スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*テーマパーク・施設*まぼろし博覧会(伊東市)2012.4.8

4月に行った場所を今頃紹介しているのろまな私です。

前回怪しい少年少女博物館の記事を書きましたが、
Bスポマニアの方には併せて行ってもらいたい場所がもうひとつ。

それが姉妹館である怪しい秘密基地まぼろし博覧会

Sdsc00624

ここは元々グリーンパークという植物園の跡地に、
去年の夏にOPENしたばかりという伊豆の新名所なのです。

テーマは「夢か、うつつか、幻か」ということで、
IKKOさんばりに「まぼろし~」と叫ぶことになること間違いナシ。

怖いモノ見たさというか、何事も経験というか、、
とにかくBスポ好きとしては一度は行っておかなければ。。。
たとえ怪しい少年少女博物館の二の舞になろうとも。

コチラも入口からワケがわかりません。

Sdsc00674

嗚呼、私の大切な大仏(菩薩?)マスクが粗雑な扱いを。。。

Sdsc00676

上の案内図の通り、まぼろし博覧会は3つに分かれています。
入館料金は1,200円とこれまたお高めですが、
三館共通券と考えれば・・・と納得させましょう。割引券はコチラ

Sdsc00638_2

またもや入る前に目が合って脱力してしまった。。。

行った順番とは異なりますが、最初に紹介するのは
怪しい見せ物小屋がたつ「魔界神社祭礼の夕べ」エリア。
・・・っていう名称だって今知ったんですが全然ピンとこないゾ。

Sdsc00643

館内はこんな感じ。ちょっと理科室的な雰囲気。
良くいえば人間の身体の神秘にまつわる貴重な展示室。
悪くいえば単に趣味の悪い展示室ですね。

Sdsc00642

子どもさんとか絶対怖いでしょ。ここ。

Sdsc00639_2

またいました。超リアルな蝋(?)人形。
とある民族の成人になる為の儀式を再現してあったり。

下ネタチックな展示物も多いので、気まずくならないよう
一緒に行く相手は十分考慮してクダサイねw

Ssdsc00649Ssdsc00648

モグリでアル中、藪病院って。。。(汗)

Sdsc00650

安田大サーカスならぬ、安井大サーカス。

Sdsc00646_2

動物ばっかりかと思えば赤鬼がいるし。理解不能。
期待を裏切らない分、思考回路はショート寸前~♪です。

続いて、夢かうつつかまぼろしか?
「昭和の時代を通り抜け」エリアへ行ってみましょう。

Sdsc00652

さっきのエリアとはまたちょっと違った雰囲気。

Sdsc00655
Ssdsc00654

戦時中らしきチラシや看板がズラリ。本物なのかな?
だとしたらその収集力はやっぱり凄いといか言いようがない。

展示物は戦後~昭和へと続きます。

Sdsc00658

大抵、こういった場所に一体は飾られているマリリン・モンロー。
でも、この娘が一番セクシーでカワイイと思う。

電飾を使った展示もされてて結構凝ってますね。

Sdsc00659

ここのエリアの展示方法は怪しい少年少女博物館と似ています。

Sdsc00662_2

ゴッチャゴチャやねん‥。ポロリもお忘れなくだし‥。

一応その時代の暮らしぶりなんかも再現されてるんですが、

Sdsc00666
Ssdsc00663 母の背中‥いいですねぇ‥

必ずどこかしらおかしいので、
間違い探しというか(探さなくてもわかるけどw)
普通に見ることができず、ずっと脱力状態な感じです。

Sdsc00665

これとかもテキトー過ぎるでしょ。
この明日のジョーマスク、ドンキで売ってるよ^^;

Sdsc00670

なぜか下半身からマネキンの百恵ちゃん。
本当ある意味凄いセンスだと思います。誰も真似できない。

Sdsc00673

まぁ・・・・。
今という現在もいつかは過去になり、時代は過ぎ去っていこうとも
このまぼろし博覧会は永遠に受け継がれることでしょうね。

きっと数十年後にはAKBとかも展示されているんじゃ?!
でも平成だから別館が必要か。昭和って本当に古い感じ!!
平成に生まれたかった~(泣)

そして最後、密林にたたずむ大仏と世界古代文明エリアへ。

Sdsc00637

度肝を抜かれたよ。

Sdsc00627

「まぼろし~~~!!!」
この日一番の大笑いしちゃいました。本当圧倒される。

Sdsc00629

太子大仏~平和への願いを込めて~

奈良の大仏様と同じ大きさなんですって。
作った人、絶対アホだ!でもスキ!!リスペクト!!!

Sdsc00632

この大仏様を拝めただけでもここへ来た意味があると思う。
大仏マニアの方にも胸を張ってオススメしたいです(笑)

というワケで、以上でまぼろし博覧会の紹介を終わります。

最後に、気付いたことをひとつ。
私B級スポットへ行くのは好きだけど、
B級スポットの記事を書くのは好きじゃないみたい。

なぜなら“説明しようがない”から。
Don't think. Feel !!!

ってことですね(笑)


大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。