• home >
  • 静岡*旅/東部エリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*レジャー施設*田貫湖キャンプ場北側デイキャンプサイト(富士宮市)2015.11.22

1年が1000日だったらいいのに‥
なんてくだらないことを考えてしまうほど
日々に追われている気がするすんでございます。

お出かけ情報も全然更新できていませんが、
日曜日のデイキャンプ日記を先に書きたいと思います。

場所は静岡県民にはお馴染みの湖、田貫湖。
こちらではキャンプやデイキャンプを楽しむことが出来ます。

デイキャンプサイトは予約要なので11月初旬に電話で予約。
その後、申込書が郵送されてきて当日提出します。

チェックインは9時~ということで9時半頃到着。
管理棟で受付をし、説明を受けます。

デイキャンプの料金は4人まで3,000円。
私たちは2人で行ったのでちょっと割高になってしまいました。
釜やバーベキューコンロなどの貸出(有料)もあるよう。
駐車場はちゃんと専用の場所がありました。

デイキャンプサイトは駐車場から
階段を上がらなくてはならないので荷物が多いとちょっと大変。

炊飯棟。

035_201511241514377de.jpg
034_201511241514246da.jpg

炉と水道がありますがどちらもしばらく使われてない雰囲気。
もう11月後半ですもんね~バーベキューしないか。

041_20151124151457b8c.jpg

バンガローもありましたが、現在は宿泊できないようです。

039_20151124151443375.jpg

紅葉の見頃はかなり過ぎていましたが、
その代わりに落ち葉の絨毯が一面に広がっていました。

012_20151124151311066.jpg

落ち葉を踏み鳴らす音好き。カシャカシャ。

011_20151124151310e60.jpg

管理人さんからオススメされた場所に決め、タープを設置。
デイキャンプサイトはテントはダメですがタープは張ってもいいそうです。

004_201511241512360c3.jpg

ここからだと富士山と田貫湖を一望出来るのですが見事な曇り空。
到着した時は薄っすら見えていたのですが、しばらくしたら完全に隠れちゃいました。

000_2015112415123077c.jpg

まぁ、予想はしてたのでいいんです。。。
雨が降らないだけいいんです。。。

それより見てください。このシャレオツな空間を!

003_201511241512352db.jpg

キャンプ初心者とは思えないデショ!!(笑)

022_2015112415134741a.jpg

このタープ、家庭用ミシンで自作したんですよ。
ミシン針が何度も折れて心も折れそうになりながら作り上げました。

タープを張るもの初めてだったので友と悪戦苦闘。
デイキャンプサイトは基本的にどこも斜面なので特に難しい。

023_2015112415134948f.jpg

けど落ち葉や虫除けになるので張って良かったです。

快適空間のできあがり~。

001_20151124151232987.jpg

今回の相棒もご満悦。

キャンプ地を完成させた後は昼飯作り。
基本斜面ですが、机と椅子が設置してあったのでそこをキッチンに。

今回のメニューはサンマの炊き込みご飯。

008_20151124151251045.jpg
009_20151124151252586.jpg

キノコたっぷりの豚汁。

007_201511241512503e4.jpg

つくね串と蒸し野菜。

010_2015112415130869e.jpg
014_20151124151314ce6.jpg バーニャソースも自作だよ。

普段は全然料理しないのにこういう時だけ張り切るタイプ。

015_201511241513269d1.jpg

友人が購入したツーバナーを使って料理するので
炭をおこす手間もなくとっても簡単です。

ミニ焚き火台で炊いたご飯が失敗してしまったけど一応完成~♪

018_20151124151330074.jpg
019_201511241513321ad.jpg
020_2015112415134451e.jpg

あ~美味い。外ごはん本当最高。
わざわざ外で料理しなくても‥なんて全然思わない!
外で作って自然の中で食べるからこそより一層美味しく感じる!!

006_20151124151248327.jpg

おやつは友人のお母さん手作りの秋の味覚。これまた最高。

021_2015112415134647f.jpg

ぬちぐすいやっさ~。

ただ。デイキャンプサイトは私たち以外いなく貸切状態だったのですが、
キャンプ利用者じゃない一般の人たちも入ってこれてしまうのがちょっと残念。
なんだか見物されてるようであんまりくつろげないな~(((自意識過剰)))
私たちにとってプライベート感と静けさは重要なのです。

そして。太陽が完全に隠れてしまうとやっぱり寒い。
毛布とガスストーブは持っていったのですが‥やっぱテントがないとな~。

ということで、身体を暖めるべくサイクリングへ。

田貫湖にはサイクリングロードが設置されており、
湖の周りを一方通行の反時計回りに走ることができます。
※貸し自転車は30分300円/1時間500円です。

005_2015112415124714a.jpg

もちろん相棒も連れて行きますよ~。すちゃ。

026_201511241514028f1.jpg

本当に見事な曇り空だな~。あっぱれ。

025_20151124151401b04.jpg

しばらく走ると南側テントサイトが。
デイキャンプサイトとはうって変わって混雑してました。

027_201511241514049e1.jpg

本当だったら目の前に富士山&逆さ富士が‥。
曇女のせいで皆さんゴメンなさい‥と謝りたい気分ですよ。

029_20151124151407beb.jpg

このサイクリングロード、一周20~30分くらいで回れます。
ただ歩行者(ワンちゃんの散歩してる人が多い)と同じ道なので
自転車だと結構走りづらいですね。何度も自転車から降りて通行しました。

030_201511241514186e1.jpg

スピードを出してはイケマセン。

普段運動不足せいか、一周回ると暑いくらい。
身体を暖める効果は絶大でした。

032_20151124151421007.jpg

(E.T.で驚かせてしまった皆さまスイマセン。)

デイキャンプサイトへ戻り、再びまったりタイム。
私はE.T.をモデルに写真撮影に夢中。

037_20151124151440f87.jpg
038_20151124151442e12.jpg

友人はハンモック+毛布で冬ごもりのミノムシ状態。
気持ちよかったみたいですよ。

044_20151124151501585.jpg

その後コーヒータイムをし、
後片づけをしていたら程良くチェックアウトの時間になりました。
(デイキャンプサイトは16時まで。火の使用は15時までです。)

ということで2015年の紅葉キャンプ終了です。

感想としては、やっぱり人の通りと声が気になったこと。
斜面なので持参した机なども全部斜めになってしまうのがちょっとマイナス。

ゴミ捨て場がちゃんとある。
管理人のおじさんたちが優しかったのがプラスw
総合得点は70点くらいかな。富士山が見えてたらもっと高かったww

とってもいいロケーションなので
田貫湖へはピクニック等でもまた気軽に遊びに来たいです^^
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*見学・体験*望月園芸でいちじく狩り(富士市)2015.9.5

不安定な天気が続いていますね。
折角季候のいい季節なのに‥勿体なくてたまりません。

秋といえば実りの季節。
ぶどうに梨に栗拾い‥味覚狩りって楽しいですよね。
私も一通りの果物は体験してきましたが、
未体験だったのがいちじく狩り。
特に静岡ではあまり聞いたことがないと思います。

BUTなんと県内で体験できると知り、先週行ってきました。
あまり写真を撮ってないのですが紹介したいと思います。

いちじく狩りが体験できるのは富士市にある望月園芸さん。
HPに岩本山と書いてあったので、
てっきり岩本山公園がある山の上かと思っていましたが
意外と住宅地の中でした。ご自宅兼農園なんですね。

012_20150908125352cb2.jpg

のぼりが目印。

いちじく狩りは8月下旬から10月末まで。
予約要ということでメールで予約をしていきました。
観光バスも来るようで9月は予約できない日もあるようです。

007_2015090812533374c.jpg

HPには料金1人1,000円(5個)と書いてありましたが、
お店の説明書きには1人4個までと‥ちょびっと切ない。

ちなみにいちじくの種類はアメリカ産のマスイドーフィンと
ちょっと珍しいフランス産のバナーネ。バナーネは皮ごと食べれます。

私たちはマスイドーフィン狩り。
採り方の簡単な説明を受けた後、収穫OKないちじく畑の列へ。
いちじくの白い樹液が皮膚につくとかぶれてしまう為、
薄手の手袋をして作業スタートです。

いちじくの木ってあまり見たことがありませんでした。
自分の背丈よりも大きく、ヤツデのような葉がわさわさ生えてます。

001_20150908125316d5a.jpg
002_2015090812531791d.jpg

目線の辺りには緑の実がぽこぽことなっていました。
これから間引きをするんでしょうね。

003_201509081253184e3.jpg
004_201509081253200f2.jpg

そして大きな実はしゃがんで覗き込むような場所になっていました。
(単に目立つところのは収穫済みだったのかも。)

実が赤褐色に染まり、お尻が裂けそうになってると食べ頃。
ヘタをひねると簡単にもぐことができました。

006_20150908125332c4f.jpg

このくらいの大きさになると実もかなり柔らかい。

008_20150908125335296.jpg

あっという間に4個収穫~☆

折角なのでその場でひとつお味見。
冷やした方が美味しいらしいんですがw

010_20150908125338f6c.jpg

手で簡単に割れてしまうし、
もちろん皮だってするする剥けてしまいます。

009_2015090812533600a.jpg

食感は外フカフカ・中プチプチ。
ジューシーで甘くて、とっても美味しかったです。

余談ですが、いちじくの味って説明しにくいですよね。
独特のビジュアルもあってか好き嫌いが分かれる果物ですが
好きな人からは熱狂的な支持を受けるいちじくさん(笑)

もちろん私も後者でして、母もいちじくには目がなく
お土産にマスイドーフィン2パックとバナーネ1パックを購入。

011_2015090812535066b.jpg

バナーネはこの色で完熟。
本当に皮が柔らかく、いちじくの味も濃厚でした。

お値段はスーパーで買うのと変わりませんが、
朝収穫したばかりなのでツヤツヤです。
スーパーで売っているのってちょっと萎れてたりしますよね。

家に帰り、いちじくパーティー。

013_20150908125353c78.jpg

いちじくシロップのかき氷、いちじくのタルト、
いちじくの生ハム巻きを作って食べました。至福でした。

直販もしているので、また買いに行けたらな~と思います。
望月園芸さん、ありがとうございました♪

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*祭り・イベント*"江戸の粋"Aquarium2015〈御殿場高原時之栖〉(御殿場市)2015.8.26

・・・・・
・・・・・
・・・・・書き出し方を忘れてしまうくらい更新をさぼってしまいました。
・・・・・えっと、記憶が新たな昨日のお出かけ日記を書きます。

このイベントを知ったのは結構最近なのですが、
なんとGW前から開催されていたそう。そして今月末まで。残り僅か。
※2016年3月21日まで期間延長決定!

"江戸の粋"Aquarium2015☆

002_20150824131632f84.jpg

東京や大阪ではよくアートアクアリウム展が開催されていますが、
静岡では初なんじゃないでしょうか。
(((あ、前にドリプラで水草アートミュージアムやってたな。)))

まぁ、稀な静岡開催ということで
多少規模や演出に対する期待は下がるのも事実ですが(笑)
東部へのお出かけついでに連れて行ってもらいました。

場所は御殿場高原時之栖内の時之栖美術館。
光のトンネル沿いにある施設です。

001_20150824131630472.jpg

料金は大人1,000円/子供300円。
時之栖は駐車料金も入場料も無料だから許せる‥ふふ。

日曜日ということもあって空いてはいませんでしたが、
イヤになるほど混み合っているワケでもなく‥さすが静岡。

003_201508241316335af.jpg004_20150824131634b16.jpg
005_20150824131636336.jpg

会場に入るとこんな水槽がいくつも置いてありました。

006_2015082413165486c.jpg

上には特に覆いもないので、金魚ちゃんを見やすい分
携帯やカメラを落としそうでとてもコワイ。
※フラッシュ撮影は禁止ですが、撮影はオッケーです。

壁にはこんな感じでネオンに光る水槽が。

007_20150824131656d35.jpg

なかなか涼しげでこの時期にピッタリなイベントですね。

それでは撮影してきた金魚ちゃんたちをご紹介。

008_20150824131657b4d.jpg

ちゃんと名前をチェックしてこなかったので
どの辺が珍しいのか等、詳しく説明できないのですが‥

009_20150824131659da8.jpg

この子は目が赤いのが特徴なアルビノさん。
白っぽい身体に長い尾ひれがとても美しいです。

そして下の子はピンポンパール。

010_20150824131700939.jpg

その名の通りピンポン玉のような丸っこい体型が特徴です。
金魚柄のフグさんみたい。とってもカワイイです。

011_20150824131709ed0.jpg

白い身体の白ピンポンパール。
鶏皮によく似たブツブツ皮膚がキモカワイイ?!

012_20150824131711330.jpg

目が完全に天を向いてしまった頂天眼。
完全に出目金の域を超えてしまっていますね。スゴイ。

そして目ではなくほっぺが出てしまったのが水泡眼。

013_20150824131712912.jpg
014_2015082413171409b.jpg

水泡の中はリンパ液で満たされているんですって。
ツンツンしたくなっちゃうけど、一度傷がつくと元には戻らないそう。

それにしても愛嬌のある顔。

020_20150824131731b5b.jpg
021_20150824131744339.jpg

この子たちとにらめっこしたら勝つ自信ないな~。

こういった金魚たちは観賞用に品種改良され生み出されたモノで、
中には美しい模様を出す為に鱗を剥がしたりも‥なんて話はやめてこう。

015_20150824131716e33.jpg016_20150824131725297.jpg
017_20150824131727e07.jpg
024_20150824131748021.jpg023_20150824131747ea9.jpg

私自身こうして癒されているのだから。。。

019_20150824131730ead.jpg

ぷかぷかぷか。。。

今確認したら、最初の部屋に1時間もいた模様。
そりゃカメラの充電もなくなるよな(汗)

さて、帰ろう!と進むと、その先の通路の壁にも水槽が。
聞いてないよー!!(嬉しい叫び)

031_20150824131813ae4.jpg

狭い通路なので水槽の前に居座るのは迷惑になりますが、
ぱっと見でもとても珍しく、とっても高そうな金魚ばかり。

029_20150824131803126.jpg
030_20150824131805d78.jpg

このぼこぼこ頭は蘭鋳かな。

026_20150824131759237.jpg027_20150824131800798.jpg
028_201508241318027f2.jpg

さっきよりも更に膨れ顔の水泡眼もいっぱい。
泳ぐたびにほっぺがぷるぷる。これは動画で撮りたくなる。

032_20150824131815351.jpg

そしてまたちょっとした小部屋。
輪島塗の水槽だったかな。この辺が"江戸の粋"ってこと?!

033_201508241318175be.jpg
034_20150824131818b90.jpg

ここの金魚たちは
「本当に金魚?フナかコイじゃないの??」
ってくらい大きくて立派でした。
よくぞこれだけの品種を全国から‥アッパレです!

というワケで、
もちろんアートアクアリウム展よりは規模も小さいし
アート性はないですが(金魚の観賞の方がメインな感じ)
十分楽しむことができたと思います。

会場の奥では金魚の絵付けや金魚すくいもできましたよ。
私も友だちと金魚すくい(300円)をやりましたが、一匹も獲れず。
というか金魚にふれることすらできず水流で破れました。
やっぱり金魚は目で見て楽しむものですね、ハイ。

025_20150824131750a7f.jpg

今週までの開催ですが、
まだ土日もあるので気になった方は行ってみてクダサイ♪
※2016年3月21日まで期間延長決定!(シツコイ‥)

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他*オンシーズンのクレマチスの丘とイケムラレイコPIOON展へ行ってきました。(駿東郡長泉町)2014.5.17

庭のクレマチスが大輪の花を咲かせていることに気づき、
きっとクレマチスの丘も最盛期だろうな~と思うといてもたってもいられず、
土曜日に電車と無料バスを乗り継ぎふらっと行ってきました。

クレマチスの丘へは今回で4回目の訪問でしたが、
初めてベルナール・ビュフェ美術館にも足を運んでみました。
クレマチスの丘からさらに5分ほど山を上った場所にひっそりとあります。

007_20140519122039c8a.jpg

ベルナール・ビュフェ(1928-1999)はフランス人画家。
その作風は直線的で鋭利な黒い描線と限られた色彩だそう。
確かに一度知ったら私でもビュッフェの作品だと
見分けられそうな特徴があります。

ベルナール・ビュフェ美術館はそんなビュフェの
コレクション品を展示する世界最大級の規模を誇る美術館。

そして2015年6月14日まで
BERNARD BUFFET 1945-1999 展が開催されており、
厳選された貴重な作品を見ることができます。

003_20140519122024bf0.jpg

芸術にはまったく疎い私の感想ですが、
若い頃から天才と呼ばれたビュフェの才能と勢い、それ故の苦悩。
戦争、ナチスの支配、時代に翻弄される人間の怒りと虚無。
愛に飢えていたビュフェの孤独。伴侶、アナベルへの愛。

それらの説明を素直に感じる作品でした。

特に人生の終焉を迎えるビュフェの作品、死神シリーズ。
絵を書くことにすべてを捧げたビュフェが絵が描けないことは死である、
と自ら命を絶つ直前の絵には恐ろしいほどの生への執念を感じました。

たまにはこうして芸術に触れるのもいいですね。
聞こえるのは自分の足音だけ。という特有の雰囲気も好きです。

ビュフェ美術館にはビュフェこども美術館にも併設されていて
子どもたちは自由に遊ぶことができるよう。
ちょっと覗いてみましたが、なかなか素敵な広場でした。

002_20140519122023a0f.jpg001_2014051912202282d.jpg

ただここへ行く為だけに入館料(大人1,000円)払うのはちょっとかな。
あくまでベルナール・ビュフェ美術館を目的に来たい感じです。

そうそう、7月8日まで企画展として
21世紀アートプロジェクト/佐々木愛 Four Songs が開催されていました。
淡く、優しく、透明感のある癒し効果がありそうな作品と空間でした。
特に壁一面を使ったシュガーアート作品は必見です。写真撮りたかったな~。

005_201405191220272ce.jpg

クレマチスの丘はこういった現代アートの展示にも
力を入れていて本当チェックが欠かせません。
この間奈良美智さんもオープニングトークで来たみたいだし。
秋には憧れの写真家、川内倫子さんのトークショーが‥行きたい!!!

というワケで、現在クレマチスの丘で開催されているのが
イケムラレイコ Leiko Ikemura | PIOON 展です。

イケムラレイコさんのことは初めて知ったのですが、
ドイツを中心に活動する日本人画家、彫刻家だそう。

006_20140519122038c35.jpg

PIOONはぴよ~んと読み、テーマはそのまま“うさぎ”
うさぎと聞いただけで乙女の心はトキメクはず。

私ももう完全ぴよ~んモードにスイッチが入り、
ベルナール・ビュフェ美術館のカフェでウサギのカップケーキをチョイス。

004_20140519122026cc0.jpg

このメニューは展覧会とは関係ないと思うけど(笑)

そして再び巡回バスに乗り、クレマチスの丘へ。

009_20140519122042b51.jpg
012_201405191220545fd.jpg011_2014051912204408a.jpg

何度訪れても、その度に素敵な場所だな~って思う。
特に今はクレマチスの丘が一段と美しいオンシーズンです。

咲いている花をひとつひとつ撮りたい衝動に駆られましたが、
時間が足りなくなるので、まずはPIOON展へ。

入口ではこの子がお出迎え。

014_2014051912205725e.jpg
013_20140519122056b8e.jpg

まるで森の中で出会い、私を案内してくれるよう。
なんて乙女モードは続行中です。

015_201405191220591e6.jpg
017_2014051912211464d.jpg016_201405191221003d6.jpg
※PIOON展は撮影禁止ですがうさぎ観音だけは撮影可でした。

なんだろう、この不思議な世界観は。
うさぎだよ、うさぎさん。観音さまが耳つけちゃってるんですよ。
なのになんだろう、この心を落ち着かせる感じ。

ビュフェの作品でも感じたけれど、
命削って創り上げている作品には魂的な何かが宿っていると思う。
うまく説明できないのですが、、、圧巻です、、、

展示自体は思ったより少なくてあっという間に見終わってしまったのですが、
私はここから3時間、クレマチスの丘に居座ることとなります。

なぜならば‥ガーデン超キモチイイ~!!!

020_201405191221189cb.jpg

もう既に日差しは暑いくらいだったのですが、

028_201405191221412eb.jpg
033_20140519122158a33.jpg032_2014051912215764b.jpg

木陰サイコ~!!!

そして私は花たちの逆光フォト撮影に夢中。
地べたに寝そべってひたすら撮影していたので、通り過ぎる人は
「この人は何やってるんだ‥」と不審がっていたことでしょう(笑)

023_20140519122120a30.jpg
018_20140519122115cac.jpg019_20140519122117082.jpg

なかなか思い通りには撮れなかったケド、メッチャ楽しかったです。
ここには素敵な被写体が多すぎ!完全に私の腕不足!!また来よう^^

そして、またしてもカフェタイム。
ここの焼き立てスコーンが美味しいんですよ。

うさぎさんがいる~超可愛い♪

024_20140519122135216.jpg025_20140519122136b35.jpg
026_201405191221375bd.jpg

おひとりさまで幸せタイムを満喫♪♪

027_20140519122139004.jpg ぴょん。

前回時間がなくなって慌ててカフェを飛び出しましたが今回もでした(笑)
10時から15時まで滞在。なかなかですよね。
花好きでカフェ好きでアート好きにはたまらない場所ですよ。
県外の人にもオススメしたいです。来るなら是非ともオンシーズンに。

029_20140519122152ca3.jpg
031_20140519122155f89.jpg

もうすぐバラも見頃になりそうです☆


大きな地図で見る

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*見学・体験*BAKED! by AyaNoアイシングクッキー教室(富士市)2013.10.20

私のブログの一番の読者さんから
「クッキー教室が更新されてへんぞ!」
とお叱りのメールを頂きましたので更新します(笑)

日曜日に富士市のカフェで開催された
アイシングクッキー教室に初参加してきました。

先生は富士市を中心に活動している
BAKED! by AyaNoさん。

032_20131022114648e8b.jpg 先生の相棒SPAMくん。

ブログもありますがFacebookページの方が
リアルタイムに更新されているし、
メッセージも送れるので要チェックです☆

季節やイベントによって色々なデザインがあるようですが、
今回私たちが参加したのはハロウィンバージョン。

019_20131022111747cee.jpg 
(ハロウィンって一番カワイイイベントだと思う★)

ブログやFacebookの写真を見れば一目瞭然ですが、
BAKED! by AyaNoさんのアイシングクッキー、半端ナイです。
神懸かっているというか、とても人間業とは思えないほど可愛い。

最近自分たちでもアイシングクッキーに初挑戦した私と読者さん(妹ですw)
今回、BAKED! by AyaNoさんの神業を盗むべく意気込んでおりました。

会場は富士市岩本山にあるcafeWookiesさん。
こんなところにオサレカフェが?!とビックリ。

018_20131022111744a11.jpg
017_201310221117412b9.jpg

それを知れただけでも今回来て良かったカモ♪

参加者は全員20~30代の女性。
なんとなく皆似た雰囲気を感じ勝手に親近感(笑)

005_20131022111234f29.jpg

用意されていたものは

006_201310221115016d8.jpg

色とりどりのコルネと

003_2013102211122652d.jpg

アイシングされたクッキー‥

えっ( ゚ ▽ ゚;)ほぼ完成形。

先生曰く、ベースは最低でも3時間は乾かさないといけないそうです。
(自分たちで作った時は10分も乾かさなかったよね。THE適当。)
ということで私たちがやるのはベースの上にラインで絵を描く作業。

まぁ失敗する確率が減って良かった(笑)

まずは先生が簡単にアイシングの説明。
アイシングは基本的に卵白と粉砂糖を混ぜて作ります。
私は面倒なので水を混ぜるだけのアイシングパウダーを使うケド。

001_20131022111220c62.jpg

何より重要なのはアイシングの固さ。
ラインや文字のアイシングはもったりと固めに。
広い面を塗るベースのアイシングはそれよりもややゆるめ。

と言われてもよくわからないんだけど^^;

002_20131022111223c0f.jpg

先生がお手本。
コルネとクッキーを離してラインを描いてることにビックリ。
クッキーにくっつけて描くと線が切れちゃうんですって。
先生がやると簡単そうに見えるんだけどな~。

まずはクッキングシートの上で練習。

004_20131022111232c1b.jpg

左を見ればそつなくこなす妹。
右を見ればこれまたそつなくこなす友だち。

一方私は‥恐ろしいほどに不器用。(勿論写真はナシw)

なんでだろ~なんか緊張して手がプルプルしちゃた~。
上手に作りたいっていう気持ちが空回っちゃうのかな~。
かわいいですよね。うふふ。

・・・・・。

私が動揺している間にもふたりはどんどん先へ進みます。
躊躇なく本番のネコちゃん描いてるし。

008_20131022111515dd0.jpg

しかも上手いし。

011_201310221116287d4.jpg

このふたり何なんだぁぁぁ~щ( ゚ □ ゚щ)

「うるさい。笑わせないで。」と怒られる。しゅん‥。

009_201310221115184c3.jpg

先生のお手本をまねて作ればなんとかなるハズ‥。

012_20131022111631469.jpg

そんなになんとかならなかったので小さく載せときます‥。

029_20131022114620d6c.jpg

「撮ってもいいよ。」と自信満々な妹の作品。ぐぬぬぬぅ~。

ミンナで載せればコワくない♪(笑)

027_20131022114610530.jpg

028_201310221146144c4.jpg

まぁ、それなりにはできたのかな~と胸を撫で下ろし
隣のテーブルをチラリと覗いてみたら

020_20131022111809514.jpg

皆さんオリジナリティーのある
超可愛いクッキーばかりで打ちのめされました(笑)
センスって大切。。。どこかで売ってないですかねぇ。。。

そんなちーん。となった心を元気にしてくれたのが
cafeWookiesさんのランチ♪(今回のアイシング教室はランチ込でした。)

023_20131022111815dcd.jpg024_201310221118179c9.jpg
025_201310221118199f7.jpg

バターチキンカレーめっちゃ美味しかった!作れるようになりたい!!
(あ、妹がレシピ送ってくれたw)

026_20131022111822ab5.jpg

しかもデザート・ドリンク付。満たされた~♡♥♡
これは絶対また行きたいと思いました。富士は素敵カフェ多し。

最後に展示してあった先生のクッキーも載せておこう♪

015_20131022111640e8d.jpg
016_20131022111738873.jpg

凄すぎる。。。一体。。。
このクオリティ何なんだぁぁぁ~щ( ゚ □ ゚щ)
って感じです、ハイ。

貴重な体験ありがとうございました。
私もこれに挫けずまた参加したいと思ってますのでよろしくお願いします。

s-030.jpg 楽しかった~♪

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。