スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*レジャー施設*不動の滝自然広場オートキャンプ場(榛原郡川根本町)2015.9.20~21

あっという間にSWが終わってしまいましたね。
絶好の行楽日和が続き、
皆さんも色々お出かけしたのではないでしょうか。

私がこのSWに計画していたのは初キャンプ。
バーベキューやピクニックは大好きな私ですが、
テントに泊まるという経験はほぼゼロ。
(だってテント持ってないし‥)

4月にともしびさんへ宿泊した際、
帰りにふらりと不動の滝に立ち寄ったところ
オシャレな白いテントが立ち並ぶキャンプ場を発見!
調べてみるとこれらテントに泊まれるらしいではありませんか!!
ということで7月上旬にSWの日程で予約。いつメンで行ってきました。

不動の滝自然広場オートキャンプ場の入口。

000_201509231526597d6.jpg

この奥に不動の滝があるので、
不動の滝を見に来た一般の車もキャンプ場を通り抜けます。

キャンプは14時にチェックイン。
駐車場(有料1,000円/台)に停め、受付をします。

入場料は1泊2日で大人2,500円/小人500円。
デイキャンプは大人1,500円/小人250円です。

今回私たちがレンタルしたテントはNORDISK Alfeim 19.6。
買うと10万を超える代物です。すごいねーははははは。

001_20150923152701baf.jpg

タープのレンタルは有料と書いてあったのですが
雨がパラつくことが多いせいか、この日は無料で張ってありました。

map.jpg
※マップを拝借させて頂きました。

マップ上の01~04がVilla siteということで
私たちのようにテントをレンタルして宿泊するエリアです。
テントはにNORDISK(2~8人用)とBELL TENT(2~6人用)があります。

051_20150923153641924.jpg

手前のテントがBELL TENT。

Villa siteの利用料は入場料+14,000円。
14,000円を割ることになるので人数が多い方がよさそうですが、
テントは4人以上だとちょっとキツそうな気がしました。

003_20150923152703672.jpg

天井は高く開放感はありますが。

058_201509231537329cd.jpg

床はテント布一枚だったのでラグを敷きました。

002_20150923152702eca.jpg

初心者には有り難いことにキャンプグッズのレンタルもしているので
私たちはCastelmerlinoのテーブル・チェアーセット(コレも買うとお高い)
snowpeakの焚き火台をレンタルし、全部でひとり9,000円程度。

さて、ここからは自己満足全開のキャンプ日記になります。

まずはレイアウトから。
この日の為に色々買ったり、作ったり。

009_20150923152732bad.jpg

キャンプといえばガーランドでしょう。
百均のバンダナを切ってロープにボンドで貼ればできあがり。

008_2015092315273053f.jpg

そしてこちらもキャンプではお馴染、
デイジーチェーン(ネビュラチェーン?)も自作です。
カラーベルトを2枚合わせ適当にミシンで縫ってハトメを付けただけ。

007_20150923152729870.jpg

木と木に結びました。タオルとか掛けておいても便利。

024_20150923153111063.jpg

ちょっと見にくいかもしれませんが、
ランタンスタンドは流木を3本拾ってきてロープで束ねたもの。

025_201509231532270a9.jpg

全然必要のないオブジェだって飾っちゃいますよ。
これも百均のアルファベットオブジェを星条旗風に塗っただけ。

テーマは(私の勝手な好みで)アメリカン~☆

004_20150923152705b08.jpg
005_2015092315272653b.jpg006_201509231528289ff.jpg

ちなみに星条旗の旗も百均で見つけました。
初心者の割にはなかなかいいんじゃないでしょうか。自画自賛。

そして落ち着く間もなく昼食兼夕食の準備へ。
バーベキュー等の経験を経て確実にスキルアップしている頼もしい友。

010_20150923152846ea6.jpg

鉄鍋で作るものはピザ。

012_20150923152849ceb.jpg

生地もこの場で強力粉と水を混ぜでこねただけのものですが、
そこまで固くもなく全然アリだと思います。

013_20150923152850aaa.jpg

そしてもうひとつのメインはハンバーグ。
こちらも玉ねぎと合いびき肉とたまごをその場で混ぜてこねただけ。

015_201509231529352e4.jpg

友だちが買ってくれたコールマンのツーバーナーセット大活躍。
隣では残り物の野菜でスープを。料理をいっぺんに作れるって結構大切。

011_20150923152847055.jpg

鉄鍋の上に置かせてもらっていたお芋もいい感じ。

021_20150923153108904.jpg

作ってみたかったハッセルバックポテト。
パリッと感は出なかったけど、ホクホクで美味しかったです。
Cpicon ハッセルバックポテト~レンジで時短~ by じゅびにゃん

というわけで待ってましたのお食事タイム。

017_201509231529381cb.jpg

お野菜をいっぱい使っているので彩り鮮やか。

016_20150923152937c6d.jpg

また食べたくなってきた。。。

022_20150923153108e60.jpg

ピクルスは家で漬けてきました。
Cpicon きゅうり&にんじんのピクルス♪ by ころころコロネ

外ごはん最高~☆★☆

018_2015092315294055a.jpg

って感じです。

023_2015092315311061e.jpg 

お腹がいっぱいになったらまったりタイム。
こちらも友だちが購入した自立式のハンモック。TOY MOCKか。

019_20150923152941ff9.jpg

本当はお昼寝したいのに、
私の場合本気寝になるからといって寝さしてくれない。
悲しい。本気で1時間くらい寝たい。←それがダメらしい。

020_20150923153106c4b.jpg

まぁこうしているだけでも十分気持ちいいんだけど。寝たい。

026_201509231532285b9.jpg

その後バトミントンをしたり、シャボン玉したり。
しかしあっという間に薄暗くなってしまいました。秋だなぁ。

あと管理人さんの言ってた通り、
山の天気は変わりやすく何度か小雨に降られました。
本当にパラパラ‥って感じなので焦ることもなかったのですが、
タープがあってよかったです。何にも雨避けがないと結構大変です。

027_20150923153229ecd.jpg

夜の雰囲気も素敵~♪

028_20150923153231442.jpg

タープに300円ショップで買った星形のライトを付けたのが大正解。

031_2015092315330319b.jpg

そして憧れていた焚き火も。
焚き火台に薪を置き、着火剤でつけたらガンガン燃える。

030_20150923153301319.jpg

右端に見ているのは即席シアターです。
木に布を掛け、モバイルプロジェクターで投影すると

034_20150923153306d8d.jpg

バッチリ見える。予想外に音は小さかったけど。

036_20150923153307825.jpg

一番最初に見る映画はE.T.って決めてました。
なんてロマンチックな夜なんでしょう。

前々日から仕込んできたサングリアを飲み、
おつまみはポップコーンとクラッカー。

033_20150923153304641.jpg
037_20150923153423460.jpg

そして燻製。

これぞ憧れていたキャンプシーン。
(多少お金をかければ)夢は叶うのですね。

そしてよい子の私たち、22時には就寝(笑)

どんなにテンションが上がっていても
22時過ぎたら音と声は下げるのがマナーですよね。
かといってなかなか注意するわけにもいかないので
次回は就寝用にヘッドフォンを持っていこうと思いました。

どんな場所でも眠れる私。
テント内に入れたハンモックの上で朝を迎えました。

038_20150923153424458.jpg

寝袋のレンタルはしていなかったので
悩んだ末購入したのですが、山の朝は寒い。買ってよかった。

あとテント内に直に寝るとやっぱりゴツゴツして痛いので
百均とかで売っている厚手のアルミシートを敷くのがいいですね。
あとあと友だち曰く、寝袋の分だけ頭が下がってしまうので
高めの枕が欲しかったそうです。

朝のお散歩タイム。

040_20150923153426765.jpg

管理棟。

042_20150923153538ed3.jpg

フリーのテントサイト。
SW中ということでそれなりに混み合っていました。

勝手に大人向けのキャンプ場かな~と思っていましたが、
やっぱりファミリーが多かったですね。

044_20150923153539ca8.jpg
045_20150923153541305.jpg 川遊びもできます。

あと水回りがちゃんとしているのが本当有り難い。

043_201509231535395b3.jpg

炊事場。

048_20150923153636734.jpg

トイレ。あと有料ですがシャワー室もあります。

そして驚く事なかれ。キャンプ場にバーがあるんです。

050_20150923153639da9.jpg

「ビールに飽きたら生ビールもありますよ」との事だったんですが、
持参したサングリアがたんまりあったので今回は諦めました。

054_2015092315370145f.jpg

安っいワインにフルーツを入れただけでめちゃ美味しい~。
Cpicon 簡単♡自家製白サングリア♡パーティーにも by ちゃんだん

話が脱線してしまいましたが、とにかくオシャレなキャンプ場です。

047_20150923153635a07.jpg
049_2015092315363859f.jpg039_2015092411263211c.jpg
046_20150923153542263.jpg

7時半ころ皆起床し、朝ご飯作り。

053_2015092315365965c.jpg

定番のホットサンド。

055_20150923153703089.jpg

コーヒーとフルーツを添えれば完璧。

056_20150923153704726.jpg ご満悦な私。

お腹いっぱいになった後はそれぞれ自由時間。
チェックアウトが12時だったので10時までのんびり。

私はやりたかった自然の中で読書‥のはずが
途中から眩しくなってテントの中へ避難。

057_201509231537306a9.jpg

友人にちゃんと撮られてました。これじゃ家と変わらん。

キャンプの魅力って非現実な自然の中で
“なにもしない”をしに行くとこだと思うのですが、
何だかんだ準備に片付けにいそいそと動いてしまいますよね。
2泊3日とかで行く人の気持ちがちょっとわかりました。

とりあえずキャンプデビューとしては大満足です。

059_2015092315373344f.jpg

これから10月~11月はキャンプ場が紅葉で真っ赤に染まるそう。
キャンプにはベストシーズンです。私も早くも次のデイキャンプを妄想中。

不動の滝自然広場オートキャンプ場さんありがとうございました♪
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*見学・体験*望月園芸でいちじく狩り(富士市)2015.9.5

不安定な天気が続いていますね。
折角季候のいい季節なのに‥勿体なくてたまりません。

秋といえば実りの季節。
ぶどうに梨に栗拾い‥味覚狩りって楽しいですよね。
私も一通りの果物は体験してきましたが、
未体験だったのがいちじく狩り。
特に静岡ではあまり聞いたことがないと思います。

BUTなんと県内で体験できると知り、先週行ってきました。
あまり写真を撮ってないのですが紹介したいと思います。

いちじく狩りが体験できるのは富士市にある望月園芸さん。
HPに岩本山と書いてあったので、
てっきり岩本山公園がある山の上かと思っていましたが
意外と住宅地の中でした。ご自宅兼農園なんですね。

012_20150908125352cb2.jpg

のぼりが目印。

いちじく狩りは8月下旬から10月末まで。
予約要ということでメールで予約をしていきました。
観光バスも来るようで9月は予約できない日もあるようです。

007_2015090812533374c.jpg

HPには料金1人1,000円(5個)と書いてありましたが、
お店の説明書きには1人4個までと‥ちょびっと切ない。

ちなみにいちじくの種類はアメリカ産のマスイドーフィンと
ちょっと珍しいフランス産のバナーネ。バナーネは皮ごと食べれます。

私たちはマスイドーフィン狩り。
採り方の簡単な説明を受けた後、収穫OKないちじく畑の列へ。
いちじくの白い樹液が皮膚につくとかぶれてしまう為、
薄手の手袋をして作業スタートです。

いちじくの木ってあまり見たことがありませんでした。
自分の背丈よりも大きく、ヤツデのような葉がわさわさ生えてます。

001_20150908125316d5a.jpg
002_2015090812531791d.jpg

目線の辺りには緑の実がぽこぽことなっていました。
これから間引きをするんでしょうね。

003_201509081253184e3.jpg
004_201509081253200f2.jpg

そして大きな実はしゃがんで覗き込むような場所になっていました。
(単に目立つところのは収穫済みだったのかも。)

実が赤褐色に染まり、お尻が裂けそうになってると食べ頃。
ヘタをひねると簡単にもぐことができました。

006_20150908125332c4f.jpg

このくらいの大きさになると実もかなり柔らかい。

008_20150908125335296.jpg

あっという間に4個収穫~☆

折角なのでその場でひとつお味見。
冷やした方が美味しいらしいんですがw

010_20150908125338f6c.jpg

手で簡単に割れてしまうし、
もちろん皮だってするする剥けてしまいます。

009_2015090812533600a.jpg

食感は外フカフカ・中プチプチ。
ジューシーで甘くて、とっても美味しかったです。

余談ですが、いちじくの味って説明しにくいですよね。
独特のビジュアルもあってか好き嫌いが分かれる果物ですが
好きな人からは熱狂的な支持を受けるいちじくさん(笑)

もちろん私も後者でして、母もいちじくには目がなく
お土産にマスイドーフィン2パックとバナーネ1パックを購入。

011_2015090812535066b.jpg

バナーネはこの色で完熟。
本当に皮が柔らかく、いちじくの味も濃厚でした。

お値段はスーパーで買うのと変わりませんが、
朝収穫したばかりなのでツヤツヤです。
スーパーで売っているのってちょっと萎れてたりしますよね。

家に帰り、いちじくパーティー。

013_20150908125353c78.jpg

いちじくシロップのかき氷、いちじくのタルト、
いちじくの生ハム巻きを作って食べました。至福でした。

直販もしているので、また買いに行けたらな~と思います。
望月園芸さん、ありがとうございました♪

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。