スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*施設・テーマパーク*静岡県立美術館(静岡市駿河区)2010.7.24

酷暑続きですね。

夏の昼間のエアコンのないアパートは、
蒸し風呂サウナにいる状況に近いものがある。

‥辛抱たまらん。

というワケで、どこか涼しい場所を求め
前からちょっと気になっていた静岡県立美術館の
トリノ・エジプト展に行ってきました。

県立美術館は学生の時以来かも。
結構企画展なんかも開催されているんですが
意識しないとなかなか行く機会もないものですね。

県立美術館は県立図書館と併設してあり、
県大も近くにあるのですが、とても閑静な雰囲気です。
春は桜、秋は銀杏がキレイな緑豊かな場所。

Sp1120929

敷地内には芝生公園(グラウンド)もあって
(今回はあまりの暑さに覗きにすら行かなかったケド)
家族連れや、犬の散歩をする人たちも多くいます。

こちらが美術館。

Sp1120912

1Fは主にホールと喫茶店、2Fに展示場等があるようです。

Sp1120914

トリノ・エジプト展の観覧料は1.200円ですが、
この券でロダン館も入ることができます。

Sp1120915

今回のトリノ・エジプト展は
ニュースでも何回か取り上げられていて、
内容的にも興味がありました。
何気に世界ふしぎ発見!系が好きな私。

東京、仙台、福岡、神戸と主要都市を回り、
今回最後に静岡にきたんですって。
最近そういうの多いですよね。政令都市万歳。

撮影禁止なので言葉で伝えると‥よかったです(笑)

とにかく120点という収蔵品の数は見ごたえがあります。
ステラ(石碑)はなんとも古代の神秘を感じますね。
ヒエログリフ(聖刻文字)とか‥暗号にしか見えない。

Sp1120928

このチケットにも載っている
アメン神とツタンカーメン王の像は物凄く迫力がありました。
ツタンカーメン王が小さく表現されているのは
アメン王への敬意と忠誠心の現れだそう。

他にもミイラや木棺等、普段にお目に掛かれないような
展示物もいっぱいで、ひとつひとつじっくりと見てしまいました。
まぁ正直説明を読んでもよくわからないんですが(汗)
歴史のロマンや想像力を掻き立てられる作品の数々でした。

土曜とあって人も多かったですね。
8/22までの開催なので、興味がある方はお急ぎください。

トリノ・エジプト展観賞後はそのままロダン館へ。
ロダン館は撮影OK(フラッシュ撮影は禁止)なので
何枚か撮ってきましたよ。

Sp1120918

地獄の門は小学生ながら迫力に圧巻した覚えが。
間近で見るとスゴイですよ。この立体感。

Sp1120919

あまりにも有名な考える人。

Sp1120921

下の作品は花子のマスクですって。日本人の顔って‥特徴的。

Sp1120924

ロダン館ではデッサンをしている方もいて、
まるで自分まで芸術を堪能しているという錯覚に
浸ることができて、結構満足しました(笑)

**********
2013.4.18追加

大規模な修繕工事に伴い半年間
休館していたロダン館が再オープンしたということで
草間彌生展に行った際に覗いてみました。

s-DSC05337.jpg
s-DSC05340.jpg

どこかリニューアルしたのかな?

s-DSC05344.jpg

天井ってこんな感じでしたっけ?ヤバイ、記憶が‥。
とにかく開放的で明るい室内。

s-DSC05343.jpg
s-DSC05338.jpgs-DSC05347.jpg

花子さんも健在だったし、、、
展示物が変わったワケではないんですね。

ないんですよね?(笑)

**********

Sp1120927

ミュージアムショップにはトリノ・エジプト展関連の商品や
その他の美術品グッズも多数ありました。

1階のカフェではトリノ・エジプト展の
特別料理(多分コース)もあるようでした。

久々の美術館でしたがよかったです。
また興味がある企画展の時は来てみよう^^

ここからは余談になってしまうんですが、
この県美周辺には地域柄パン屋やケーキ屋等の
スイーツ店やカフェが多数集まっていますが、
私のオススメは草薙神社の近くにある萬千吉茶房さん
一風変わった中国茶の専門店です。

Sp1120941

雰囲気のある落ち着いた店内。
(アジアン好きにはたまりません。)
お茶だけじゃなくフードも充実してるんです。

ここの豚角煮饅頭が絶品。

Sp1120939

貧乏人だってことを忘れてしまいそうな
優雅なひとときが過ごせること間違いナシです。

美術館の帰りに是非寄ってみてクダサイ☆

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。