ったんだ~」と話したら
「泳いでるの?」「食べれるの?」って聞かれたけど‥

そんなワケあるかい!!!(笑)

まぁ、私も中途半端な知識しかないですが、
オウムガイと同じく生きた化石呼ばれる古代魚で
現存している2種は共に深海にしか生息してないようです。

ちなみに駿河湾にはいません!とは断言できないそう。

そして、シーラカンスはワシントン条約に指定され
(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)
商業目的での輸出入が禁止されているそうですが、
ここに展示されているものは規制前に日本に輸入されたのでOK☆
というなんとも希少価値の高い魚なのですよ。

Sp1040938_2

特に冷凍展示されている2体は(あと3体は剥製)
生きていたままの姿が間近で見れるのでスゴイ迫力です。

そう考えると入場料金の1,600円は妥当かもしれませんね。

さて問題です。下の写真は何でしょう?

Ssp1040956Ssp1040957

正解はシーラカンスの脳みそと目玉です。
脳みそは風が吹けば飛んでいきそうな小ささです。

生き長らえることに知能は関係ないんですね。
ちょっと勇気出ました。

Sp1040963_2

他にも背骨がないとか、浮き袋に脂肪が入っているとか、
卵はお腹の中で孵して稚魚で産むとか、
シーラカンスに関するトリビアづくしで面白い。
あとシーラカンスって食べても美味しくないんですって。

Shee へ~へ~へ~。(古っ)

生き物実験室では“沼津一受けたい授業”を開催中。

Sp1040955

深海魚ブームに沸く沼津に恐いモノはありません!(笑)

余談になりますが、
沼津港では深海水族館の話題にあやかり深海魚料理も登場しているよう。
水族館隣のDonどこ丼では深海魚丼(2~3人前)2,500円があるそう。

Ssp1040966Ssp1040967

見た目のインパクトが凄いので惹かれましたが‥
できたら1人前で1,500円くらいの丼になって欲しい‥

私たちもこの後、深海魚を食べに沼津戸田まで
足を延ばしていますがそれは次の記事で紹介します。

そんな感じで思いの外楽しめた深海魚水族館でした。

Sp1040965

お家に一体如何ですか?
白目剥いてるぬいぐるみなんて絶対レアです(笑)


大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。