スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*見学・体験*須走口五合目でキノコ狩り(駿東郡小山町)2012.10.14

こんにちは。
朝晩と昼間の気温差に身体がついていけない
アラサー女、すんです。

という出だしはとっくに書いていたのに
そのまま放置してしまっていた記事を更新^^;
お陰できのこ狩りのシーズンは過ぎてしまったけど、
記憶がなくなる前に書いておこうと思います。

10月の中旬、富士山へきのこ狩りに行ってきました。
今回行った須走口へは御殿場ICからふじあざみラインへ。
よく考えればわかることなのですが(考えてなかった‥)
富士山の五合目までの道なのでかなりの登り坂。
夜になれば走り屋さんがビュンビュンかっ飛ばしていそうな
急カーブが続く山道なので、運転が苦手な人は注意です。

須走口の駐車場(無料)に着くと目の前に富士山がドーン!!!

Sdsc03473

この時はまだ雪をかぶっていない夏山な装い。
標高2000mということで若干肌寒いですが、
澄み渡った空気がとっても気持ちいい~です。

ちなみに周辺のトイレは有料で200円かかるので
来る前に済ませておくのがよいですよ。

さて、ここできのこ狩りができるというのは
とある方のブログで知ったのですが、やはり情報不足。

時季的には9月から10月。
雨が降った数日後が狙い目だそう。

須走口でのきのこ狩りの場所はズバリ山の中。

Sdsc03474

とりあえず迷子にならないことが一番。
ということで、小富士遊歩道を進んでみることに。

Ssdsc03479

持ち物は百均で用意したカゴとハサミ。
きのこは根元を残さなきゃいけないんですって。

この時既に昼近くだったし、遊歩道は人も多いので
目に付くきのこは全部採られている感じ。

Sdsc03477_2

私が一番に見つけたきのこなんて1cmあるかどうかw
BUTきのこの見た目がカワいくて大好きな私はプチ興奮。

大きいとか、食べられるかどうかよりも、
カワイイきのこを重点的に探しておりました(笑)

Sdsc03485_3

見て、見て。これなんかおとぎ話に出てきそうでしょ^^

Sdsc03504

ヒョコヒョコっと生えてる姿がたまらないわ^^

目指すは憧れのベニテングダケ(猛毒)の発見です。
遊歩道沿いを外れて、山の斜面へも踏み込む私。

Sdsc03494

完全に樹海(汗)。

遊歩道を歩く人の声が聞こえてる時はいいんですが、
辺りが静かになると急に不安になる(汗)
その都度友だちの名を呼んで位置を確認。

Ssdsc03499

でもでも、目の前を大木が遮ったり、
ちょっとしたアドベンチャー感覚で楽しかったな。

そうこうしているうちになんとベニキノコビトを発見!

Sdsc03493

うわ~本当にいるんだ~!!感動!!!
やさしくつまみあげて(毒があるからね)カゴにIN★

Sdsc03511_3

「見て~ベニキノコビト捕まえたよ~」

「ウン、ヨカッタネ」

この一連の流れをやりたくてココまで来たといっても
過言ではありません。余は満足じゃ。

Ssdsc03514

山の天気は変わりやすく、
一気に霧がかってきたので帰ることに。

Sdsc03515

本日の収穫。
結論からいうときのこ狩りと呼べるモノではありません。
でもいいんですー。楽しかったからー。

その後、須走口五合目名物きのこ料理を味わうべく
東富士山荘さんという山小屋兼食事処へ。

Sdsc03522

きのこシーズンの休日ということでお店は混雑してました。

Sdsc03528_2

メニューはこんな感じで、
ここ須走口で採れたであろうきのこの創作料理がズラリ。

Sdsc03531

一番人気のきのこ鍋セット900円↓

Sdsc03535_3

に負けず劣らずのきのこを使ったクリームパスタを注文。

きのこ鍋の方は少しとろみのある汁が
身体を温めてくれて、きのこ狩りで冷えた時にピッタリ。
見たことのないきのこも入っていて面白いです。
クリームパスタも美味しかったですよ。

そして食べ終わった後(お店が落ち着いてから)
きのこ博士であるご主人にきのこの鑑定をお願いしました。

Sdsc03542

頼むのも恥ずかしい量と小ささだったけど‥^^;

Ssdsc03544

丁寧にひとつずつ鑑定してくれます。

Ssdsc03545

NGきのこは2つだけでした。

OKきのこは友だちに託したのですが、
その後会っても話に出ないので×××だったのかも。
ある程度の大きさがないと食感も悪いだろうし。

ちなみに隣の人たちの収穫↓

Sdsc03549

なんじゃこりゃ~。
ベテランの人たちは山道をガンガン入っていくそうですよ。

そういえばふじあざみラインの途中でも
多くの人が車を停めてきのこ狩りをしているようでした。

―重要―
私たちがきのこ狩りに行った2日後くらいに、
ふじあざみラインできのこ狩りをしていた男性が熊に遭遇。
手を噛まれるという事故がありました。
注意といっても何をすればいいのかわかりませんが
あまり山奥へは入らない、熊ベルを常備する等、
それなりの知識と心構えが必要なことなのかもしれません。
――――

普通にドライブして、きのこ料理を食べるだけでも
十分楽しめるスポットなので、私は来年も行きたいです。

次回こそは本物のベニキノコビト
(もしくはベニテングダケ)を見つけるのだ!おー!!

―更に重要―
この記事をUPした翌日、
小山町の野生きのこから基準超セシウムが検出されたそう。
今更?!って感じですが、ご注意ください。
なんか私の前厄がそこらへんに伝染してるのかな~はぁぁ~。
――――


大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。