• home >
  • 静岡*旅/西部エリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*その他*壟瑠賛娘(ロウルサンコ)さんで多肉狩りしてきました。(袋井市)2015.2.21

熱しやすく冷めやすい私ですが
多肉熱は一向に治まる気配がありません。

多肉のことを調べるうちに
静岡県は多肉の生産が盛んだという情報をGET☆

BUT主に西部エリアということで
なかなか行く機会がありませんでしたが、
今回可睡斎ひなまつりを見に行くついでに
一番行ってみたかったお店に寄ってもらいました。

そのお店とは多肉植物園ロウルサンコさん。
土日の13時~16時半だけ営業しています。

お店の場所は袋井バイパス久津部東交差点を曲がった少し先。
特に大きな看板はないのですが、
ビニールハウスに車がいっぱい停まっているのが目印。
(入口に小さな看板は立っています。)

この日も駐車場はほぼ満車。
運転上手な友だちがなんとか隅に停めてくれました。ホッ。

001_20150309112924c1c.jpg

ビニールハウス内に入るのに入園料が100円かかります。
一歩中へ入った瞬間「きゃー」と奇声を発する私。

どこもかしこも想像以上に可愛くて、
とんでもなく多肉パラダイスな空間が広がっていました。
撮影も許可いただいたのでいっぱい載せちゃいます♪

最初にお店の方から簡単な説明。
入口の右側に100円コーナーがあります。

002_20150309112926310.jpg

とても100円とは思えない可愛い子ちゃんたちがいっぱい。
百均では見たことのない品種ばっかりです。

ちなみに私、多肉大好きですが
名前とか貴重さとか全然詳しくありません。
とても覚えられない‥すいましぇん。

100円コーナー以外にはそれぞれ値段がついてます。
300~5,000円の間って言っていたかな。忘れてしまった。

ハウス内をぐるり。

004_2015030911292961f.jpg
012_2015030911300050f.jpg011_2015030911295944d.jpg
009_20150309112945260.jpg

本当に可愛い空間、もうテンション上がりっぱなしです。

003_20150309112927b1c.jpg

どの子たちもプニプニのプクプク。

008_20150309112943b52.jpg

色も鮮やかで元気なことが伝わってきます。

010_2015030911294632a.jpg

こんなに真っ赤な子見たことない~。

005_20150309112930b86.jpg

キモカワという言葉がピッタリなリトープスも多数。

007_20150309112942ec0.jpg メデューサみたい。
021_2015030911303504c.jpg

サボテンは以外と少なかったかな。

ロウルサンコさんでは寄せ植えのアイテムも販売しています。

015_20150309113005f5c.jpg
017_20150309113018000.jpg018_2015030911302069e.jpg

どれもオシャレでカッコ良くて欲しくなっちゃう。

016_2015030911301765c.jpg

ハットピンを寄せ植えに飾るなんて思いつかなかった~購入☆

013_2015030911300265c.jpg
019_20150309113021d0b.jpg
014_20150309113003899.jpg

飾り方や寄せ植えの方法も参考になるな~。

020_20150309113023843.jpg

というかロウルサンコさんの多肉ちゃんは
どんな植え方をしても可愛いと思う。うん、間違いない。

022_201503091130361f2.jpg

ハウス内を2~3周し、悩みに悩んだ結果
多肉ちゃん5点とハットピン2本、計1,500円お買い上げ~☆

10分で戻ります!と友だちに宣言して買いに行くつもりでしたが
10分では絶対に無理でした‥付き合ってくれた友だちに感謝。

023_20150309113038c24.jpg

そして一緒に買っているという‥ナイス友!!

梱包はセルフサービスなので
買うことを前提に来られるからは多肉ちゃんを持ち帰りやすい
箱か何かを持参するといいと思います。

ちなみに私たちロウルサンコさんに長居しすぎて
可睡斎ひなまつりに間に合わず‥しかし二人とも悔いナシ‥(笑)

次に狙うは浜松のカクトロコさん。
多肉王国静岡バンザイ♪

※ロウルサンコさんの多肉ちゃんを使った寄せ植え作りはコチラに載せています。
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他*まるでハリー・ポッターな世界?!魔女の館を見てきました。(浜松市東区)2014.11.13

話題的には少々古いとは思うのですが、
少し前にTwitter等で話題になり気になっていた
浜松市にある“魔女の館”を見に行ってきました☆

場所は浜松市東区半田山としか掲載されていないのですが、
この建物の隣りには西松屋さんがあるので
西松屋浜松半田店
静岡県浜松市東区半田山3-31-23
こちらをナビの目的地にすると分かり易いと思います。

私たちも問題なく見つけることができました。
じゃ~ん。

002_20141124150921c28.jpg

写真の横幅にほぼ収まってしまう程度なので
率直な感想としては思ったより小ぢんまりとしている感じ。
しかし建物の可愛さは想像通り、いや想像以上です。

右から

017_20141124152628586.jpg

中央

011_201411241521216b8.jpg

左から

006_20141124150927208.jpg

どこからどう見ても正しく“魔女の館”ですね。

知っている方も多いと思うのですが、
こちらの建物はまさかの賃貸アパートなのです。

018_20141124152630ca0.jpg

アパート名は『サマンサ・マーサ』

014_20141124152557ece.jpg

故に敷地内に立ち入ることは出来ず、勿論覗き見等も禁止。
なので片面から外観写真を撮るのみでございます。

それでも建物へのこだわりは凄く伝わってきます。
物凄い形をした屋根には

007_20141124152115b21.jpg
008_201411241521165c1.jpg

コウモリが留まっていたり、

012_20141124152554230.jpg015_20141124152559e3f.jpg

ハロウィンでもないのにジャック・オー・ランタンがいたり、

010_20141124152119f2f.jpg

煙突には組み分け帽子‥にも見える魔女の帽子が。

009_2014112415211850a.jpg003_2014112415092239f.jpg

この館、今にも動き出しそうです。
完全にハリーポッターの世界。胸きゅん♡きゅん♡

とてもアパートとは思えない凝り具合。
今のところ誰かが入居している気配はありませんでした。
(素敵さ故に洗濯物とか干しづらそうですよね‥。)

アパートの内装等も特に公開されていないのですが、
カーテン&インテリア専門店シーズナルウィンドさんが
『サマンサ・マーサ』のインテリアに関わったらしく
部屋の様子がブログに少しだけ掲載されていました。
たまらんです。一度でいいから入ってみたい。

こんな夢のある建物がデザインできるのは‥
同じく浜松市にある設計事務所、ぬくもり工房さんしかおりません。
ぬくもりの森やぬくもりイタリアンkinoko等を設計した会社です。
ちなみにこの日kinokoでランチしたのでまた載せます^^

今まではメルヘンチックなジブリ系建築が多かったですが、
ファンタスティックなハリー・ポッター系も作れるとは。

賃貸アパートということで気になる家賃ですが、
不動産情報サイトでワンルーム15万円という情報を発見。
(広さは38.78m²、間取りは不明。猫足バスタブっぽいです。)

高いか安いかは人によると思いますが、
家賃的には住める人は限られる物件ですね。

004_20141124150924cce.jpg

ここでハロウィンパーティーできたら最高だろうなぁ‥
知り合いが住んでくれないかなぁ‥って皆さん思っているでしょう。
私的にはカフェ等になって利用できることを望んでしまいます。

しかし改めてぬくもり工房さんは静岡の誇りですね。
私が今まで行ったことがあるのは

・ぬくもりの森
・パン工房ぐーちょきぱん
・ぬくもりイタリアンKINOKO
・サマンサ・マーサ

建物だけでその場所を別世界にしてしまうってスゴイ。
他にも色々と素敵な建築があるので見学に行きたいです♪

とりあえず狙うは小山町にある『ひとやすみの庭』さんだなぁ。
メルヘンチックなカフェでほっこりしたいです。春よ来い。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他*浜松市美術館の魔法の美術館展に行ってきました。(浜松市中区)2014.11.13

最近行きたいアート展・美術展が本当に多くて
嬉しいような、困ったような気分になっている私ですが
今回は浜松市美術館で開催中の魔法の美術館展へ行ってきました。

Twitter展覧会の様子を確認してみると
やはり休日はかなり混み合っていて駐車場待ちも発生しているよう。
ということで友だちと有休を合わせ木曜日に行ってきました。
ホワイト企業バンザイです。

私たちは浜松城公園駐車場(無料)に車を停め美術館へ。
市が情報提供している周辺駐車場(PDF)を参考に。

037_20141114152338764.jpg 浜松市美術館は初来館。
行きたかった展覧会は何度かあったはずなんだけどな~。

001_20141114151829c26.jpg

観覧料は大人1,000円/専・大学生800円/中・高校生300円
小学生以下は無料ですって。これは嬉しいですね。
私はコンビニで前売り券を買っておき800円。
ネットで100円引きのクーポンも入手できるようです。

この展覧会の嬉しいところは全作品撮影がオッケーなところ。
ということで写真・動画入りで紹介したいと思います。
ほぼすべて載せますのでご注意クダサイ(笑)

まず1階入口すぐ右手の作品。

002_20141114151830adf.jpg
Immersive Shadow/藤本直明

色とりどりのボールが映し出されたスクリーン。
近付くとそこに自分の影が映るのですが、
なんとその影はボールに触ることができちゃうんです。

バレーのようにバウンドしたり、
サッカーのようにキックしてみたり、めっちゃ楽しい。

そして友だちが「荷物邪魔じゃない?」と。
カメラ以外の荷物をロッカーに預け、身軽になった私たち。
再度ここへ戻り、汗をかくまで遊んでしまいました。
常に全力で童心へ帰る私たちです。

動画も載せておこうっと。
instagramで撮影したので15秒と短いですが。



続いては

003_20141114151832711.jpg
SplashDisplay/的場やすし・山野真吾・徳井太郎

箱に発砲スチロールの小さなビーズが敷き詰められていて
その上にこれまたカラフルな色が投影されています。

その色の上に学芸員さんから手渡されたスポンジを落とすと
ビーズが噴水のように盛り上がり、とっても幻想的。

004_20141114151833ea6.jpg

下から空気で吹き上げてるのかと思いきや、
作品の解説を見るとスピーカーからの音で
空気を振動させ、ビーズを動かしているのだそう。
噴水の仕組みは読んでも意味がまったくわかりませんでした。

005_20141114151835b10.jpg

とにかくテクノロジーとアートの融合ってことですね。

そしてポスターか何かでもよく見るこの作品。

009_201411141519018ef.jpg
光で遊ぶ/アトリエオモヤ

筒状の白い布の中にたくさんのビー玉が転がっています。
光を当て、布に透けたビー玉がとても美しいです。

010_2014111415190219e.jpg011_201411141519314e3.jpg
012_20141114151933251.jpg

それを指でつーっと押したり、弾いたりすることによって
ビー玉が色々な方向に拡散していきます。

006_201411141518562e7.jpg

まるで指先から魔法が出ているみたい。



友だちはiPhone6でスローモーション撮影していましたが
とっても素敵な動画が撮れていましたよ。オススメ。

花咲かじいさんならぬ花咲かばあさんになれる

013_2014111415193486f.jpg
SAKURA/緒方嘉人

LEDを使った作品、

015_2014111415193762a.jpg
影に反応するレイヨ=グラフィ

016_2014111415200712d.jpg
光の波紋は共に森脇裕之氏の作品。

手をかざしたところから光が波紋のように広がっていきます。
光の魔術師になった気分で写真を撮ってみました。

017_20141114152008ea9.jpg

人も少なめなので恥ずかしくない。

じっくり楽しみたい作品ばかりで
平日に来て良かった~と改めて感じました。

小展示室での

018_201411141520106f3.jpg
happy Halloween!/真鍋大度・比嘉了

では自分の顔に3Dマッピングが。
次から次へ色々な姿に変身できて面白いです。

続いて2階へ。
今回一番時間を費やして楽しんだ作品が

019_2014111415201129f.jpg
がそのもり/重田佑介


020_201411141520138dd.jpg
 何も描かれていない絵本。

この絵本を開いた途端、
童話や昔話の主人公たちが一斉に動き出します。

021_20141114152142118.jpg

ボーっとしていると絵本から飛びだしてしまうことも。

昔のRPGのような絵と音楽。
画素数の少ないキャラたちが暮らすがそのもり。

022_20141114152142720.jpg025_2014111415214714c.jpg
024_20141114152145447.jpg023_20141114152144ce3.jpg

森の中を動き回って色々な話を探しました。
桃太郎に白雪姫、三匹のこぶたにガリバー旅行記等々。

ジャックと豆の木。



これは意外と大人の方が夢中になりそう。
私たちも人が少ないのをいいことにしつこく見学。
だって可愛いんですもん。見飽きない。

027_201411141522594ae.jpg
七色小道/坪倉輝明

通路に出現する鍵盤の上を歩くと音が鳴り、
光が放たれます。足元から滲み出た色の美しさ。

026_20141114152258d00.jpg

まるで異次元の世界へ迷い込んだよう。
ちょっと大袈裟ですがw

030_201411141523036d6.jpg
ミラボン/宮本和奈

029_201411141523027db.jpg028_20141114152300648.jpg

ミラーボールを回すと光が動き出します。
それはまるで宇宙空間へ飛び出してしまったよう。
ちょっと大袈裟ですがww

そして最後は小松宏誠氏の作品で癒しを。

031_20141114152321ca4.jpg
032_20141114152323f1d.jpg033_201411141523246ab.jpg

羽で作られたシャンデリアやモビール。

そのものの素晴らしく美しいのですが、
それ以上に壁に映し出される影が美しいという不思議。

036_20141114152336040.jpg

他の作品とはまた少し違いますが、
光の力を最大限に利用した作品だな~と思いました。

というワケで作品は以上です。

目で見て、耳で感じて、手で触れて
こんなに楽しい展覧会はなかなかないと思います。
第2弾があったらまた絶対に行きたいです。

そしてこの魔法の美術館に限ってはひとりよりふたり。
友だちや家族で行った方が絶対に楽しめます♪

どのくらい美術館にいたんだろう?
1時間以上は間違いないんだけど‥2時間いってないかな??
満喫し過ぎて、友だちはその後行ったカフェで
本気寝しそうになってました(笑)

浜松美術館での開催期間は12/23まで。
17時まで(入館は16時半)開館しているので出来れば平日、
無理ならば閉館近くに行くことをオススメします☆


大きな地図で見る

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*見学・体験*ベルマリンでフライボード体験(浜松市北区)2014.8.30

あまり思い出したくない記憶なので(笑)
日記を書くのが遅くなってしまいましたが、
先日フライボードを体験してきたので紹介します。

お世話になったのはベルマリンさん。
レジャー・遊び・体験の予約サイトあそびゅー!で見つけました。
浜名湖で空を飛ぼう!話題のフライボードに挑戦☆

フライボード、最近はテレビでもよく見かけますね。
この間『6人の村人』でも日村さんが体験してましたよ。
(場所は河口湖だったけど。)

gacya_flyjpg.jpg

初めて見た時はかなりの衝撃を受けました。

それが県内でできるなんて行くっきゃないでしょう!
‥と去年の夏から思っていて一年越しに念願叶いました!!
人気のアクティビティらしく休日はなかなか予約が
とれなかったんです。今年はかなり前から予約。

前置きが長くなりましたが、
ベルマリンさんの詳しい体験内容は
所要時間は50分(湖上体験時間は20分)
体験料金はひとり5,000円で任意保険が+500円です。

ちなみに対象年齢は中学生以上で
身長140cm以上、体重100kgまでの方だそう。

026_201409081652531fa.jpg027_20140908165254472.jpg

受付をし、更衣室で着替えます。
服装は水着でいいのですが、恥ずかしい+日焼け防止の為
ラッシュガード&タイツで全身をカバー。
ウェットスーツのレンタル(別途540円)もありますが、
曇りだったものの水温はそほど低くなく不要でした。

着替えを済ますと(コインロッカー有料100円)
ボードに乗り、岸から少し離れた人工の浮島へ向かいます。

025_201409081652448ee.jpg

まずは一通り説明。
装備はこのボードのみ。スノボーブーツみたい。
手から噴出する機械は使用しないよう。

001_20140908165132e3c.jpg

あとは注意事項とコツなんかも説明されますが、
イメージが沸かず右から左へ受け流してしまいました。
これが後悔する元凶となるとも知らずに‥。

そうそう、同じ時間帯に受付をした8名グループがいて
一緒にやるのはちょっとな‥と思っていたのですが
インストラクターは別々についてくれてホッとしました。

そして即実践。
有無をいわさず友だちからです。

002_201409081651343f9.jpg

ブーツは特にサイズがないらしく女性には少々大きめ。

003_2014090816513598f.jpg

いってらっしゃーい。

フライボードの仕組みはとても単純で
水上バイクから排出される水がチューブを伝い
ボードへ送られ、その水圧を使って身体を浮かせます。

004_2014090816513660d.jpg

ということでまずは体勢を整え(水中で立ってる感じ)
準備が出来るとインストラクターが水を送ります。

ピュン!

006_20140908165147df1.jpg

運動神経のいいMちゃん、初っぱなからから浮上。
さすがとしかいいようがありません。

しかし滞空時間はまだまだ短く、
ある程度の高さまで行くと落ちてしまう模様。

010_20140908165153ddc.jpg

それでも何回か繰り返すうちにかなり上達。

009_20140908165152bce.jpg

水上バイクとボードと繋ぐチューブの長さが限られているので
長く滞空する為には、水上バイクの周りを回らなくては
ならないのですが、それもちゃんとできていました。
さすがとしかいいようがありません。

011_20140908165203dc7.jpg

約20分ほどで交代。

水恐怖症でもなく高所恐怖症でもない私。
正直ややフライボードをなめていたのかもしれません。

013_20140908165206234.jpg

若干人より浮きやすい身体の為、スタートの体勢に苦戦。
立ち姿勢を維持出来ず下半身が浮いてきてしまう。



イマイチ体勢が安定しないままスタート。
水上に身体が出ると一気に負荷(自分の体重)がかかる。
立ちにくい‥ってか立てない。

019_20140908165226352.jpg



かろうじて立っても足元は水圧のみ。不安定極まりない。
更に水力が増してくるという恐怖で腰が引ける。
後ろへ倒れる。

014_201409081652077c4.jpg

バッシャーン。

015_20140908165209ad5.jpg

という感じかな。

危ないから後ろに倒れちゃいけないって言われてたけど、
後ろにしか倒れないんだな~これが。

018_20140908165225b09.jpg

まるでかめはめ波でもくらったような後ろ飛び(笑)

体力もなければ、運動神経もないけれども
大抵のことは気力と根性でなんとかなると思ってましたが
久しぶりに「もういいです。」って言いそうになりましたw

なめたらあっかん~♪なめたらあっかん~♪

失敗する度にメガホンでアドバイスしてくれますが
恥ずかしさと焦りであまり理解出来ない(泣)

それでも諦めず何度もトライ。
少し浮いたかな~と思うと途端に恐怖が。

そうするとインストラクターさんが
「今ちょっと高いところ行ったかな?って思ったでしょ。
 実際は1mです(笑)」
って言われて、こんちくしょーと思って繰り返すも撃沈。

若干トラウマさえ生まれそうな私でしたが、
ラスト1回でやっと少しだけ浮いていることができました。

装備だけは一人前でアクッションカムを付けていたので一応動画を。



豚に真珠。すんにアクッションカム。

精も根も尽き果て体験終了。
何十回と海に落ちたので背中から肩周りが痛かった‥。
友だちは特に痛みも疲労感もなかった模様‥・

隣で体験していた人たちは明らかに私より上手だったので
そんなに難しいアクティビティではないのかもしれませんが
向き不向きがあるのかもしれませんね。バランス感覚かな。

特に上手だった男の人は上下左右自由自在。

005_2014090816513894c.jpg

気持ちよさそうだったな~。

私はもうコリゴリだ‥と思ってしまったのですが、
Facebookに載せたら行きたいと言ってる友だちがいたので
また来年チャレンジしてみるかもしれません。
それまでに浮きにくい身体になっていることが条件ですが。

ちなみに最新のアクティビティはホバーボードという
フライボードのヨコノリバージョンだそうです。
まったく出来る気しな~い(笑)


大きな地図で見る

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*見学・体験*海湖館でうなぎつかみ&蒲焼体験(浜松市西区)2014.8.30

浜名湖でマリンスポーツを楽しんだ後、
折角浜松まで来たのだからこのまま帰ったらもったいない!
と、ずっと気になっていたある場所でお昼を食べて帰ることに。

その場所とは湖西市の浜名湖今切パーク内にある施設、海湖館。
この海湖館で遊んで、作って、食べられるという
とっても楽しい体験が夏期限定で行われているのです。

それはうなぎつかみ&蒲焼体験♪
とっても浜松らしいでしょ。

駐車場に車を停め(1日/500円※利用割引アリ)
まずは海湖館で受付。

料金はうなぎ一匹1,800円。
つかまえたうなぎを白焼きで持ち帰れは料金は以上。
蒲焼きにする場合は別途300円(タレ・ガス代)
そしてそれを丼にする場合は別途200円(ご飯代)です。
私たちは捕まえて、蒲焼き丼にしたので計2,300円。

うなぎ一本食べられると思えば値段相応じゃないかな。
こういう機会じゃないと食べないし奮発。

受付を済ませると、海湖館の前の人工池にうなぎを放してくれます。
そしてそのうなぎたちを捕まえるという単純な体験。笑。

010_2014090212395121b.jpg

ひとり一匹ずつなので計二匹。
私の担当うなぎは放した時から全然動かなくて死んでるかと‥
けどつついたら少し動きました。

003_20140902123933b18.jpg

けど弱っているようで握っても暴れない。
1分もせずにつかみどりが終了してしまいました。

逆に友だち担当のうなぎはかなり元気がよくて
捕まえても、捕まえてもニュルニュルすり抜けていましたよ。

004_201409021239346cd.jpg

買ったばかりのアクションカムでその様子を。
(カメラの位置が高くてうなぎがあまり映ってないけど‥)



最終的に私が放り投げてますが。
やっぱり元気なうなぎじゃないと楽しくないですよね。

それでもおおよそ5分程でつかみどりは終了。
その場で係りの人がうなぎをさばいてくれます。

005_2014090212393643a.jpg グサリ。
006_20140902123945cc8.jpg しゅる~。 
007_20140902123947bff.jpg 慣れてらっしゃる。

美味しくいただくからね。アーメン。
そしてそのまま焼き器で白焼きに。裏表数分程度。

隣の池では子どもたちがさかなとり体験していました。
こちらは体験料金300円程度。ただしとった魚はもらえませんが。

008_2014090212394892a.jpg
009_201409021239505f0.jpg

魚を食べたい場合は別途200円/100g(だったかな?)
で買い取り、または美味しく料理してくれるらしいです。

001_2014090212393095c.jpg002_20140902123932a2b.jpg

その他にも魅力的なメニューが。。。

白焼きができたら場所を移動して(すぐ近くだけど)
うなぎ蒲焼体験のはじまりです。

021_2014090212403613d.jpg
020_20140902124022e2e.jpg

職人風のおじさん先生が教えてくれました。

まずはうなぎに串を刺します。
一匹を半分に切ってもいいしそのまま一本焼きでもOKです。

011_201409021239599cc.jpg
012_2014090212400054b.jpg

私は撮影が忙しかったので先生におまかせ☆
(全然体験じゃないねw)

013_20140902124002442.jpg

そしたら焼いて~

014_2014090212400344c.jpg

ひっくり返して裏も焼いて~

015_2014090212400558a.jpg 秘伝っぽい壷の中の
016_2014090212401643a.jpg

タレに漬けてまた焼いて~を繰り返すこと3回。

017_20140902124017f1d.jpg

一本焼きは難しいので私は終始先生におまかせ☆

018_201409021240197e4.jpg

うなぎからはポタポタと油がしたたり落ち、
芳ばしい香りが‥本当、このニオイだけでご飯食べれそう。

ちなみに最後の返しだけ自分でやってみましたが、
案の定失敗しまして、折角の一本焼きがボロボロに(泣)
ケド先生がなんとか修復してくれました。全部やってもらえばよかった。

売店でノンアルコールビールも入手。
いっただきま~す。

019_201409021240201ff.jpg

幸せ~!やっぱりうなぎを食べるなら夏に限るな~!!
フライボードでヘトヘトだったけど元気が戻った感じ。単純ですが。

よーく焼いているのでとれたて新鮮☆
‥かどうかはよくわからなかったけどとても美味しかったです。

貼ってあったうなぎつかみ体験のチラシには
今年の開催期間は6月21日(土)~8月31日(日)まで
(開催時間は9:30~14:00)と書いてあったので
先生に「今日で終わりですか?」と聞いたら
夏休み中は平日もやってたけどこれからは土日祝だけやるよと言ってました。
これは蒲焼体験のみのことなのか、つかみどりもやってるのかは不明です。

結構アバウトな感じもするので
行く前には電話で確認するのがよいと思います。
(海湖館/053-594-6624)

この浜名湖今切パークには今回初めてきましたが
無料の釣り場(堤防っていうのかな)が人気なようで賑わっていました。

024_201409021240411f4.jpg

パーク内にはバーベキュー場ももあるし、
(1時間/1,000円の時間制だけども)

近くにプールはあるし、ビーチはあるし、

023_20140902124039bae.jpg

ホント夏には最高の場所ですね。

022_201409021240382b7.jpg

BUT冬にはここが焼き牡蠣小屋へと変身しちゃうんです。
これまたとっても気になるので絶対に行こうと思ってまーす♪


大きな地図で見る

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。