• home >
  • 静岡*旅/中部エリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*レジャー施設*不動の滝自然広場オートキャンプ場(榛原郡川根本町)2015.9.20~21

あっという間にSWが終わってしまいましたね。
絶好の行楽日和が続き、
皆さんも色々お出かけしたのではないでしょうか。

私がこのSWに計画していたのは初キャンプ。
バーベキューやピクニックは大好きな私ですが、
テントに泊まるという経験はほぼゼロ。
(だってテント持ってないし‥)

4月にともしびさんへ宿泊した際、
帰りにふらりと不動の滝に立ち寄ったところ
オシャレな白いテントが立ち並ぶキャンプ場を発見!
調べてみるとこれらテントに泊まれるらしいではありませんか!!
ということで7月上旬にSWの日程で予約。いつメンで行ってきました。

不動の滝自然広場オートキャンプ場の入口。

000_201509231526597d6.jpg

この奥に不動の滝があるので、
不動の滝を見に来た一般の車もキャンプ場を通り抜けます。

キャンプは14時にチェックイン。
駐車場(有料1,000円/台)に停め、受付をします。

入場料は1泊2日で大人2,500円/小人500円。
デイキャンプは大人1,500円/小人250円です。

今回私たちがレンタルしたテントはNORDISK Alfeim 19.6。
買うと10万を超える代物です。すごいねーははははは。

001_20150923152701baf.jpg

タープのレンタルは有料と書いてあったのですが
雨がパラつくことが多いせいか、この日は無料で張ってありました。

map.jpg
※マップを拝借させて頂きました。

マップ上の01~04がVilla siteということで
私たちのようにテントをレンタルして宿泊するエリアです。
テントはにNORDISK(2~8人用)とBELL TENT(2~6人用)があります。

051_20150923153641924.jpg

手前のテントがBELL TENT。

Villa siteの利用料は入場料+14,000円。
14,000円を割ることになるので人数が多い方がよさそうですが、
テントは4人以上だとちょっとキツそうな気がしました。

003_20150923152703672.jpg

天井は高く開放感はありますが。

058_201509231537329cd.jpg

床はテント布一枚だったのでラグを敷きました。

002_20150923152702eca.jpg

初心者には有り難いことにキャンプグッズのレンタルもしているので
私たちはCastelmerlinoのテーブル・チェアーセット(コレも買うとお高い)
snowpeakの焚き火台をレンタルし、全部でひとり9,000円程度。

さて、ここからは自己満足全開のキャンプ日記になります。

まずはレイアウトから。
この日の為に色々買ったり、作ったり。

009_20150923152732bad.jpg

キャンプといえばガーランドでしょう。
百均のバンダナを切ってロープにボンドで貼ればできあがり。

008_2015092315273053f.jpg

そしてこちらもキャンプではお馴染、
デイジーチェーン(ネビュラチェーン?)も自作です。
カラーベルトを2枚合わせ適当にミシンで縫ってハトメを付けただけ。

007_20150923152729870.jpg

木と木に結びました。タオルとか掛けておいても便利。

024_20150923153111063.jpg

ちょっと見にくいかもしれませんが、
ランタンスタンドは流木を3本拾ってきてロープで束ねたもの。

025_201509231532270a9.jpg

全然必要のないオブジェだって飾っちゃいますよ。
これも百均のアルファベットオブジェを星条旗風に塗っただけ。

テーマは(私の勝手な好みで)アメリカン~☆

004_20150923152705b08.jpg
005_2015092315272653b.jpg006_201509231528289ff.jpg

ちなみに星条旗の旗も百均で見つけました。
初心者の割にはなかなかいいんじゃないでしょうか。自画自賛。

そして落ち着く間もなく昼食兼夕食の準備へ。
バーベキュー等の経験を経て確実にスキルアップしている頼もしい友。

010_20150923152846ea6.jpg

鉄鍋で作るものはピザ。

012_20150923152849ceb.jpg

生地もこの場で強力粉と水を混ぜでこねただけのものですが、
そこまで固くもなく全然アリだと思います。

013_20150923152850aaa.jpg

そしてもうひとつのメインはハンバーグ。
こちらも玉ねぎと合いびき肉とたまごをその場で混ぜてこねただけ。

015_201509231529352e4.jpg

友だちが買ってくれたコールマンのツーバーナーセット大活躍。
隣では残り物の野菜でスープを。料理をいっぺんに作れるって結構大切。

011_20150923152847055.jpg

鉄鍋の上に置かせてもらっていたお芋もいい感じ。

021_20150923153108904.jpg

作ってみたかったハッセルバックポテト。
パリッと感は出なかったけど、ホクホクで美味しかったです。
Cpicon ハッセルバックポテト~レンジで時短~ by じゅびにゃん

というわけで待ってましたのお食事タイム。

017_201509231529381cb.jpg

お野菜をいっぱい使っているので彩り鮮やか。

016_20150923152937c6d.jpg

また食べたくなってきた。。。

022_20150923153108e60.jpg

ピクルスは家で漬けてきました。
Cpicon きゅうり&にんじんのピクルス♪ by ころころコロネ

外ごはん最高~☆★☆

018_2015092315294055a.jpg

って感じです。

023_2015092315311061e.jpg 

お腹がいっぱいになったらまったりタイム。
こちらも友だちが購入した自立式のハンモック。TOY MOCKか。

019_20150923152941ff9.jpg

本当はお昼寝したいのに、
私の場合本気寝になるからといって寝さしてくれない。
悲しい。本気で1時間くらい寝たい。←それがダメらしい。

020_20150923153106c4b.jpg

まぁこうしているだけでも十分気持ちいいんだけど。寝たい。

026_201509231532285b9.jpg

その後バトミントンをしたり、シャボン玉したり。
しかしあっという間に薄暗くなってしまいました。秋だなぁ。

あと管理人さんの言ってた通り、
山の天気は変わりやすく何度か小雨に降られました。
本当にパラパラ‥って感じなので焦ることもなかったのですが、
タープがあってよかったです。何にも雨避けがないと結構大変です。

027_20150923153229ecd.jpg

夜の雰囲気も素敵~♪

028_20150923153231442.jpg

タープに300円ショップで買った星形のライトを付けたのが大正解。

031_2015092315330319b.jpg

そして憧れていた焚き火も。
焚き火台に薪を置き、着火剤でつけたらガンガン燃える。

030_20150923153301319.jpg

右端に見ているのは即席シアターです。
木に布を掛け、モバイルプロジェクターで投影すると

034_20150923153306d8d.jpg

バッチリ見える。予想外に音は小さかったけど。

036_20150923153307825.jpg

一番最初に見る映画はE.T.って決めてました。
なんてロマンチックな夜なんでしょう。

前々日から仕込んできたサングリアを飲み、
おつまみはポップコーンとクラッカー。

033_20150923153304641.jpg
037_20150923153423460.jpg

そして燻製。

これぞ憧れていたキャンプシーン。
(多少お金をかければ)夢は叶うのですね。

そしてよい子の私たち、22時には就寝(笑)

どんなにテンションが上がっていても
22時過ぎたら音と声は下げるのがマナーですよね。
かといってなかなか注意するわけにもいかないので
次回は就寝用にヘッドフォンを持っていこうと思いました。

どんな場所でも眠れる私。
テント内に入れたハンモックの上で朝を迎えました。

038_20150923153424458.jpg

寝袋のレンタルはしていなかったので
悩んだ末購入したのですが、山の朝は寒い。買ってよかった。

あとテント内に直に寝るとやっぱりゴツゴツして痛いので
百均とかで売っている厚手のアルミシートを敷くのがいいですね。
あとあと友だち曰く、寝袋の分だけ頭が下がってしまうので
高めの枕が欲しかったそうです。

朝のお散歩タイム。

040_20150923153426765.jpg

管理棟。

042_20150923153538ed3.jpg

フリーのテントサイト。
SW中ということでそれなりに混み合っていました。

勝手に大人向けのキャンプ場かな~と思っていましたが、
やっぱりファミリーが多かったですね。

044_20150923153539ca8.jpg
045_20150923153541305.jpg 川遊びもできます。

あと水回りがちゃんとしているのが本当有り難い。

043_201509231535395b3.jpg

炊事場。

048_20150923153636734.jpg

トイレ。あと有料ですがシャワー室もあります。

そして驚く事なかれ。キャンプ場にバーがあるんです。

050_20150923153639da9.jpg

「ビールに飽きたら生ビールもありますよ」との事だったんですが、
持参したサングリアがたんまりあったので今回は諦めました。

054_2015092315370145f.jpg

安っいワインにフルーツを入れただけでめちゃ美味しい~。
Cpicon 簡単♡自家製白サングリア♡パーティーにも by ちゃんだん

話が脱線してしまいましたが、とにかくオシャレなキャンプ場です。

047_20150923153635a07.jpg
049_2015092315363859f.jpg039_2015092411263211c.jpg
046_20150923153542263.jpg

7時半ころ皆起床し、朝ご飯作り。

053_2015092315365965c.jpg

定番のホットサンド。

055_20150923153703089.jpg

コーヒーとフルーツを添えれば完璧。

056_20150923153704726.jpg ご満悦な私。

お腹いっぱいになった後はそれぞれ自由時間。
チェックアウトが12時だったので10時までのんびり。

私はやりたかった自然の中で読書‥のはずが
途中から眩しくなってテントの中へ避難。

057_201509231537306a9.jpg

友人にちゃんと撮られてました。これじゃ家と変わらん。

キャンプの魅力って非現実な自然の中で
“なにもしない”をしに行くとこだと思うのですが、
何だかんだ準備に片付けにいそいそと動いてしまいますよね。
2泊3日とかで行く人の気持ちがちょっとわかりました。

とりあえずキャンプデビューとしては大満足です。

059_2015092315373344f.jpg

これから10月~11月はキャンプ場が紅葉で真っ赤に染まるそう。
キャンプにはベストシーズンです。私も早くも次のデイキャンプを妄想中。

不動の滝自然広場オートキャンプ場さんありがとうございました♪
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*祭り・イベント*せんがまち棚田あぜ道アート(菊川市)2015.6.6

何年か前に三重県熊野市へ行った時に
文化遺産でもある丸山千枚田の光景に感動した私。

棚田が光で包まれる虫送りのパンフレット写真を見て、
いつかこの目で見てみたいな~と思っていましたが、
なんと静岡県でもとてもよく似たイベントが開催されてました。

そのイベントとは菊川市の
“せんがまち棚田あぜ道アート”です。

今年は先週6/6(土)の開催されたのですが
珍しく週末バイトが休みだったので行ってきました。

会場周辺に駐車場がなく無料シャトルバス利用ということで
シャトルバス発着所であるホロンゴルフ倶楽部へ。

シャトルバスは16時から運行開始でしたが、
気合いを入れすぎて15時には到着。
会場まで徒歩30分ちょっとだったので歩いて行くことに。
のどかな原風景に心が和みます。暑かったけど。

なんとか16時前に会場到着。
菊川にこんな立派な棚田があったなんて驚きです。

000_20150610090652d41.jpg

雨も心配されてましたが、気持ちのいい青空。

001_20150610090654024.jpg

棚田には既に装置が設置されていました。
ペットボトルとロウソクなんですね。

とにかくカメラマンが多いとの前情報だったので
負けじと場所探しを開始。

棚田をぐるっと囲むよう左右に道があるので
比較的どこからでも見えるようですが、
やはり一番上からの眺めが人気なのかな?

004_20150610090658c45.jpg

コチラには10人ほどのカメラマンがいましたが
まだ三脚を置く余裕はありそうでした。

私たちは少し下った中腹くらいの場所に決定。

003_20150610090657739.jpg

ここからなら下からの眺めも上からの眺めも楽しめる。

009_20150610090712396.jpg
002_2015061009065554c.jpg

そして紫陽花がキレイに咲いていたのがポイントです。

場所が決まれば日が暮れるまでひたすら待ち。。。
あぜ道は立入禁止だったので特にすることもなく。。。
オカリナの演奏がずっと聴こえていて和んでいました。。。

006_2015061009070946e.jpg

私たちと同じような場所にいるカメラマンたちは
夕日待ちだったようなのですが、

007_20150610090710a60.jpg

この日は雲が多く赤く染まりませんでした。
夕日に染まる棚田‥それは美しい光景なんだろうな。

普段の日は棚田のすぐ近くに
車を停めることができるそうなのでリベンジしたいです。

トイレがあるのかがイマイチわからず
水分補給も我慢しながら待つこと2時間(笑)

010_2015061009071389f.jpg

係りの人たちがろうそくに火を点け始めました。
18時でもまだまだ明るいですね。

011_20150610090715e01.jpg012_20150610090739c68.jpg

19時近くなるとようやく辺りも薄暗くなってきました。
それと同時に少し肌寒くなってきました。上着必須です。

だんだんとロウソクの灯りも目立ち始めます。

014_2015061009074240f.jpg

完全に日が沈む前のトワイライトタイムが一番美しい気がする。

パノラマでも撮ってみました。
000_201506110948281f5.jpg
(クリックで拡大されます。)

015_20150610090743108.jpg

暗くなると昼間とはまた違った幻想的な雰囲気が。

016_20150610090807a72.jpg017_20150610090809767.jpg

あえてのピンボケ。

018_201506100908108b1.jpg

あえてですよ(笑)

たいまつの火で作物につく害虫を追い払いながら
棚田を灯す虫送りは本来呪術的な行事らしいのですが、
ここでは“あぜ道アート”の名の通り、
この景色をアートとして楽しんでもらうという趣旨のよう。

019_20150610090812530.jpg

この頃には見学者もかなり増え賑わっていました。

020_201506100908136d2.jpg

暗くなってからはあっという間。

なにせ19時にやっと暗くなったと思ったら
最終のシャトルバスが20時なので1時間しかありません。

一応頂上からの景色もパシャリ。

022_20150610090826ea7.jpg

急いで反対側の道を下ります。

026_201506100908475f6.jpg

こちらもまた少し違った景色で素敵でした。

028_20150610090849971.jpg

たかがペットボトル。されどペットボトル。
考えた人素晴らしい。

001_20150611094829e94.jpg
(クリックで拡大されます。)

変化がないので子ども達には少々退屈かもしれませんが、
大人(特にデート)には最高のシチュエーションではないでしょうか。

さて、女同士で約4時間も滞在した私たち。

20時ギリギリにバス乗り場へ行くと
ビックリするほどの長蛇の列ができていました。
そして前の道路は棚田からの帰宅の車で大渋滞が発生。

シャトルバスは15分間隔で運行と聞いていたので
軽く1~2時間待ちだな‥と腹をくくりました。
(街灯がないので夜間歩くのは危険です。)

無料のイベントで(募金は募っていますが)
無料のシャトルバスまで何度も運行してくれて
待ち時間が発生したからといって文句なんて言えるワケない。

しかも最終的に係りの人たちが何台も自家用車を出して、
私たちを駐車場まで運んでくれました。
申し訳ないというか‥本当にありがとうございました。

関係者さんの話によると
予想よりも多くの見学者が来たために
駐車場も足りなくなったり、問題が生じたそうです。
毎年毎年、見学者が増えているそうですよ。

この美しい景色を見ることができるのも
『先祖が遺した宝物』であるせんがまち(千枚の田んぼという意味)
を残したいという方々の努力があったからこそ。

そういうことも思いながら
楽しむことができたらもっと素敵なイベントになるし、
いつまでも続いていくんじゃないかな~なんて思いました。

関係者の方々、本当にお疲れ様でした。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*祭り・イベント*コップのフチ子展in静岡パルコ(静岡市葵区)2015.5.29

phonto.jpg

コップのフチに舞い降りた天使ことフチ子さんが静岡に上陸!
人生のフチに立たされた堕天使ことすんが見に行ってきました。

入場無料で写真撮影可だった為、
天使の姿をたくさん撮ってきたので載せておこうと思います。

フチ展会場は静岡パルコの2F。
エスカレータ横の小さなスペース。
しか~しなかなかの展示数でしたよ。

028_201506011223033ed.jpg

まずはシャンパンタワー‥いや、フチ子タワーかな。

029_20150601122305915.jpg

その数なんと600体。完成までの作業時間は10時間。
奇譚クラブさんのTwitterを眺めながら応援しておりました。

030_20150601122259561.jpg

セクシーショットを惜しげもなく披露。
そしてその名の通り見事なフチへの乗りっぷりです。

この歳になってもガチャガチャが大好きな私ですが、
フチ子さんについてはあまり詳しくありません。

027_20150601122302bfe.jpg

フチ子さんの初登場は2012年7月。
漫画家タナカカツキさん原案によるOL風の女性フチ子が
腰をかけたりぶら下がる姿勢をとるフィギュア。
TwitterやFacebookへの写真投稿で人気に火がつき
次第に様々な衣装やポーズも増え現在に至る‥といった感じだそう。

024_201506011222547df.jpg025_20150601122248008.jpg

イベントだって大好き。

023_20150601122252dc1.jpg

ガンバレ日本!

021_201506011222495d3.jpg

フチ子さんって物凄い身体能力の持ち主なんですね。

026_2015060112230008e.jpg

もはやとれないポーズなどないのです。

017_20150601122240364.jpg

「フチに乗せるのは…正直もう飽き飽きなんだよ」とソコ子さん誕生。
そのうちカップの中まで入っちゃうんじゃ‥ナカ子さん‥(笑)

特に可愛かったのは温泉シリーズ。

010_20150601122202b6b.jpg

ご当地手ぬぐいを持って浴衣ひらりしてるフチ子さん。

私も旅行先でに見つけた時は購入して※ガチャではない
ビールジョッキにぶら下げようと決めてます。
(まだ道後温泉しか持ってないけどさ‥)

011_20150601122224c95.jpg

広島バージョンの浴衣の柄素敵。

そしてもっと可愛いのが
温泉に入っていい気分のフチ子さんシリーズ。

012_20150601122226427.jpg
013_20150601122227774.jpg014_201506011222297da.jpg

フィギュアなのに妙に色っぽいというか、
こんな女の子がいたら惚れてまうやろ~っていう感じ。
フチ子さんにハマッてしまう人続出な理由もわかります~。

最近ではコラボフチ子さんも多数。

016_20150601122238671.jpg

コラボといえばキティさん。

020_2015060112223766f.jpg

そしてふなっしーさん。

019_20150601122243848.jpg

後ろにぼんやりと写っているミッキーさんたちのように
フチ子さんも抜きにした『コップのフチの○○』シリーズも多数。
ゴルゴシリーズもあるとか‥展示はなかったので残念。

その中で見事に私の心を射抜いた

022_2015060112225118b.jpg

『コップのフチの太陽の塔』
もちろんネットで大人買いしました、ハイ。
これはほぼ定価の金額さえ出せば買えるからいいんです、ハイ。

やっかいなのは企業のキャンペーンモノ。
当選しないとゲットできない品です。

006_201506011222033f0.jpg008_20150601122206d0c.jpg

それでイタイ経験をしたのが
カップのフチに舞い降りたサッカー選手フチ田篤人。

001_2015060112214469e.jpg
002_20150601122146e59.jpg003_20150601122147818.jpg

チョコレート菓子Bitteのキャンペーンで
5,000名に当たるということだったので結構買いましたが当たらず‥。
残ったのはBitte太りした堕天使のみ‥
舞い降りた選手が柴崎や武藤とか他のイケメンだったら買わなかったのに‥!!

余談ですがヤフオクでは当初三万円で落札されてました。
うっちーが結婚したので値が下がったかな~と覗いてみましたが
未だに一万円します。凄いね。(ちなみに売買は固く禁止されてますw)

018_201506011222414b9.jpg

だいぶ話がズレてしまいましたが
フチ展ではタナカカツキさんの原画なども展示されてます。

031_20150601122323345.jpg032_20150601122324d44.jpg
033_20150601122326485.jpg

味のあるとっても素敵な絵ですね。

034_20150601122327a1d.jpg

そしてシュールな世界観はとっても私好みです。



持ってます。

あと興味深かったのは、フチ子さんの製作工程の映像。
中国で一箇所、一箇所手塗りしていることには驚きました。

038_2015060112235246e.jpg

というワケで、存分にフチ子さんの魅力を味わえる展示会でした。
しかしハマッったら大変。程良い距離感でこれからも注目したいです。

グッズの販売は1F。今回から登場したらしい豆皿可愛かったな。
同じ場所でシールをもらえるスタンプラリーもやってました。

039_201506011223463be.jpg

静岡先行だった『コップのフチ子3ピーチ』は品切れ中。
(補充したかもですが。)

040_20150601122347312.jpg

そして最後にフチ子さんとハイポーズ。フチ展は14日まで開催してます♪

さてこの日パルコへ行ったのは実はこちらがメインでありました。

041_201506011224258e7.jpg

いよいよ夏だぜ!屋上のビアガーデン!!

042_20150601122423dab.jpg

まぁ‥感想からするとこんなものかな‥と。
まずビールグラスが冷えてなかったのがイマイチ。
料理が足りなかったのがイマニ。別料金ではモチロン頼めますが。
そして私たちのコースはアルコールがビールかワインしか頼めなかった~。
あと400円プラスすれば色々飲めたと思うけどその説明がなかった~。

フチ子さんとは全然関係ない話ですが、プチ情報でした。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他*静岡が誇るアーブル美術館の大贋作展へ行ってきました。(静岡市)2015.5.24

メディアで様々な才能溢れる少年少女たちが紹介される今日。
静岡を拠点に活動する小学生画家がいることはご存知でしょうか。

天才画伯モンドくん



は静岡ではなく福岡の少年。

それは『アーブル美術館』というユニットで活動する
天馬くん(小学6年生)と心海ちゃん(小学4年生)兄妹。
母親である藤原晶子さんが館長を務めています。

ルーブル美術館が大好きなお母さんの為に
世界の名画を模写し始めた天馬くんと心海ちゃん。

次々と所蔵作品を増やし、
最近では東京などでも展覧会を開催するほど。

静岡市在住ということで、
県内でも度々開催されている『大贋作展』

アーブル美術館の別館として、
作品が常設展示されているD&DEPARTMENT SHIZUOKAにて
『大贋作展Ⅱ』が開催中ということで行ってきました。
(去年も開催したのですが見逃してました。)

結構な混雑具合のD&Dカフェ。席の予約をし2階へ‥

010_20150528084959f50.jpg

鮮やかな色彩がお出迎え。

000_201505280849281a3.jpg

壁一面に貼り付けられた贋作たち。

001_201505280849292bb.jpg

なんちゃってアート好きにもわかる有名どころ。

003_2015052808493247d.jpg

奈良美智作品の特徴を完全に捉えている。
ちょいワル~。

004_20150528084934381.jpg

アンディ・ウォーホルのキャンベル缶。
段バッジ欲しい~。

絵画だけでなく映画ポスターやCDジャッケットなどの贋作も。

002_2015052808493125b.jpg

作家、又吉先生。

005_20150528084942246.jpg

ティファニーで朝食をのオードリー・ヘップバーン。
絵からもオードリーのオーラが伝わってくるよう。

そして今回の展示には間作の横に
心海ちゃんの彫った判子カルタと読み札も展示。
判子のクオリティったら‥完全にプロの域。

007_20150528084945b0d.jpg

くぉら~
こっちみんじゃねぇ!
ただの男同士だ。

内容はともかく‥言葉は子どもらしくって逆に安心(笑)

008_2015052808494762d.jpg

年代を感じるラジカセには村上隆さんのお花が☆

作品は基本的にダンボールに描かれていますが、
アーブル美術館のブログを読むと

紙袋、木箱、まな板、服、
極めつけは草間仕様のキーボード、、

と本当に様々なモノがキャンバスになっているよう。
“絵は画用紙に書くもの”なんて決まりなんて一切ない。

006_20150528084943383.jpg

そういうところも子どもたちの才能に
影響を与えているんだろうな~と思います。

館長(お母さん)のある日の言葉。

*****

館長のわたくしの仕事は
彼らの健康管理と
モチベーションの維持と
たまにだけど、ご機嫌とり。

午後から、美術館に連れていき
気合いを注入してきます。覚醒、覚醒。

*****

一度として親と美術館になんて行ったことない。。。
子育ての参考にしたいです。。。予定はないけどね。。。

贋作展では2階のトイレも忘れずに。

011_20150528085000ac2.jpg

扉を開けた途端、草間ワールドが広がってます。

014_201505280850052a9.jpg

この細かさ。大変だったでしょうね。

012_20150528085002f3c.jpg
013_20150528085003191.jpg

草間彌生大好きなので嬉しいです。
あと岡本太郎作品があれば完璧だったな。うん。

019_2015052808504985c.jpg 贅沢言うなや。

大贋作展Ⅱは来週の金曜日(6/5)までなので気になる方はお早めに。
D&Dカフェのランチも美味しゅうございました。

020_20150528085057029.jpg

アーブル美術館の知名度が全国区になる日も遠くはないハズ。

既にストライド(ガム)の景品として
サルマタのデザインとしてアーブル美術館も起用されたんです。

021_20150528123230dd0.jpg

他にはコアなファンの多いラーメンズの片桐さんや
水森亜土さんや横山裕一さん等著名アーティストが多数。

022_20150528123231c64.jpg
023_20150528123233600.jpg

アーブル美術館収蔵作品の中でも特に人気の
ゴッホ自画像(耳切断後)とフェルメールの真珠の耳飾りの少女
がデザインされたとても斬新で素敵なサルマタです。

024_201505281242443a4.jpg

私も無事に2着GET♪

作品はもちろん、彼らがどんな道を進むのかも非常に気になるところ。
アーブル美術館からが離せません☆

*その他*農家民宿ともしびさんに宿泊してきました(榛原郡川根本町)2015.4.25~26

だいぶ時間が経過してしまいましたが
楽しかった思い出なのでUPしておかなければ。

GWへ入る前の土日“かんばろう婚活”チームもとい
“残りもがんばろう婚活”チームでお泊まりしてきました。

今回お世話になったのは川根本町にある農家民宿ともしびさん。
農家民宿とは、農家の方が経営する民宿で
宿泊客に農業体験や農作物を使った料理などを提供してくれる施設。

農業に興味が出てきたというワケではないのですが、
雑誌でともしびさんを知った日から行きたくて仕方ありませんでした。

それはなんといってもこのロケーションの素晴らしさ。

010_20150519133334322.jpg

目の前には雄大な大井川が流れ

024_201505191334209e6.jpg

新緑の季節にピッタリな木々が広がり

006_20150519133330a54.jpg

マッチし過ぎるロッジ風の建物が佇んでいる。
私の思い描く憧れの暮らしがここにある。。。そんな感じ。

ちなみに右の建物が宿泊客の泊まるログハウスで
左の建物(の二階)は喫茶店として営業しています。

005_20150519133328ec9.jpg

ともしびさんでは季節によって様々な体験ができるようですが、
私たちは今回バーベキューとカヌーを予約していきました。

といってもバーベキューの材料は持参したので追加料金はなし。
お庭のバーベキュー場を貸していただくという形です。
※包丁やまな板、炭など必要最低限の道具も貸していただけました。

008_20150519133332ea9.jpg

土曜日はお昼過ぎに到着したのですが、
この日は新茶狩りが始まった日ということでオーナーたち大忙し。
その場に居合わせた色々な方に手伝っていただきながら
バーベキューの火起こしをしました。ありがとうございます☆

そして約1時間後、バーベキュー開始。

011_20150519133342816.jpg

カンパ~イ。

014_20150519133346a0c.jpg
015_20150519133348da7.jpg

バーベキューというか、屋外焼き肉(笑)

013_20150519133345472.jpg

隣りにいたエコツーの方に頂いた山菜。美味しかったです。

017_2015051913340110e.jpg
018_20150519133402173.jpg

スーパーで奮発購入した一枚500円のホタテはバター醤油で。
たけだバーベキューが紹介していたバナナの丸焼きもやってみたり。

009_201505191333334a4.jpg

ああ、ぬちぐすいやっさ~。
(意味は石垣島旅行記をご覧クダサイw)
私にとっての幸せってこういう時間だな~と心底思った瞬間。

ただこの日はかなり風が強くて寒かった。
気候ばかりはどうしようもないけど、
バーベキューに向いている日も結構限られますね。

035_20150519133456d7a.jpg

そして残念ながらカヌーもできず。
ダムを放流したばかりで水位が高く危険だからだそう。
残念無念です‥これはまたリベンジしなくてはなりません。

ということで食後は近くをお散歩。
10分程度で大井川鐵道の地名駅へ到着。

025_20150519133421d6a.jpg

昭和から時が止まっているような小さな無人駅。

028_20150519133434bfe.jpg

先に見えるのは日本一短いトンネルといわれる地名トンネル。
折角なので近くに行ってみました。

032_20150519133452381.jpg

確かにこれは短い。全長10メートルですって。
何度か電車で通過してますが気づけないワケだな(笑)

そしてその時、汽笛のポーっという音が!

029_201505191334352ca.jpg
030_2015051913343638c.jpg
友だちのナイスショット。

新金谷行きのSLがトンネルを走り抜けて行きました!!
そして手を振る私たち。なんてのどかな光景なんでしょう。。。

034_20150519133455f5a.jpg

この田舎‥穏やかな景色が心をも穏やかにしてくれるのかも知れません。
まぁ私の住んでいる奥清水も十分と田舎ですがね。。。

ともしびさんに戻り、再びまったり。

023_20150519133418cbc.jpg

最強のアイテム、ハンモック。

040_20150519133512715.jpg

もう少し暖かければ一日中揺られていたい。

039_201505191335106cb.jpg

そんなここでの過ごし方をともしび時間と名付けよう。
ともしび時間中は少女に戻ることも可能。

037_20150519133507494.jpg

四つ葉のクローバー発見♪

021_20150519133415ef7.jpg

ピンク色の不思議な物体はオーナーがサイロを改造して作った秘密基地。
オーナーも絶対少年の心を持ってる‥そして凄い才能の持ち主。

019_201505191334042bc.jpg

何しろこのログハウスもオーナー自身が建てたそう。

020_201505191334052bd.jpg

二階は屋根裏風になっていてとっても素敵。
一階は布団敷きですがエアコンもついていて快適です。
(二階2名、一階4名で定員は6名って言っていたと思います。)

ただ山の中ゆえ、少々の「虫さんこんにちは」は仕方ない。
虫除けと動じない心を持ってゆきましょう。

私たちは一泊二食付きで予約していたので夕飯の前にお風呂へ。
ともしびさんにもシャワーがあるようなのですが、
折角なのでSLの見える露天風呂で有名な川根温泉へ。
車で10分くらいの場所にあります。

混み合いながらも、温泉は非常に気持ちよかったのですが、
私、温泉から出た後脱衣所でぶっ倒れてしまいました。。。
今まで温泉で倒れたことないんですが。。。のぼぜ?酔い??

意識を取り戻した後も寒気と吐き気が止まらなく
動けなかった私をずっと介抱してくれた友だちに本当に感謝です。
川根温泉の方々にもご迷惑をお掛けしました。すいません。

ともしびさんにもご心配をお掛けしました。

042_201505191335261f1.jpg
043_2015051913352836e.jpg

ということで楽しみにしていた夕食は食べれず(泣)

そして夜はともしびさんから車で40分ほどの場所にある
三ツ星天文台に星を見に行くつもりが行けず。皆本当にゴメンよ(号泣)

044_20150519133529778.jpg またリベンジさせて。

数時間寝たらだいぶ元気になったのでトランプして就寝★

046_20150519133540884.jpg

次の日の朝食はご飯をおかわりして食べました☆

048_20150519133542c3e.jpg

奥さまはドライフラワーの先生らしく素敵な作品がいっぱい。

047_20150519133541476.jpg

教室もやっているそうなので体験してみたいな。
栽培している小麦でのパン作りも楽しそう。

イベントの情報はともしびさんや
川根本町エコツーリズムさんのFacebookをチェック。

ドライブついでに喫茶店も利用してみたいな~。
ピザとかコーヒとか絶対美味しいと思う~。

今回は朝食後、持参したカフェグッズでコーヒータイム。

050_20150519133545412.jpg
051_2015051913355438f.jpg

オシャレ!素敵!!

052_201505191335568eb.jpg

実際は慣れてない作業にドタバタだったけど(笑)
それでも楽しい!最高!!

053_20150519133557803.jpg

短い時間だったけど、4人の大切な思い出ができました。

ともしびさんは一泊二食付き6,500円/人。
素泊まり3,500円/人です。

キャンプより気軽にアウトドア気分を楽しめますよ。
今年もトーマスで盛り上がるであろう川根旅行の宿泊にもオススメです♪

056_201505191336128a8.jpg 待ってるわよ~。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。