スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*つぶや記*3月11日。

また一週間が始まりました。
何も変わらない朝、何も変わらない景色、人、私。
でもこの同じ日本ですべてをなくした人がいる。
なんなんでしょう、この違和感。。。

今は何を言っても綺麗事にしか聞こえないけど、
この現実を忘れない為にも書き留めておこう。

Large

3月11日金曜日の15時前。

私の仕事をしている2階の事務所は
かなり老朽化しているので普段から揺れが激しく、
この時も初めは(また揺れてる)くらいにか思いませんでした。
けど、その揺れはただの揺れとは確実に違っていました。
地の底から響いてくるような、とても重くて長い揺れ。
「おおお!」と皆のどよめきが聞こえ
私は慌てて机の下に潜りました。

本当に大きな地震がきたら
この事務所なんて一瞬で潰れてしまいます。
私たちは揺れがおさまらないうちに外に出ました。
地震で会社から避難したのは初めての経験です。
工場からも人が集まります。
目眩の様なぐわんぐわんという揺れ。
敷地内に停まっている2tトラックは今にも動き出しそう。
工場に張られた電線も激しく揺れていました。

私は会社の人にしがみついて震えることしかできず。。。
「震源地はここじゃない」という情報に
正直少し安心してしまいました。
(被災者の方、本当にごめんなさい。)

清水は震度4。津波警報も出ていたけれど
会社から見えるのはいつもと変わらない穏やかな海。
まさか被災地があんなにも悲惨な状況になっているとは
想像すらできず。津波は大丈夫だろうとの判断。
その後も余震が多くてまったく身が入らなかったけど
なんとか定時まで仕事をし帰宅しました。

帰る途中、巴川には津波の様子を見に来た人集りが。
それらを注意しに来ている警察官。町に鳴り響くサイレン。
まるで戦争でも始まるかのようで恐ろしかったです。

無事家に着き、早い帰りに母親もほっとした様子。
ちょうどこの日は兄のお嫁さんの帝王切開の日だったので
地震が起きた時はそのことが何よりも心配でした。
無事に生まれたと聞き一安心。
大きな被害もなくてよかったね~なんて胸を撫で下ろしました。

が、徐々に明らかになる被害を知り本当の恐怖を味わいました。
本当に言葉がなかったな。。。どうして。。。なんで。。。
「政治も世の中もこんなんだから日本が滅茶苦茶になっちゃったよ。」
と母が涙を流して言っていました。

その夜の明け方には新潟や長野でも地震が起き、
携帯の警告音で目が覚め、不安で寝付けず。

何も変わらない土曜日の朝。
けれどテレビで流れる光景は非現実的なものばかり。
濁流にのみ込まれ消えていく船、車、家。
200~300人の遺体が‥なんて本当に悪夢でしかない。
一瞬で消えてしまった町。壊滅という言葉が当てはまるなんて。

津波警報による高速、国一の通行止めは続いていてどこも渋滞。
とても出かける気分ではなかったけど、バイトもあったので
その前に親友と会いファミレスで話をすることに。
ドリンクバーを頼み、他愛もない話をする。
普段なら何気ないことでも、
なにかとても非情なことをしている気分になりました。

バイト先は巴川の近くだというのに当日も営業したそう。
相変わらずお客さんも多く「昨日は恐かったね~」とお酒を飲む。
元々予約していたわけだし仕方ないかもだけど
危機感が薄いのかな~なんて思ってしまいました。
いつ私たちが被災者になってもおかしくないのに不思議です。

それに今だって震災は続いている。
所詮自分に被害がなければ他人事だと思っているのかな。
もちろん私も。結局はNZの震災と同じ。テレビの向こうでの出来事。

それでもニュースで被災者を見る度に涙が出る。
そして涙を流している自分を客観的に見て
(だからといっても何もできないし、何もしないじゃん‥)
と冷静に感じる。その繰り返しです。

日曜日は朝から家にいました。
献血はもう少し時間が経ってからのほうがいいと知り行かず。

昼間はずっと携帯から地震の情報を見ていました。
被災地、被害者に対する人々の関心も本当に十人十色。
無関心、他人事、それはそれで仕方ないと思う。
私も本当に人のことを言える立場ではない。
だけどそれをあえて人の目に付く場に書き込むのはどうなのか。
せめて自分の心の中だけに留めておくべきだと思います。

義援金も色々な場所で行われているようですが、
私はYahoo!ボランティアの緊急災害募金に参加しました。
少しだけど‥一刻も早く何らかの形になり役立つことを願います。

本当に今の自分にできることって
あまりに限られているし、ただの自己満足、ただの偽善、
っていう葛藤がどうしても起こってしまうのですが
“やらない善よりやる偽善”
という言葉を知ってちょっと気持ちが楽になりました。

明日は我が身だって気持ちも強いし、
被災者の方の苦労もこれっぽっちもわかってないのかもしれない。
けど、私は日本がこんなことになって本当に悲しいし辛いです。

被災地では未だ発見されてない人たちが沢山います。
大切な人を失って絶望感に襲われている人も沢山います。

それでもどうか諦めないでください。
あなたに助かって欲しいと思った人が必ずいます。

私ももし災害に遭ったら、、、
私のことを心配してくれる家族の為にも必死に生き延びたい。
けどもし自分が犠牲になっても家族には絶対生きていて欲しい。
そういうものだと思います。大切な人の為に生きてください。

極限の中、被災者の方々の心労は想像を絶すると思います。
けれどこんな時こそ人の心を忘れないで欲しいです。
皆で協力して、助け合って、秩序ある日本人であって欲しいです。
海外からの支援、援助も続いています。
日本には立ち上がる力があります。頑張りましょう。

とりあえず。
お出かけ情報なんて更新してる場合じゃないので;
暫くブログはおやすみします。つぶや記は更新するかもですが。

まだまだ余震も続いていますので皆さま十分にお気を付けください。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。