スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*その他*壟瑠賛娘(ロウルサンコ)さんで多肉狩りしてきました。(袋井市)2015.2.21

熱しやすく冷めやすい私ですが
多肉熱は一向に治まる気配がありません。

多肉のことを調べるうちに
静岡県は多肉の生産が盛んだという情報をGET☆

BUT主に西部エリアということで
なかなか行く機会がありませんでしたが、
今回可睡斎ひなまつりを見に行くついでに
一番行ってみたかったお店に寄ってもらいました。

そのお店とは多肉植物園ロウルサンコさん。
土日の13時~16時半だけ営業しています。

お店の場所は袋井バイパス久津部東交差点を曲がった少し先。
特に大きな看板はないのですが、
ビニールハウスに車がいっぱい停まっているのが目印。
(入口に小さな看板は立っています。)

この日も駐車場はほぼ満車。
運転上手な友だちがなんとか隅に停めてくれました。ホッ。

001_20150309112924c1c.jpg

ビニールハウス内に入るのに入園料が100円かかります。
一歩中へ入った瞬間「きゃー」と奇声を発する私。

どこもかしこも想像以上に可愛くて、
とんでもなく多肉パラダイスな空間が広がっていました。
撮影も許可いただいたのでいっぱい載せちゃいます♪

最初にお店の方から簡単な説明。
入口の右側に100円コーナーがあります。

002_20150309112926310.jpg

とても100円とは思えない可愛い子ちゃんたちがいっぱい。
百均では見たことのない品種ばっかりです。

ちなみに私、多肉大好きですが
名前とか貴重さとか全然詳しくありません。
とても覚えられない‥すいましぇん。

100円コーナー以外にはそれぞれ値段がついてます。
300~5,000円の間って言っていたかな。忘れてしまった。

ハウス内をぐるり。

004_2015030911292961f.jpg
012_2015030911300050f.jpg011_2015030911295944d.jpg
009_20150309112945260.jpg

本当に可愛い空間、もうテンション上がりっぱなしです。

003_20150309112927b1c.jpg

どの子たちもプニプニのプクプク。

008_20150309112943b52.jpg

色も鮮やかで元気なことが伝わってきます。

010_2015030911294632a.jpg

こんなに真っ赤な子見たことない~。

005_20150309112930b86.jpg

キモカワという言葉がピッタリなリトープスも多数。

007_20150309112942ec0.jpg メデューサみたい。
021_2015030911303504c.jpg

サボテンは以外と少なかったかな。

ロウルサンコさんでは寄せ植えのアイテムも販売しています。

015_20150309113005f5c.jpg
017_20150309113018000.jpg018_2015030911302069e.jpg

どれもオシャレでカッコ良くて欲しくなっちゃう。

016_2015030911301765c.jpg

ハットピンを寄せ植えに飾るなんて思いつかなかった~購入☆

013_2015030911300265c.jpg
019_20150309113021d0b.jpg
014_20150309113003899.jpg

飾り方や寄せ植えの方法も参考になるな~。

020_20150309113023843.jpg

というかロウルサンコさんの多肉ちゃんは
どんな植え方をしても可愛いと思う。うん、間違いない。

022_201503091130361f2.jpg

ハウス内を2~3周し、悩みに悩んだ結果
多肉ちゃん5点とハットピン2本、計1,500円お買い上げ~☆

10分で戻ります!と友だちに宣言して買いに行くつもりでしたが
10分では絶対に無理でした‥付き合ってくれた友だちに感謝。

023_20150309113038c24.jpg

そして一緒に買っているという‥ナイス友!!

梱包はセルフサービスなので
買うことを前提に来られるからは多肉ちゃんを持ち帰りやすい
箱か何かを持参するといいと思います。

ちなみに私たちロウルサンコさんに長居しすぎて
可睡斎ひなまつりに間に合わず‥しかし二人とも悔いナシ‥(笑)

次に狙うは浜松のカクトロコさん。
多肉王国静岡バンザイ♪

※ロウルサンコさんの多肉ちゃんを使った寄せ植え作りはコチラに載せています。
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他グルメ*Antique Cafe Road〈古民家カフェ〉(掛川市)2015.2.21

久々のカフェ紹介の記事はとびきり素敵な古民家カフェ。

そのカフェとは掛川にある

002_20150223150829bd2.jpg

アンティークカフェロードさん。

秘境というほどバイパスからの距離はないのですが、
途中からの細道がなかなかスゴイ。運転が苦手な人は注意です。

ナビだと茶畑に案内されてしまうそうなので
ブログに掲載されているお店の地図を参考にしましょう。
これがあれば看板も出ているし迷うことはなさそうですよ。

こちらが入口。

008_201502231508464a1.jpg

古民家というより、倉庫というかガレージな雰囲気。
元々は牛舎だったんですって。それはわからなかった~。

一歩中へ入るとそこはもうオサレ空間。

026_201502231509522fa.jpg

ドラマか何かに使われていそう。
掛川にこんな素敵カフェがあったなんて。
静岡も捨てたもんじゃないですね。

昼過ぎ頃だったのですが、
席はそれなりにあるので待たずに座れました。

037_20150223173138192.jpg 足元に火鉢を置いてくれるのが嬉しい。
011_20150223150900a0c.jpg

ただオーダーが重なっていたのか
提供まで少し時間がかかるとのことでした。
無問題です。むしろゆっくりできて嬉しいな~。

店内の撮影も快諾いただいたので色々撮らせていただきました。

019_20150223150923bab.jpg

レトロな家具や古道具も取り揃えています‥
ということで、インテリアには値札がついているものも多数。

021_201502231509364e4.jpg

最近こういったジャンクな雰囲気の
“男前インテリア”が流行ってますからね。

022_20150223150937deb.jpg

胸がトキめく人も多いのではないでしょうか。

029_20150223150957f72.jpg020_201502231509248ef.jpg

私もその中の一人なのですが。

025_20150223150942d5e.jpg

トイレには銭湯のドア。
見えにくいですが牛乳風呂と書いてあります。

030_20150223150958aa4.jpg

私も昭和の女なので色々と見覚えのある品もチラホラ。

016_20150223150918d24.jpg018_2015022315092131a.jpg
023_20150223150938d24.jpg024_20150223150940a6e.jpg

古いモノ・ガラクタがここに置かれることによって
ヴィンテージ・古道具へと変わり、再び輝き出している感じ。

015_20150223150906d7d.jpg

そんな雰囲気のある空間なのです。

027_20150223150954e2b.jpg

創り上げた店主さんのセンスに脱帽。
ちなみに仕切られた部屋は厨房になっているよう。

ランチメニューはカレーかパンのセットのみ。

012_201502231509021be.jpg

そしてこの日はカレーオンリー。何故だろう。
パンのセット(スープ)を食べたかったのでちょっと残念。

カフェメニューにも惹かれましたが
お腹が空いていたのでふたりともカレーを注文。

032_20150223151011240.jpg

16穀米のスパイス豆カレー。
(誰だ、赤飯っていったヤツは‥笑。)

033_20150223151012486.jpg

このお豆の量スゴイ。
お豆ほくほく、ピリッとスパイスで美味しい。

ドリンクは甘酒ラテ。

034_20150223151014e20.jpg

このモコモコ感‥丁寧に淹れられたことが伝わってきます。
シナモンが効いていて、チャイのような味でした。

友だちは深入りコーヒー。

035_20150223151015a7e.jpg
ロードさんオリジナルのマグカップが可愛くて購入。

こんな感じでメニューもちょっと大人め。
私の中で“大人の為の隠れ家カフェ”と認定しました。

014_201502231509041a6.jpg 居心地が良すぎるカフェにも認定。

店主さんと奥さま(かな?)もとても優しそうで
また行きたいと思わせる要素も大アリです。

お店の横に小川が流れていて外の席も気持ちよさそう。
夏はかき氷もメニューに加わるようなので気になるトコロ。

006_201502231508436e5.jpg

カフェ好き、インテリア好きさんに自信を持ってオススメします。

010_201502231508498c2.jpg007_20150223150844631.jpg
005_20150223150834f19.jpg009_20150223150847395.jpg

皆さんもロードさんでタイムスリップ気分を味わってみてくださいネ。

001_20150223150828ab4.jpg

ごちそうさまでした♪

アンティーク カフェ ロード

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カフェ | 掛川



テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*だいす記*ラベルを使って一歩進んだリメイク缶作り。

熱しやすく冷めやすい私ですが
多肉熱は一向に治まる気配がありません。

“リメイク缶 ラベル”でググルと私の記事がほぼTOPに‥
大したこと書いてないのに‥申し訳ない‥辞退したい‥
という気持ちが私の更新に力を与えます(笑)

ラベルシールを使ったリメイク缶作り。の記事よりは
少しレベルUPしたと思うので更新したいと思います。

まずリメイク缶に使うラベルについて。
今までラベル紙に印刷したシールを貼っていましたが、
今は普通紙に印刷したモノをボンドで貼り付けて使ってます。

無料ラベル素材はネットで検索すれば色々見つかります。
英字新聞や包装紙を千切ったモノ等々何でもOK★

BUTスヌーピー缶一筋の私。
古本屋さんでこんなコミック本をGET☆

001_20150224101626496.jpg

結構な焼けもある古いモノなので
躊躇せず切り取って使っています。
(貴重な本だったらどうしよう‥150円だったけど‥)

ここでレベルアップポイント①。
切り取った紙のフチを線香で焼いていきます。

002_201502241016284aa.jpg

これだけで一気にヴィンテージ感がUPしますね。
虫食い穴的なモノを作ってもよいかも。

火(線香)の取扱いだけは十分注意してください。
灰が落ちるので受け皿や火消しの水を用意しましょう。

続いてのレベルアップポイント②は缶塗り。

アクリル絵の具をただベタ塗りしてもいいのですが、
今流行のヴィンテージ感やジャンク感を出すには
アクリル絵の具に砂のようなモノを混ぜます。

私はセリアの苔土石灰を使用。

003_20150224101629696.jpg004_20150224101631737.jpg

これを塗ることで表面がザラザラな質感に。

005_20150224101632f43.jpg

私はハケや筆を使わず(洗うの面倒だし‥)
スポンジを小さくカットしたもので塗ってます。
スポンジの硬い方にアクリル絵の具をつけ、
塗るというよりは、ポンポンとつける感じがいいかも。

茶色と黒色を混ぜた絵の具でサビ感も。

006_201502241016420db.jpg

アクリル絵の具は乾くとペンキのようになるので
よほど雨風にさらされる場所に置くのでなければ
水性ニス等でコーティングしなくてもよいとは思いますが、
普通紙をただ貼っただけのラベルは水に弱いのでちょっと補強。

これがレベルアップポイント③
ラベルにセリアのデコパージュ専用剤を塗り塗り。

007_20150224101644ab9.jpg

横着な私は指で塗ってしまいます‥てへへ。
防水性がUPするし、質感もしっかりするのでオススメ。

008_20150224101645efe.jpg

最後のレベルアップポイント④は寄せ植え時。

009_20150224101647490.jpg

最近ココファイバーを入手しまして
これを使うだけで一気にオシャレ感がUPします。

010_20150224101649f8a.jpg
ただ巻いただけ。

ココファイバーはヤシの繊維で
夏場は乾燥を防ぎ、冬場は寒さから守る優れもの。

私は近くの園芸店で500円ほどで購入しましたが
最近セリアの園芸コーナーで発見しショックを受けました。

011_201502241017056d2.jpg

園芸店に100円で売られていたウッドチップ。
こういった装飾にもこだわると一層可愛くなるでしょうね。

012_2015022410170724a.jpg
ただ挿しただけ。

ということでその4点をこだわった私の作品。

013_2015022410170854a.jpg

それなりにジャンク感が出て満足してます

014_20150224101710018.jpg015_20150224101711c58.jpg

友だちもリメイク缶初挑戦でしたが
とっても可愛くできましたよ。文字はスタンプです。

既に作ったことのある方には当たり前の内容かもですが、
少しでも参考にしてもらえると嬉しいです♪

関連記事はコチラ!
*だいす記*海外の缶詰を使ったリメイク缶作り。
*だいす記*ラベルシールを使ったリメイク缶作り。
*だいす記*無料素材ラベルを使ったリメイク缶作り。
*だいす記*デコパージュを使ったリメイク缶&エッグプランター作り。

作ったもの(リメイク缶以外も)をinstagramに載せています。

よろしければ覗いてみてクダサイ☆

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

*つぶや記*ブレない女。

前髪を短くした途端
『大人の女の短め前髪はイタい!』
というコラムを見つけ、

バレンタインを手作りすれば
『お互いのためにならない
職場の義理チョコは廃止すべき?』
なんてまとめが目に入り、、

この情報化社会め‥
本当無駄に傷付く世の中になったもんですよ‥
(まぁ、内容までは読まないのですが。)

BUT私はブレない女

これからだって、前髪はもちろん
刈り上げだってやりたくなったらやってやる。

何歳になったって
気持ちを込めた手作りスイーツを渡してやる。

渡した瞬間に「糖分補給、糖分補給。」
と平らげてくれる部長がいる限り。

001_2015021310361101a.jpg

今年はリラックマの焼きドーナツを作ってみました。

去年のチェブラーシカは全然伝わらなかったな~
コアラ?サル??人間???みたいな(笑)
せめてリラックマは知っていて欲しいと願っている私なのでした☆

*****
やはり「リラックマだね」とは言われず‥
でも部長は奥さんに、係長は子供たちに見せたとのこと。
伝われ~‥
*****

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

*県外・旅行記*大久野島でウサギまみれ癒しの旅(広島県)2014.1.25~26

またもや一ヶ月近く放置していました。。。

無人ブログになっているかと思いきや
未だに一日200アクセスほどありビックリ。
パンケーキの記事に支えられているすんブログですw

ヤル気がわいたので更新します(笑)

まずは先月行った大久野島の旅行記。
大久野島がどのくらいの知名度なのかはわかりませんが、
私の国内の行ってみたいランキングではかなり上位だった場所。

今回も同じバイト先の女子大生Kちゃんと。
ふたりとも土曜のバイトが休めなかったので、
22時までバイトをし、バイト上がりそのまま夜行バスへ。

東静岡駅を23時半に出発し、大阪に6時すぎに到着。
その後、大阪と福山間を結ぶびんごライナーに初乗車。
福山は広島県、大阪から約4時間と結構かかります。

予定通り12時に福山駅到着。
JR山陽本線三原行きに乗り、途中で呉線に乗り換え忠海駅に到着。
そして最後は忠海港からフェリーに乗り大久野島へ。

001_2015020612393547b.jpg

行きはこんな小ぶりのフェリー。
結構ギッシリお客さんが乗船していました。

002_20150206123936e3a.jpg

フェリーの乗船時間は10分程度ですが、
静岡を出発しておおよそ15時間(笑)なかなか遠かった。
お金に余裕のある方は新幹線の利用を強くオススメします。

そうでもして行きたい場所、大久野島。
その魅力は島に着けばすぐに目に入ると思います。

055_201502061243490ba.jpg
(翌日撮った写真。あいにくの天気でした。)

が、とりあえず送迎バスに乗り
本日泊まるホテル休暇村大久野島にチェックイン。

049_20150206124325b99.jpg

ホテルの玄関。なんかいるね。

054_20150206124348ecf.jpg

駆け寄りたい衝動を抑えつつ、
腹が減っては戦ができぬということでホテルのカフェへ。

003_20150206123938df8.jpg

新ご当地グルメ“竹原いもタコカレー”
その名の通り名物のいもとタコがトッピングされてます。
素揚げされたいもの食感がグッドでした。

宿泊者は普通の自転車レンタルが無料。
島めぐりには自転車必須。歩きでも不可能ではないけど何倍も楽です。

さて、、、そろそろ抑えていた欲望を放出しようか、、、

007_201502061240021c3.jpg

もふもふきゃわわー。

080_201502061617409e2.jpg

きゃわわきゃわわきゅわわKYAワワWぉ、うぇSXC。V
(思考回路はショート寸前。)

そうです、ここ大久野島は別名『ウサギ島』
もふもふパラダイスなのです。

島には約700~800羽のウサギさんがいるそう。
wiki情報によると地元の小学校で飼育されていた
8羽のウサギが放され野生化しここまで繁殖したらしいです。

人間=エサをくれると認識しているようで
怖がる様子もなく近寄ってきます。

083_20150206161803847.jpg

大久野島に来るならはエサの用意は必須!
ということで野菜・フルーツしっかり持参しましたよ!!

077_20150206161735ec6.jpg

いっぱい来る、来る~。
私も今あげますからね~‥え?!?

079_20150206161738a45.jpg

もう食っとる(笑)

078_20150206161737ee5.jpg

リンゴ丸かじりしとる(笑)

005_2015020612394133c.jpg

あっという間に芯のみになってしまいました。
ウサギたち超夢中。リンゴ大好きなんだね。

他にもたくさんの観光客がいるのになんという食欲でしょう。
持ってきたエサが一瞬でなくなってしまいそうな勢い。

それにしてもウサギたちの警戒心のなさといったら‥

082_20150206161800ba6.jpg

この島はウサギたちにとっても楽園なのかも。

ちなみに島内は車の通行ができません。
自転車もサイクリングロードが決められていて、逆走も禁止。
ホテルの送迎バスも10km走行。ウサギたちに優しい兎人ばかり。

008_201502061240040eb.jpg

といことで日が暮れる前に島めぐりに出発~

009_2015020612400588e.jpg

するも、至るところウサギたちがいるのですぐに足止め。

010_201502061240069d4.jpg

すごい勢いで駆けてくるんだもん。素通りできるわけない。

011_20150206124042405.jpg

待ってるし(笑)

ここで休暇村の芝生広場では(フンだらけで)躊躇していた
念願のウサギまみれにも挑戦。

042_201502061242586b8.jpg

本当は全身まみれたかったけど、ここではこれが限界。

043_20150206124300e49.jpg

けどもふもふ幸せ。
束の間のモテモテ気分を味わい癒されました。

しかしこの島にはもうひとつ私をトキめかせる存在が。
それを見なくてはきっと後悔する。先を急ごう。

その第一スポットを発見。

086_201502090956036a6.jpg

そう、廃墟。

ここ大久野島は『ウサギ島』の他に
『地図から消された島』や『毒ガス島』などと別名があります。
なかなか物騒な名前ですが、要は戦争時に毒ガス等の兵器を作っており
その機密性から存在も隠されていた島だということらしいです。
そしてそれらの施設が廃墟となり残る島。

しかし平和ボケしている私にとっては
ミステリアスでカッコイイ廃墟スポットでしかない。

012_201502061240440cc.jpg

毒ガス貯蔵庫跡。
ロード・オブ・ザ・リングのモリア鉱山の神殿みたい。
(わかってくれるひとはいるのだろうか・・)

018_2015020612410914d.jpg
019_20150206124110a05.jpg020_201502061241126f5.jpg

北部砲台跡。
金田一少年の墓場島の防空壕を彷彿とさせる。
(わかってくれるひとはいるのだろうか・・)

087_20150209095605cfd.jpg

サブカル女にはたまらん、たまらん。
そしてこちらもたまらん、たまらん。

015_201502061240487a3.jpg

切ってくる時間がなく一玉丸ごと持ってきたキャベツ。

014_20150206124046faa.jpg

何の問題もないし、むしろあげやすい。

016_20150206124106432.jpg

最終的にこんなあげ方。

088_201502090956064b9.jpg

Kちゃんはキャベツあげ二刀流をマスターした。

024_201502061241316de.jpg

ジャジャーン☆
(決してあげ方が雑になってるワケではありません。)

そんな遊びをしながら島内をウロウロ。
Kちゃんに私の廃墟への熱い想いが伝わっていたのかは謎。

025_20150206124133f09.jpg
027_20150206124149723.jpg028_20150206124151325.jpg

伝われ~~~(さっくん風)

091_20150209151346538.jpg

特に発電所跡のカッコよさといったら。

029_201502061241526c6.jpg
032_201502061242084bd.jpg034_201502061242114b4.jpg

金田一少年の魔犬の森の研究所を彷彿とさせる。
(わかってくれるひとはいるのだろうか・・)

この芸術的な朽ちり方といい‥

031_201502061242079ee.jpg

窓枠の落ち方までまさに‥パーフェクト!!!

038_20150206124234027.jpg

伝わってないだろうな~~~(笑)

多分私ひとりだったら何時間も写真を撮り続けていたと思います。
ただ廃墟の中は立入禁止が多いので気を付けてくださいね。

037_20150206124233a6f.jpg

だいぶ日も暮れてきたのでホテルへ戻ります。

040_20150206124237a60.jpg

ホテル自体は至ってフツーな設備ですが、
部屋から瀬戸内海が見えたのが嬉しかったです。

041_20150206124257cd3.jpg

夕食の前にお風呂へ。
部屋に戻り、少しゆっくりしてから
夕食に行こうとくつろいでいたらホテルの方から内線が。

「夕食バイキングですが、
20時にすべてさげてしまうのでお早めにお越し下さい。」

時すでに19時半。
チェックイン時の説明を完全に聞き逃していました‥
か、せめてもう少し早く連絡欲しかった‥

慌てて一気に食べたのですぐにお腹いっぱいに。
それでもビールは飲む。別料金でも飲む。

044_20150206124302623.jpg

美味しいとか、美味しくないとか、の余裕なし。
ふたりで「苦しい、苦しい、でも食べる。」と楽しい夕食でした。

その後ホテルか開催している海ホタル発光観察会へ参加。
ワイングラスの中で光る海ホタルの観察でしたが
なかなかキレイだったし、従業員さんはイケメンで満足しました。

お腹はいっぱいでもデザートは別腹。
ホテルのカフェでうさぎのはなくソフトを購入。

045_20150206124303ab2.jpg

はなくそサクサクまいうー。

そして部屋でまた飲む。
ビター・オレンジ(ビールのみかんジュース割り)まいうー。
Kちゃんの相棒くま太郎とベニちゃんも乾杯。

046_20150206124321be1.jpg

続いて2日目も書いちゃいます。
天気予報は雨でしたが、午前中は小雨がパラつく程度。

047_20150206124322f15.jpg

名残美味しいのでまたまたウサギたちの元へ。

053_201502061243467b4.jpg

子ウサギ発見。超可愛い。

050_201502061243274e4.jpg

一瞬で虜です。後を追います。

051_20150206124343c71.jpg

きゃわわきゃわわきゅわわKYAワワWぉ、うぇSXC。V

048_20150206124324b9a.jpg

携帯での一枚。ぬいぐるみみたい。
あー連れて帰りたいーウサちゃん飼いたいよー。
犬もネコもフクロウも爬虫類も好きだけどやっぱウサギが一番☆

もっと近ければ毎週大久野島へ通っちゃうのにな。
ウサギ好きには本当パラダイスな島でした。

昼頃には本降りに。雨女復活。
帰りは車も載せれる大型フェリーで忠海港へ。

057_20150206124409af9.jpg

折角広島まで来たので、帰りは尾道にちょっと寄り道。

076_201502061246063be.jpg

商店街、昭和が漂ういい雰囲気。

059_201502061244125d0.jpg060_201502061244140f6.jpg

外国観光客もよく利用するというゲストハウス、
あなごのねどこはとっても素敵。

061_20150206124434aa8.jpg
064_20150206124438305.jpg062_20150206124435471.jpg

併設のカフェも可愛い。

063_2015020612443787a.jpg

またゆっくり来れたらいいな。

尾道でははっさく大福を買いに昇福亭さんへ。

068_20150206124502871.jpg

家族へのお土産と自分の分をひとつ。
甘酸っぱいはっさくがが餡の甘さとピッタリ。

そしてKちゃんはネコ好きなので猫の細道へ。

067_20150206124500aa4.jpg

ここには108匹の福石猫が道の至る所に隠れていて、
見つけたら優しく3回撫でると願いが叶うと言われてるんですって。

066_20150206124459b47.jpg

招き猫美術館も見学。撮影不可だったので写真はないのですが
看板ネコの小梅ちゃんが超美人で一見の価値アリでした。

そんなこんだしていると神社の境内でネコちゃん発見!

073_20150206124553581.jpg

飼い猫のようで人に慣れているのか、

069_20150206124503e8e.jpg

スルッと近くに寄ってきてスリスリ。

070_20150206124505e12.jpg

しばらくするともう一匹現れました。

071_2015020612455033f.jpg

この子もめっちゃ懐っこい。
正しくウサちゃん、ネコちゃんに癒される旅でした。

そして〆は尾道ラーメン。
人気のお店、朱華園さんの中華そば。

074_20150206124554fd1.jpg

背脂がスゴイ。
昔から変わらぬ味という感じで美味しかったです。

もっと色々観光したかったのですがここでタイムアップ。
行きと同じルートで静岡まで帰りました。
東静岡駅に着いたのは火曜日の朝、私はそのまま出社。

3泊2日(うち2日車内泊)のハードな工程でしたが、
計画通りに旅行できてよかったです。

しかしこの日以来、急にもふもふしたくなるウサギロスの症状が‥
ウサギが抱っこできる動物園に行こうか真面目に悩んでいる私なのでした‥

ちゃんちゃん。

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。