スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*県外・旅行記*なばなの里ウインターイルミネーション(三重県)2013.12.29

ブログを書けないというスランプから脱し(ただのサボりだけど)
記憶を遡りどんどん更新していこうと俄然ヤル気のすんでございます。

年末に姉家族になばなの里へ連れて行ってもらいました。
なばなの里のイルミネーションは3年前に友だちと行ったのですが、
旅行記を見返すと案外変わり映えしない‥てかほぼ同じ‥
だったのですが、折角写真も撮ったので載せておこうと思います。

なばなの里に着いたのは16時過ぎ。
辺りはまだ明るく、日が暮れるのにはまだまだ時間がかかりそう。
それでも駐車場は続々と埋まっていきます。ただしこの時点では渋滞は無し。

飲食店が混んでしまう前に腹ごしらえをしようとお蕎麦屋さんへ。
2,000円のチケットのうち、1,000円は金券として利用できるので使わねば。

001_20140122151934c4a.jpg

鴨南蛮と思ったら鶏南蛮だった。紛らわしいネーミングだ。

002_20140122151937ba6.jpg

食事を済ませた後もまだ明るかったケド、
特に行く場所もないし(温室は普通に入ろうとすると1,000円もかかるのね。)
イルミネーションへ向かう列も混み始めていたのでおとなしく並びました。

その間も増え続ける人・人・人。
四方八方を人に囲まれると背の低い私は若干の恐怖を感じます。
今回はあまりお出かけをしないすん母も一緒だったので尚更心配でしたが、
案外平気そうでホッしました。もう帰ろう‥とか言うかと思った(笑)

そして点灯時間の17時☆
この頃にはだいぶ薄暗くなり、気分も高鳴ります。

園内は一左回りの一方通行。
ぎゅうぎゅう詰めのまま列はゆっくりと進みます。なんかデジャブ。。。

まずは約200m続く光のトンネル。
立ち止まれないので記念写真を撮るのも一苦労。

003_201401221519410ac.jpg
004_20140122151945040.jpg
005_2014012215195189e.jpg

CM等でもお馴染みの光景。
前回よりカメラの性能が良くなった分、画質はキレイになった気が。
ただ構図は変わり映えしなくてちょっとウケました。成長していないのね。

006_20140122163054fcb.jpg

出口のこの構図がお気に入り☆
歩きながら撮ってもブレないなんて最近のカメラって本当凄いわ。

光のトンネルを抜けるとメインのテーマエリアです。
今回のテーマは富士山の世界遺産登録を祝して“祝世界遺産富士”
ということですが、3年前も富士山だったのでイマイチ新鮮味が。
細かな演出は変えているんでしょうけど。

前回は展望台へ上って見ましたが、
今回は母もいるのでムリをせず地上から。ただ前には突進(笑)

008_20140122163059a3f.jpg

う~ん、やっぱり素敵。
さすが東海随一のイルミネーションスポットだわ。

音楽と共に瞬間瞬間で富士山の表情が変わっていきます。

009_20140122163101c57.jpg

夏景色。下の紫はラベンダーを表現しているそう。
ということは山梨側だな‥(笑)

012_201401221631387ce.jpg

冬景色。雪が積もっているということはまたしても‥(笑)

013_20140122163140af7.jpg

これはちょっと珍しい配色。
私はビールが飲みたくなってしまったんですが、黄富士ですって。
下に咲き誇るは牡丹桜と芝桜‥(泣)

HPを見てみたら三保の松原をテーマにした
富士と海をいう配色もあったようなのですが‥撮ってなかったみたい‥。

燃えるような紅富士。

014_20140122163143283.jpg

からの~曙富士。

011_201401221631368e8.jpg

夜明けの光。このグラデーション、とてもイルミネーションとは思えない。
イルミネーションを見て溜息がもれちゃうなんて凄いことですよね。

そして一番感嘆の声があがっていたのがコチラ。

001_20140123170520f8b.jpg

ダイヤモンド富士でーす。
この瞬間、一斉に携帯を向けてカシャカシャ撮影。
お正月も近かったしなんだかおめでたい感じ。イイネ。

順路を進んでいくと更に近くから見ることができました。

019_201401221633227a8.jpg

下の方にある帯のようなヒラヒラしたもの、何なんだろう。
オーロラみたくてキレイ。この技術、つま恋でも是非取り入れて欲しい(笑)

最後は春景色で。

021_20140122163759d2b.jpg

桜と富士山。実際にこの景色を見れる日もきっとすぐですね。
はーるよ来い、はーやく来い♪

ちなみに1月から新たなシーンが登場したそうですよ。

テーマエリアを抜けるとだいぶ人も減り歩きやすくなります。
もみじの回廊は初めて見ました。

022_201401221638033a0.jpg

暖かな秋色ではあるんですが、12月末では少し季節遅れな感じ。

そしてTHEなばなの里な光景。
水上のイルミネーション、そして水面に映る光が美しいです。

023_201401221638054dd.jpg
024_201401221638077e1.jpg

回転展望台には今回も乗らず。上からの眺めはどうなんだろう。

025_20140122163809bd3.jpg
026_20140122163826a07.jpg

花の時期に行ったらチャレンジしてみたいな~。

028_201401221638321d1.jpg
029_2014012216383452c.jpg

クリスマスを過ぎてもツリーは点灯していました。
3月末までやるとなるとこれもまた季節外れな感じになっちゃう。
イルミネーションはやっぱりちょっと寒いくらいに行くのがいいな~って思います。
けど寒すぎると手がかじかんで撮影ができないんですよね。。。

やっぱりキレイなものを見ると撮りたいという衝動が抑えられないのですが、
イルミネーションは特にムズカシイ。幻想的な写真を撮りたいのですがなかなか。

そんな時、イルミネーションを意図的に丸ボケさせて撮る方法を発見☆
(近くのモノにピントを合わせてから遠くを撮るという単純過ぎる方法ですがw)

030_20140122163836824.jpg

おお!なんか幻想的じゃないか!!

031_201401221638510f4.jpg
032_2014012216385304d.jpg

気を良くして丸ボケで撮りまくる。

037_20140122163916741.jpg
038_20140122163919907.jpg
039_201401221639238d9.jpg

最後の方では丸ボケの大きさまで調節できるように。
我こそは丸ボケマスターなり。
(単純な人間なので大目に見てクダサイ。)

033_2014012216385595a.jpg

そして最終的になばなの里感がまったくない写真ばかりに‥(笑)

というワケで、旅行記でもなんでもなくなってしまいましたが、
なばなの里のクオリティは高いということを実感しました。

静岡県民としては、時之栖がああなってしまった以上w
つま恋に頑張ってもらうしかないと思っているのですが(何様でしょうね)
是非全国から観光客が押し寄せるようなスポットになって欲しいです。

ちなみに私たちが帰る19時半頃、
駐車場待ちの車はありえないところまで続いていました。
多分22時の閉園時間までに入るのはムリだったんじゃないかと。
入園は16時半までに。これ絶対です。

001_20140123162852b9c.jpg

皆でこれて嬉しかったな♪おわり。

スポンサーサイト

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

*県外・旅行記*カメラ片手に反重力展(愛知県)2013.12.22

どこまでも続く青空を眺めていると
このままどこか遠くに行ってしまいたいという衝動が
押さえきれなくなるスナフキン女子、すんです。

今回はそんな自由と孤独を愛する旅人スナフキンの名言と共に
旅行記を更新しようかと思ってます。(できるのか?!)

『僕は孤独になるために旅に出るんだ』

と早朝7時過ぎ、ひとり清水駅を出発した私。
目的地は愛知県豊田市にある豊田市美術館です。

鈍行を乗り継いで片道3時間。
電車に揺られている時間はやっぱり好きです。あっという間。

最寄り駅から美術館までは少し歩きます。
途中ローソンでカフェラテとげんこつメンチを買い、食べ歩き。
カフェラテ温まる‥メンチがメチャ美味い‥空がキレイ‥なんか泣ける。
(感受性が豊かすぎるのか、情緒不安定なのか自分でもわかりましぇん。)

『あんまり大袈裟に考えすぎないようにしろよ
 何でも大きくしすぎちゃダメだぜ』

今回豊田市美術館を訪れたのはこの展覧会を見たかったから。

048_201401240940424d3.jpg

反重力展 浮遊/時空旅行/パラレルワールド

この展覧会は秋に行ったあいちトリエンナーレ2013の連携企画。
揺れる大地だったらその場所を離れてしまえばいい
という考えから動きだした展覧会なんですって。全然知らなかった。

毎回書いていますが、
「アート鑑賞が趣味です。」なんて恐れ多くて言えません。
単純に可愛いもの、美しいものを見て癒されたいとか、
非現実的な世界へ連れてってくれる感じを純粋に楽しみたいとか、
それだけが行きたくなる理由なのです。

なので今回も詳しい説明はできませぬ。
私はいつだってDon't think. Feel!!!(笑)

写真撮影がオッケーな作品が多かったので載せておきます。

001_201401240937198d4.jpg

反重力は物質・物体に加わる重力を無効にしたり、調節したりする技術。
現実の物理学では理論的に不可能であり、架空の技術である。
多くはSF作品に宇宙航行の基礎技術として登場する。(Wiki参照)

現実で不可能なことをアートでは表現できるのでしょうか。

『僕はこの目で見ないものは信じない
 そのかわり、この目で見たものはどんなにばかげものでも信じるよ』

うん、私も。
(自作自演‥やっぱり情緒不安定なのか‥)

002_201401240937202c8.jpg

決して反重力ではないよね。
私のFell力なんてそんなものなのでやっぱり説明が欲しい。

興味深かったのは
《地上環境におけるライナスの毛布のための試作》

004_20140124093723a08.jpg

ライナスの毛布。
スヌーピーとチャーリー・ブラウンが主役の漫画、ピーナッツ。
そこに登場するライナスがいつも肌身離さず持っているのが毛布。

心理学的にいうと、
子どもが特定の人形や玩具を離さずに持ち続け、
それに執着することで安心感を得ている状態のこと。だそう。

人は無重力に長時間いるとだんだん不安感に襲われるそうです。
重力があるからこそ床や椅子、常に物体に触れている。
そしてそれにより無意識に安心感を得ている。という説明。

無重力状態の中の身体のよりどころについて研究したのがこれらの抱き枕。

005_2014012409372417f.jpg

自由に抱きつくこともできました。
ケドひとりでは淋しいので見てるだけ。孤独感じてます(笑)

《ネオン・エレベーター》

006_20140124093737058.jpg

人間の視覚による錯覚を利用した作品。

そして次の部屋に入った時、目の前の光景に一瞬反重力を感じました。

009_20140124093743911.jpg

レアンドロ・エルリッヒ《豊田の家》

巨大なだまし絵。
鑑賞者を取り込むことで完成する作品。こういうの大好き。

ちなみに私が一番行きたい美術館、
金沢21世紀美術館に常設されている《スイミング・プール》も
彼の作品なんだそうです。ますます気になってしまう。

007_20140124093739570.jpg

実際は床に寝転んだ姿を鏡に映しているという単純な方法ですが、
それだけでパラレルワールド=異世界へ迷い込んだ感覚になれるのです。

008_201401240937416c7.jpg

ひとりでしたが試してみました。

『何か試してみようって時にはどうしたって危険が伴うんだ』

淋しさと恥ずかしさで大事故(笑)
傷を負って次の展示へ。

ここからの作品はなんだかトリエンナーレの続きを感じました。

011_20140124093756a7b.jpg
010_20140124093745e06.jpg

空気と溶け込んでしまいそうな程、繊細な線と円。
金属なのにどこか非物質的な作品。

《多元宇宙の缶詰》

012_20140124093758f1a.jpg

1.蟹缶を開ける。
2.中身を食べる。
3.外側のラベルを剥がして内側に貼り直す。
4.ふたたびハンダで密閉する。

こうして内と外を反転させることで、
宇宙全体を缶の「内側」(見かけ上の外側)に閉じ込めることに成功したのだ。
(Facebook/奥村雄樹[多元宇宙の缶詰]のためのテストより)

013_20140124093800d49.jpg

蟹缶に壮大なモノが詰まりすぎている。
もはや私の思考回路では到底処理しきれない宇宙観。

そんなこんがらがった頭を癒してくれたのがコチラの空間。

022_20140124093847101.jpg

鮮やかで優しい色彩に心トキメキます。

018_2014012409382215d.jpg
014_20140124093801a7c.jpg

『僕は一度みたら目の奥に閉まっておくことができるんだ』

015_20140124093802177.jpg
019_20140124093823022.jpg

到底ムリなので写真を撮りまくる私。

016_201401240938182b0.jpg
017_20140124093820744.jpg

『僕のものではないよ。だけど僕がみている間は僕のものなのかもね』

スナフキンって‥カッコ良すぎるでしょ‥♡♡♡

次の展示へ行く前にしばし休憩。
豊田市美術館へは今回初めて来ましたがとてもスタイリッシュで素敵。

024_20140124093850d76.jpg
025_20140124093851e73.jpg

屋外には、これも反重力展の作品?
というようなちょっとしたパラレルワールドな空間が。

027_201401240939196eb.jpg

映っているのはすべて鏡の中の世界。

028_20140124093921650.jpg
029_20140124093923b75.jpg

どれが空の青なのか、何がホンモノで、何がニセモノなのか。

『あんまり大袈裟に考えすぎないようにしろよ。
 何でも大きくしすぎちゃダメだぜ』

浸るのが好きなのです。すいましぇん。。。

031_20140124093927f4b.jpg

その時、しゅーっという音と共に池の周りから霧が噴射され始めました。

030_201401240939251d6.jpg

中谷芙二子《霧の彫刻》
これも反重力展の作品のひとつ。

032_20140124093941494.jpg

ちょっとトリエンナーレのFoamを思い出しました。
刻々と形を変え、同じ姿は二度と見ることができない生きた作品。

そう考えるとスナフキンのように
見たモノを目の奥に閉まっておけたらいいなって思いますね。
ケド、閉まっておけないから大切に思うのかも。どうなんだろうか。

どちらにしろ、私は写真を撮らずにはいられない。

033_20140124093944164.jpg
034_201401240939466d7.jpg

まち針に光をあてれば踊り出し、

035_20140124093948c48.jpg

スポンジに光をあてれば幻想的な世界が浮かび上がる。

アートの定義って一体なんなんだろう。
考えれば考えるほど、目に映るモノすべてが作品に思えてくる。

『自分でキレイだと思うものは、何でも僕のものさ。
 その気になれば、世界中でもね』

つまりそういうことなんだろうな。

そして最後に紹介するのは
ブラジル人作家エルネスト・ネトの
《わたしたちのいる神殿のはじめの場所、
 小さな女神から、世界そして生命が芽吹く》という作品。

036_201401240939497b3.jpg

天井から吊り下げられた眩しいくらいの白い布。

037_20140124094003c74.jpg

靴を脱ぎ、中へ入ります。

039_201401240940064b3.jpg

不思議な形をしたクッションのようなものがアチコチに。

041_20140124094008aea.jpg
042_201401240940224b2.jpg

横になって天井を眺めていると
作品の説明の通り、胎内にいるような感覚に陥りました。

040_20140124094007155.jpg
044_20140124094025dc6.jpg

記憶なんてないはずなのに不思議ですね。

043_2014012409402477a.jpg

ということはこれらの物体は細胞や染色体だったりして。

045_201401240940267e3.jpg

私の好きな非現実感を十分味わえた作品でした。

というワケで、反重力展は以上です。
写真もいっぱい撮れたし、はるばる豊田まで来た甲斐がありました。

『大切なのは自分のしたいことを自分で知っていることだよ』

正しくですね。

さてスナフキンの名言を色々と書いてみましたが、
実は一番共感したのはスナフキンのパパの言葉だったりします。

『怠けてるんじゃない。
 “生きてること”そのものに満足しているんだ』


私が超言いそうな台詞(笑)

スナフキンに憧れながらも
結局グータラ感は拭えないすんなのでした^^;

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。