スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*テーマパーク・施設*クレマチスの丘(駿東郡長泉町)2011.9.11

乗馬体験からの帰り道、
ランチはどこにしようか悩んでいた私たち。

折角乗馬でセレブリティな気分を味わったのだから
そのままの気分を持続したいよね~なんて選んだ先は、
沼津ICから15分ほどの距離にあるクレマチスの丘。

クレマチスの丘は数年前に一回行ったことがありますが、
その時の記事がテキトー過ぎるので書き直します^^;
逆に最近は変に長すぎる気もするケド^^;;

確かここにはオシャレなレストランがあったはず‥
美術館でのランチ、素敵じゃないですか!好きですそういうの!

というワケでとりあえずまずは美術館へ。入館料は
クレマチスガーデンとヴァンジ彫刻庭園美術館が大人1,200円。
(11月~3月はシーズンオフの為少し安くなります。)
IZU PHOTO MUSEUMが大人800円。
ベルナール・ビュフェ美術館が大人1,000円。
井上靖文学館が大人500円。
これら4館共通券3,000円他、各種あるそうです。

私たちはクレマチスガーデンととヴァンジ彫刻庭園美術館のみ。
だって目的はあくまでレストランだから^o^花より団子。

Sp1010514

あ~朝の小雨が嘘のような快晴。めっちゃ気持ちいいです。

Sp1010515

彫刻たちも心なしか喜んでいるみたい‥なんて。

これらの彫刻の作者である
ジュリアーノ・ヴァンジ氏はイタリアを代表する彫刻家だそう。
ちなみに現在も存命の方です。

世界で活躍しているヴァンジの美術館がなぜここにあるのか。
それはここから臨める山や海の景色がヴァンジゆかりの
フィレンツェ・ヴェルヴェデーレの丘を彷彿とさせるからだとか。

Sp1010520

こちら観光雑誌等、クレマチスの丘の紹介でよく目にする
“壁をよじ登る男”です。皆さん彼からどんなことを感じますか?

私はね~

Ssp1010517

「君~覗きはダメですよ。つんつん。」

誰ですか?入館料が勿体ない!と言ったのは。ごもっとも!!

Sp1010524

でも美術館独特の雰囲気を味わうだけでもとっても素敵な気分。

ただ近くで高校生か大学生がサッカーの試合をしていて
その応援の声が丸聞こえだったのが若干残念でした。

彫刻の展示は館内へ続きます。
写真撮影OKだったので作品を少し載せますね。

Sp1010528

“チューブの中の女”

Sp1010529

“紫の服の男”

彫刻にこんな鮮やかな色が使われるなんて珍しい気が。
斬新でスタイリッシュな雰囲気を醸し出していました。

とか何とか言いながら、芸術にはてんで疎い私たち。
途中から彫刻の作品名当てクイズが始まっていました。

Sp1010532_2

ポイントはいかに客観的に伝えるか。

上の彫刻の場合、
“ドレッドヘアーの”とか“お尻の大きい”とか
余計な脚色はせず“歩く女”と名付けられています。

では問題です。

Sp1010535

この彫刻の作品名は?


チッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチーン。


正解は“二つの頭部”でした!

どーしても、“接吻する男”とか“口づけする二人”とか
自分の中の煩悩の部分で作品を見てしまう部分がありますが、
その作品をどう見るかというのは作者ではなく
見る方に委ねられているのではないでしょうか‥いや、知らないけど。

Sp1010537

美術館を抜け外へ出るとクレマチスガーデンです。

Sp1010542

前回来た冬は寂しかったケド、今は緑が美しいです。
ただ花の季節ではないかな。めっちゃ暑いし。

Sp1010548

施設の名前にもなっているクレマチス。
四季咲き品種は夏や秋にも花を咲かせるそうですが、
見た目も豪華で美しい大輪系はGWから5月下旬が最盛期。
クレマチスの丘に来るのはやっぱり春~初夏がオススメです。

Sp1010545_2 Ssp1010546_2

お伽の国に迷い込んだような。。。
ここに色とりどりの花が咲き誇ってたらどんなに美しいか。。。

Sp1010550

以上がクレマチスガーデンとヴァンジ彫刻庭園美術館の紹介でした。

で、肝心のレストランですが
施設内にあるのはイタリアンのリストランテ プリマヴェーラ
食べログでもTOP5000に入るお店ですが今のところ縁はなさそう。
そして日本料理 tessen。こちらもなかなかな雰囲気です。

私たちが気軽に入れそうだったのは
ピッツェリア&トラットリア CIAO CIAOカフェレストラン ジオノ
だったけど、お昼時で結構混んでいたのと
(別に入館しなくてもレストランには入れるのね。。。)
やっぱり単価が高い気がしたので※ピッツァとか1,600円~
あっさりやめて地元のカフェに行ってしまいました(笑)
なんちゃってセレブリティ気分は味わえても
本当のセレブにはほど遠い私たち^^;

静岡には珍しい洗練された雰囲気のある施設なので
大人デートにはピッタリな場所だと思いまーす。


大きな地図で見る

スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。