• home >
  • 静岡*旅/伊豆エリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*その他*ジブリっぽい風景に出会う旅in伊豆エリア

老若男女みんな大好きなジブリ。
もちろんキャラクターや音楽も大きな魅力ですが、
なによりジブリの風景に心が惹かれます。

そんなジブリの世界観を実際に感じるために
映画のモデルになった(といわれる)地に
行けたらいいのですが、なかなかそうも行かず。

しかし、意外と身近に
「ジブリっぽい」風景はあったりするんですよね。
田舎道を通るとメイちゃん走ってそう~とかよく思います。

県内では浜松のぬくもりの森がジブリっぽい
スポットとして有名ですが、今回は伊豆で探してみました。

これらの地を巡ればきっと
ジブリっぽい風景に出会う旅in伊豆が体験できるハズ‥
かなり私個人の主観(思い込み)が強いですが
苦情は受け付けておりませんのであしからず‥

①伊豆テディベアミュージアム(伊東市)

まずはジブリっぽいではなく完全なるジブリイベントから。

こちらで開催されている
“となりのトトロのぬいぐるみ展PART2”
はジブリ好きには外せません。絶対に行くべし。

なんていったってねこバスに大人も乗れちゃうんですからー♪

005_201401211055197a2.jpg006_20140121105521985.jpg
002_201401211046013f1.jpg
003_2014012110460451a.jpg007_20140121105524a00.jpg

写真からも大の大人のハシャぎっぷりが伝わると思います。

詳しい内容はコチラ。
*祭り・イベント*となりのトトロのぬいぐるみ展PART2

ちなみにこの企画展、2013年から開催されていますが
2016年春までという噂もあるので気なる方はお急ぎください。

②稲取高原芝生広場/展望台(賀茂郡東伊豆町)

ここは知る人ぞ知るジブリっぽいスポットだと思います。
場所は東伊豆の稲取。伊豆アニマルキングダムのすぐ近くです。

管理棟横に車を停め、カントリーコースを歩くこと数分。
とくに塔的なものはありませんでしたが、展望塔という看板を発見。

018_201510221235162ac.jpg

ここから見える稲取の街並みが
あるジブリ映画のワンシーンを彷彿とさせるのです。

020_201510221235196c3.jpg

そのジブリ映画とは‥

011_201510221234471c4.jpg
012_20151022123458f2a.jpg
013_20151022123459efc.jpg

「私、この町に決めたわ。」
(とはこのシーンでは言ってないですか‥)
そう、魔女の宅急便です。

021_20151022123520ba7.jpg

写真だと伝わらないかな~伝われ~。
海に囲まれた稲取の街並みを見る度に魔女宅が思い浮かぶので
Googleで『稲取 魔女の宅急便』で検索したら、
私意外にもそう感じている人がいて俄然勇気が湧いてきました。

漁師町な感じも似てる。

014_201510221235017a8.jpg
015_201510221235034c2.jpg

まぁ実際はこんな都会じゃないんだけども。

016_20151022123504f21.jpg
017_20151022123514ff2.jpg

というワケで魔女宅っぽい写真を撮る為に頑張りました。
こんな何もないところで1時間近く遊んでしまった。

022_20151022123533460.jpg023_2015102212353433f.jpg
024_2015102212353609e.jpg025_20151022123537589.jpg

ここでの一枚。

026_20151022123539186.jpg

ちなみにススキにまたがってます。

きっとどこが?って思う方もいるでしょう。
だけど「ぽいっ」ってそんな程度ですよ。逆ギレw

③稲取高原芝生広場/ツリーハウス(賀茂郡東伊豆町)

展望台と同じ敷地内にある芝生広場。
ここにまたまたジブリっぽい建物があるのです。

それはツリーハウス。

003_20151022123422826.jpg

ツリーハウス=ジブリっぽくないですか?
けどジブリ映画にツリーハウスは出てきてないし何故だろう‥

001_20151022123420d5b.jpg
002_20151022123421eff.jpg

と考えた結果、やっぱこれじゃないかと。

ちょっとムリヤリ感ありますかね。
まぁ非現実な感じがジブリっぽいということです。

004_20151022123424b90.jpg

このツリーハウス、上ることも出来ますよ。

006_20151022123441d2c.jpg

とてもしっかりとした造りです。

<007_20151022123442929.jpg

ハウスの中。ステンドグラスがキレイ。

このツリーハウスは
日本のツリーハウス第一人者の小林崇さんがプロデュース。
しかも静岡出身だったなんて驚きです。

小林崇さんといえば星野リゾートリゾナーレ熱海内にある
森の空中基地くすくすのツリーハウスが本当にスゴイ。

kusukusu.jpg

ジブリっぽいというかおとぎ話の世界観がハンパなさそうです。
死ぬまでに一度泊まってみたいな~。デートしたい~。

話がズレてしまいましたが

008_20151022123444a33.jpg

この広場は穴場なので人も少なくていいですよ。
特に何もないですが芝生でピクニックしても気持ち良さそう。

ここでの一枚。

010_2015102212344617d.jpg

ツリーハウスでトトロに出会った~。
ちなみにここでお散歩してたゴールデンレトリバーの
ワンちゃんがトトロという名前でした。
本当にトトロに出会った~(笑)

④竜宮窟/下田市

伊豆旅で竜宮窟の近くに泊まったのですが、
雨のため行けず、無料素材の写真で紹介します。

ここはNAVERまとめでも紹介されているので知っている人も多そう。
まるで紅の豚ポルコの隠れ家!伊豆にある秘境『竜宮窟(りゅうぐうくつ)』

上にぽっかりと穴が空いているところも。

037_20151022123629ef0.jpg
340ecdb7103f0c871bc9e59372f16892_s.jpg

ちなみに竜宮窟の穴はハート形に見えるということで
恋愛のパワースポットとしても人気です。

038_20151022123631315.jpg
975eb7c1a6943d004baaa5c26069d333_s.jpg

きっと晴れた日には海も美しい碧色に見えるでしょう。

040_2015102212363454c.jpg
b3e083b171e4bb3264b7eb80793ffaad_s.jpg

あ~行けなくて残念。

042_20151022123646440.jpg

ポルコになりきる自信あったのにな(笑)
今度行くとには忘れずに丸グラサンを持っていこうっと。

④加納の石切り場/賀茂郡南伊豆町

この間カノー伝説ツアーで行ってきた加納の石切場。
記事でも書きましたが、私はラピュタっぽいと思うのです。

006_20151019113949273.jpg

海底都市な雰囲気?

028_20151022123556639.jpg

古代遺跡な雰囲気?

029_20151022123557395.jpg

いや、違う。きっとこの石の形だ!

030_201510221235598a1.jpg

この四角い石がカクカクとした岩肌の感じにマッチするのだ!!
という結論で落ち着きました。。。

019_201510191140566b4.jpg

ここでの一枚。

036_20151022123618d80.jpg

友だちが飛行石を持たせてくれたので
ムスカ大佐も置いてみました。

034_20151022123615051.jpg バルス!

詳しい内容はコチラ。
*見学・体験*加納の石切り場ツアーでカノー伝説体験

今のところこんな感じです。

大自然の残る伊豆半島なので探せば
もののけっぽいところや千と千尋っぽい場所も見つかりそう。
見つけ次第、随時更新して行きたいと思います。

043_201510221236471a2.jpg 情報求ム!!
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*見学・体験*加納の石切り場ツアーでカノー伝説体験(賀茂郡南伊豆町)2015.10.10

静岡の観光雑誌の表紙で写真を見て以来、
行きたくて仕方なかった南伊豆にある加納の石切り場。
私有地の為、地主さんと直接連絡を取らなければいけないという
なかなか高いハードルがあったのでずっと躊躇していましたが
久しぶりに検索してみると公式HP&ツアーができていました。

早速メールをし、返信メールがきて予約完了。
A・B・Cコースとありましたが、石切り場に行ければよかったので
所要時間が約1時間30分と短いAコースに。
ツアー料金はひとり2,500円ですが少人数の場合3,000円になるようです。

最終的に電話で連絡を取り、道の駅下賀茂温泉湯の花で待ち合わせ。
到着した途端、小雨がパラつき始めるという悲劇。。。雨天決行でホッ。。。

オーナー(地主)さんとガイドさんと合流し、
自分たちの車で加納の石切り場まで後ろをついていきます。
今回案内してくれたのは南伊豆のジオパークビジターセンターの方(だと思う。)
オーナーさんは山道に停めた車の見張り番で一緒には行かず。

002_201510191139341ec.jpg

イノシシが通った形跡もあったり、なかなかの山道です。
階段等で少しは歩きやすく整備されていますが、運動靴は必須。

001_20151019113932572.jpg

ガイドさんが道案内をしてくれるので安心ですが、たまに滑ったり。

003_20151019113935291.jpg

10分ほどで到着。

004_2015101911393605a.jpg

入口からして雰囲気有りますよね。

005_2015101911393879c.jpg

この先にどんな光景が広がっているんだろう(大体知っていますが。)
ドキドキ・ワクワクしながら中へ進むと‥

006_20151019113949273.jpg

シャーン!!!

入口からは想像できないひらけた空間があるのです。
(この時点では暗さに目が慣れていない為、あまりよく見えてない。
徐々に全体が見えていきました。人間の目ってスゴイぜ。)

007_20151019113950b0e.jpg

人工的なのに神秘的。
遺跡をも彷彿とさせるフォルムに興奮。

008_20151019113952fb3.jpg

廃墟・遺跡が大好きなサブカル女には鼻血ものです。

009_2015101911395355b.jpg

階段からステージのような場所へ上がってみました。

010_2015101911395511f.jpg
011_2015101911400642b.jpg

この日は曇り(というか小雨)だったのですが、
それでも差し込む光がまた美しかったです。

これは何かの撮影にも使えそうだ。

000_2015101914520854c.jpg

パシャリ。

インディージョーンズやLOTRに出てきそうな雰囲気ですが
私的にはなぜだかラピュタを彷彿とさせるんですよね。
きっとこのカクカクと切り出された岩肌の感じが
ラピュタに出てくる四角い石を想像させるのでしょう。

000_201510191403536da.jpg

加工職人な友だちに飛行石を持たせてもらったら‥ほらピッタリ(笑)

ここは石切り場という名の通り、石を切り出していた場所。
伊豆半島は大昔南の海にあった海底火山であり、
その火山灰が長い年月をかけて降り積もり石となったそう。

コンクリートのなかった時代はこの伊豆石が大変貴重で
建築の資材として使われていたんだそうです。

021_20151019114059604.jpg

重機もない時代に、手彫りで削られていたことも
それを船で江戸にまで運んでいたこと、すべてが信じられません。

013_20151019114009614.jpg

それらの話をガイドさんに聞きながら思いを馳せる‥
時間はあまりなく、とにかく写真を撮りまくっていたわたくしたち。

この空間を上からも見れるということで入口横のロープを上ってみました。

014_20151019114011d8d.jpg

ポッカリと口を開ける入口。

015_20151019114012c5e.jpg

これは完全にインディージョーンズ体験だな。

016_20151019114053896.jpg
017_20151019114055f5b.jpg

上からの眺めもまた迫力がありますね。

019_201510191140566b4.jpg

オーナーさん(のお父さんかな?)がこの山を入手し整備したところ、
こういった石切り場が何ヵ所も見つかったそうです。

012_20151019114007262.jpg

これはきっと子どもには伝わらない、大人にこそわかる魅力。
歴史とロマンが詰まった場所ですね。
こうして一般にも公開していただき有り難いです。

ちなみにこのツアー、カノー伝説と名付けられていますが
今のところ特にこれといった伝説はないそうです。これから100年かけて作るそう。
そのオーナーさんの行動力というか、逞しさが伝説と呼べそうです。

023_20151019114231015.jpg

ということで石切り場を満喫し、約1時間後山を下ると‥
オーナーさんが「遅い」とヤキモキして待っておりました(笑)

実はこのツアー、1時間半で
加納の石切り場→三嶋神社→弓ヶ浜ジオサイト→逢ヶ浜ジオサイト
を回らなくてはならない為、石切り場は30分くらいの滞在予定だったよう。

私たちは石切り場に行ければ満足だったので終了でもよかったのですが、
残り30分で3ヶ所を行くことになり、大慌てのツアーでした。反省。

025_201510191142333bb.jpg

三嶋神社。

弓ヶ浜に着いた頃には雨が本降りに。
とってもキレイな浜だから晴れて欲しかったな。

027_20151019114411f90.jpg

そして逢ヶ浜で解散。

本当に短い時間でしたが、
南伊豆の大自然を感じることができました。
まだまだ知らないこともいっぱい。また来たいです。

これらのツアーも伊豆ジオパークの活動のひとつだと思いますが、
先日、伊豆半島ジオパークの世界認定が保留になってしまい残念な限り。
この貴重な環境資源を守っていく為にも是非登録されて、
より多くの人に伊豆の魅力を知って訪れてもらいたいですね。

どうもありがとうございました。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*祭り・イベント*雛のつるし飾りまつり(賀茂郡東伊豆町)2015.10.11再訪

*****2011.2.23*****

久しぶりの大雨。。。
折角の見頃の河津桜が散ってしまわないか心配です。。。

観光ツアーなどで河津桜とセットになっている行き先といえば
みなみの桜と菜の花まつりか雛のつるし飾りまつり。
私たちは稲取のつるし飾りを見て帰ることに。

稲取ではこの時期色々な場所でイベントが行われているようですが、
メイン会場は文化公園雛の館と雛の館「むかい庵」のよう。

Srimg0092

むかい庵より展示数が少し多い文化公園へ行ってみることに。
近くに無料の駐車場もありますよ。

Srimg0093
Srimg0094

入口の河津桜はこの日見た中で一番見事な咲きっぷり。
めっちゃキレイでした~。

入館料300円を払い中へ。

Srimg0097

立派な五段飾りの雛人形の周りにはたくさんのつるし飾りが。
とっても彩り華やかで可愛いですね。

Srimg0096

つるし飾りのアップ。これまた可愛い。

稲取はつるし飾り発祥の地と言われていますが、
その歴史は古く江戸時代後期と言われているそうです。
高価なお雛様を買うことのできない時代、
せめて手作りの雛で子どもの成長を願おうという
母や祖母たちの温かい気持ちから生まれたこのつるし飾り。

その雛、ひとつひとつにも様々な意味があるそうです。

Srimg0101

だるまは七転び八起で福を招く縁起物。

Srimg0110

俵のねずみは金運&働き者になるように。

Srimg0106

這い子人形は“這えば立て、立てば歩めの親心”

ひとつひとつが手作りなので、
それぞれ柄や表情が違っていて面白いです。

Srimg0118

思わず笑ってしまったおかめさんの表情w
正に“笑う角には福来る”って感じがしますね。

Srimg0115

自分の願いに合う雛がどこにあるのか探すのも楽しかったり‥♪

Srimg0107

会場ではつるし飾りのコンテストも行われていました。
皆さん個性があってお上手!素晴らしい!!

Srimg0114

会場はそれほど広いわけではありませんが
つるし飾りの数は圧巻です。

ここには三大つるし飾りといわれる
福岡県柳川のさげもん、山形県酒田の傘福も
展示してあったそうですが、完全に見逃しました‥。

Srimg0116

そうそう、稲取といえば金目鯛が有名ですが
つるし飾りにも縁起物として欠かせないそうです。

Srimg0112

そして上の写真はその金目鯛の骨(だったかな?)を
使ったつるし飾り。珍しいですよね~。

Srimg0121

こんな感じで約15~20分もあれば見学できるかな。
河津桜に雛のつるし飾りを見れば心もポッと桜色間違いなし☆
(なんかそんなフレーズありましたよね^^?)

会場や周辺の出店ではつるし飾りも販売されていましたが、
手作りということもあってなかなかお高かったです。
でもどうせならキットを買って自分で手作りしたいですよね~。

‥なんてボタンもろくに付けれない干物女の戯言でした。ちーん。

*****2015.10.11再訪*****

春にしか開催していないイベントだと思っていましたが、
稲取の食事処で『雛のつるし飾り 秋の特別展示』のポスターを見つけ、
折角なので寄ってみました。会場は同じく文化公園雛の館、入館料300円です。

入口を開けるとやはり鮮やかな雛人形とつるし飾りがお出迎え。
前回来た時から4年以上経っていますが見覚えアリでした。
毎年それほど変わっていないのかも知れませんね。

受付の方に秋の展示は何が違うのか聞いてみたところ、
奥の方に男の子のための端午のつるし飾りがあるとのこと。

というワケでその写真を載せたいと思います。

001_20151020135401799.jpg
002_2015102013540209d.jpg

兜まで飾ってあり、想像以上に立派なつるし飾りでビックリ。
色合いもピンクや赤が多い女の子の飾りとは少し違って新鮮です。

003_2015102013540336d.jpg

兜をかぶった男の子が熊に跨りお馬の稽古♪
元気に育って欲しいという親の思いが伝わってきます。

004_20151020135404028.jpg

これらはつるし端午の福まつりという4~6月の展示で大々的に見れるそう。
となると秋の特別展示とは何ぞや?と思ったりしますが、多分これです。

006_20151020135415312.jpg 実りの秋☆

秋の特別展示は2015年10月1日~12月6日まで。
雛のつるし飾りまつりは2016年1月20日~3月31日まで。

来年の話をすると鬼が笑っちゃいますね。
でもあっという間に2016年なんだろうな~あーコワイコワイ。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他*紅葉終わりかけの修善寺温泉街散策(伊豆市)2014.12.6

バイト先で仲良くしている東北出身女子大生Kちゃん。
来年春には県外に就職してしまう為、
静岡を遊び尽くそう!と修善寺へと行ってきました。
「いずっぱこに乗ってみたい。」なんてなかなか静岡ツウ☆

いずっぱこが愛称の伊豆箱根鉄道・駿豆線は
三島駅から修善寺駅を結ぶローカル電車。
伊豆の青空と富士山の雪の白色を表現した可愛い車体。

059_2014120812464392d.jpg 車内もレトロ。シートふかふか。

電車旅っていいですよね~。
天気も良く(雨女は完全に卒業した模様)窓側席はぽかぽか。

001_201412081241284ca.jpg

最初は富士山やのどかな景色を楽しんでいたのですが、
修善寺に着く頃には熟睡‥30分程で着いてしまうので寝足りない‥。

しかし修善寺駅で車掌さんの衣装を見つけテンションUP↑↑↑

002-.jpg かわいいの~と目を細めてしまう私。

今回の目的地、修善寺温泉へは駅からバスで向かいます。
東海バス『修善寺温泉行き』約8分で終点修善寺温泉駅へ着きます。
BUT私たちはまず腹ごしらえをしようと手前のみゆき橋で下車。

修善寺のイメージといえばわさび!お蕎麦!しいたけ(の里)!
その中のふたつが楽しめる禅風亭なゝ番さんへ。

003_20141208124130741.jpg

店内は民芸調でいい雰囲気。

004_20141208124132c2e.jpg

囲炉裏の席、嬉しい。ほっこり。
禅風亭なゝ番さんの看板メニュー禅寺そばと天ぷらを注文。

011_20141208124221475.jpg

伊豆の特産である生わさびを自分で擂りおろせちゃいます。

009_20141208124206123.jpg

これぞ観光グルメの醍醐味でしょう。

お店の記事は別途を書くつもりなので詳しいことは省略。
お蕎麦はコシがあってとっても美味しかったです。

はちきれそうになったお腹を抱えて温泉街散策開始〜

013_201412081242246b7.jpg015_20141208124227abb.jpg
014_2014120812422632f.jpg

の直後に野良猫ちゃんに遭遇。
ここでかなりの時間を費やす。これもまた一興。

食べ物以外の修善寺といえば温泉!紅葉!ですよね。

日本で一番遅い紅葉の名所と言われるのが熱海梅園。
それほど離れていない修善寺も12月中旬まで紅葉が楽しめる‥
と思っていたのですが、やぱり見頃はかなり過ぎていました。

055_201412081246166b6.jpg

日枝神社の鳥居。

修善寺にある修禅寺というお寺の境内のモミジが美しいらしいのですが
ここは他よりまた少し早いのかほぼ葉が散っていました。残念なり。
(美しい紅葉の様子はAll About修善寺温泉で紅葉散歩!へ。)

散策ルートに関しては特に調べていなかったのですが、
範囲的には小ぢんまりしているし、案内板も多いので無問題。

017_201412081242496fa.jpg

虎渓橋を渡り温泉街情緒漂う桂川沿いを進みます。
わずかに残っている紅葉を見つけてはパシャリ。

020_2014120812425377e.jpg

竹林の小径の入口。

021_20141208124318637.jpg

嵐山みたい‥とは言い過ぎですがとても素敵な空間です。
ここは夏に来たら涼しくてよさそう。

032_20141208124433a16.jpg
022_20141208124319a53.jpg

この円形ベンチでお昼寝した~い。さすがに今は寒~い。

023_20141208124320337.jpg

その先に楓橋にはこんな立て看板が。
修善寺温泉には「恋の橋めぐり」なんてものもあるようです。

いま誰かに想いを寄せている人は、その人に想いが通じ
恋する二人で渡るとその人と固く結ばれると云われています。

024_201412081243229ac.jpg

もう少し若かったら真剣に願っていたことでしょう‥。

031_20141208124431ab3.jpg またまた目を細めてます。

桜も紅葉も散った後が一番美しいと思うのですが、

027_20141208124347760.jpg 

それにもいささか遅かったよう。チリチリ(笑)

029_20141208124350845.jpg
030_20141208124351945.jpg

見上げるときれいに色付いている場所もあるんだけどな~。
しゅぜんじ回廊でUターン。

桂橋のたもとには国の登録文化財になった新井旅館。
川沿いの特別室はやはりいいお値段するよう。

035_20141208124436f24.jpg

紅葉の季節に泊まってみたいものです。
お金持ちと結婚できるように真剣に恋愛祈願するべきだったかな。

037_20141208124449f5d.jpg

今日イチ、キレイだった桂橋のモミジ。

038_20141208124450822.jpg040_20141208124453bf8.jpg
042_20141208124510833.jpg043_2014120812451235e.jpg

四季っていいですね。

039_20141208124452628.jpg

なんだかここだけでそれなりに紅葉を楽しめた気がします。

036_201412081244373e9.jpg 来てよかったねん。

完全に余談になりますが
今朝のZIPで、今どきの女子たちは紅葉狩りならぬ自撮り狩り
(あくまで自分撮りがメインの紅葉狩り)を楽しんでいるとの情報が。
これって単に自撮りを晒しあげているのでは‥と疑問に思う私。

このコーナーを見た人たちが彼女たちに好感を持つはずもなく
冷ややかな目を向けることは確か。かなりヤラセっぽかったけど。

素敵な場所に行ったら一緒に写真を撮りたいのは自然なことだし
私だって自撮りくらいするし!若くて可愛ければ尚更でしょう!!
(なんか僻みっぽい?)

そんなことをトレンド情報として大袈裟に紹介しないで欲しいですね。
最近の日本人は造語を作りすぎ。特にZIP。観ちゃうけどさ。

気が済んだので続いて。
桂川沿いにあったcafe弘乃さんでわさびソフトを注文。

046_201412081245162d4.jpg047_20141208124530029.jpg

その場でわさびを擂ってくれます。

048_2014120812453277d.jpg

スプーンに山盛り。
これぞ観光グルメの醍醐味でしょう。

ソフトクリーム自体がとっても濃厚で美味しいので
正直わさびの必要性についてはよくわかりませんが、面白いです。

049_20141208124533a40.jpg

お店の目の前に河原湯という足湯があるので
寒い日に足湯に浸かりながらソフトクリームを食べるのも乙。

でもでもこの看板の魅力には敵いません。

051_201412081245373ff.jpg

おしるこさんが待ってるなら行くしかあるまい。

052_2014120812461170a.jpg 椿が添えてあるよ。
053_20141208124613cc7.jpg

あつあつ、もちもち、甘くてほっこり。
寒いのは苦手ですが、これだから冬をキライになれない。

そして最後、折角温泉街へ来たのだから温泉へ。

050_20141208124535878.jpg

温泉街のシンボルともなっている独鈷の湯。
ここは入浴禁止。足湯としては利用できるようです。

旅館の日帰り温泉はお高めだったので、ここをチョイス。

054_2014120812461465f.jpg

なんと350円で入浴できてしまう筥湯(はこゆ)。
まぁ値段相応でタオルも石けんもシャンプーも休憩室もなく、
お風呂も桧造りの内湯がひとつのみなのですが、凄く気持ちよかった。

泉質はアルカリ性単純温泉で無味無臭。
さほど広くはないのですが天井が高く開放感があります。

お客さんも私たち以外にひとりしかいなかったので
のんびりと浸かることができました。350円なら大満足です。

057_20141208124640270.jpg

温泉での渇きを地ビールで潤すのが至福。

私たちは夕方からバイトが入っていたので
4~5時間程度の滞在だったのですが、十分満喫できた気がします。

056_20141208124617782.jpg

なかなか来る機会のない修善寺ですが、
温泉街ならではの味のある素敵なところだと感じました。

今度はもう少し早く来て修禅寺の紅葉リベンジと
足を延ばしてもみじ林まで散策できたらな~と思います♪


大きな地図で見る

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

*その他*紫陽花とレトロカフェが魅力ペリーロード散策(下田市)2014.6.7

一泊二日伊豆への社員旅行無事に終わりました。
バス車内では盛り上げようと禁断のYah Yah Yahを唄い、
宴会では余興を終えた後のメイド服を譲り受け、
三流コンパニオンと褒め称えられたすんでございます。

そんな酒浸りな一日目だったのですが
次の日は好きなコースに分かれて観光ということで
私を含め40名は下田コースへ出発。
ただ昨夜からの大雨によりほとんどの人たちは下田海中水族館へ。
そしてすんを含む数名の頑固者たちは(笑)
どうしても下田公園の紫陽花が見たいと
(もしくは水族館は興味がないと)ぶらり途中下車。

そして私はカメラを下げペリーロードをひとり散策。
女性陣は皆水族館へ行ったのに‥協調性が足りてないもので‥。

バスから降りる時、
「迷子になるんじゃないよ」「転けるんじゃないよ」と見送られ
「何歳だと思ってるの~」なんて返した私ですが
出発地点の了仙寺で派手にズッコケました。。。

前置きが長くなりましたが、
そんな悲しみの中始まった散策の様子を紹介したいと思います。

002_20140612103547425.jpg
003_201406121035488db.jpg001_20140612103546466.jpg
上の桶の写真を撮った後に転けたんですよね。。。

了仙寺には境内から参道にかけてアメリカジャスミンが植樹されていて
5月下旬の最盛期には境内が甘い香りで包まれます。昔来たね。
この日は咲いてる木もありましたがほとんどは朽ちている感じでした。

では気を取り直して出発~☆。

004_20140612103549467.jpg005_20140612103551217.jpg

了仙寺を抜けるとすぐにペリーロードへ。

006_2014061210360136b.jpg

9時頃と早い時間だったので人通りも少なくとても静か。
(ちなみにこの時点で雨が奇跡的に上がりました。)

時期的に紫陽花には早いなんて言われていましたが、
なかなかキレイに色づいていましたよ。7分咲きくらい。

007_201406121036034b6.jpg
008_20140612103605c5a.jpg

紫陽花ってひとつの花がブーケみたいで可愛い。
けど写真撮るの難しい。うーむ。

012_20140612103619a01.jpg

近くで撮ったら下田で撮る意味がない。うーむ。

017_20140612103638ea6.jpg

こんな感じ?

今回の散策の目的は紫陽花の写真を撮ることと
ペリーロードのレトロ喫茶でお茶をすることだったのですが
二兎追うものは一兎も得ずということでどちらも中途半端。
言い訳ですが1時間半しか自由時間がなかったので‥。

ということでカフェについては見ていて気になったお店を紹介。

まずは行く前から気になっていた風待工房さん。
(店名に食べログのリンクを貼っています。)

009_20140612103606463.jpg
010_201406121036071fb.jpg

骨董品と喫茶のお店。
入るのを躊躇してしまうくらい味のある佇まいですが、
ここで飲む珈琲はまたひと味違うんでしょうね。

風待工房さんと似た雰囲気を感じるのが草画房さん。

034_20140612103733c8f.jpg
035_20140612103734ffa.jpg036_20140612103746331.jpg
会社の人がお茶してた^^

こちらはアトリエと喫茶のお店かな。
会社の人によるとメニューはドリンクとチーズケーキのみだったそう。
でもとても居心地もよく、素敵な時間を過ごせたそうですよ、

下田って開国の歴史とロマン漂う街並みというイメージで
それがとても色濃く出ているのがペリーロードだと思うのですが、
その中でもその特色が強く出ていたのがSOULBAR TOSAYAさん。

014_201406121036239fa.jpg
015_20140612103624dde.jpg016_20140612103636470.jpg

過去と現在、日本と米国、それがごちゃ混ぜになったような
見るからにファンキーでカッコイイお店です。
BARというからには夜だけの営業かな~と思ったのですが
不定期ですが昼も営業しているようです。あ~ランチしたかった。

写真は撮っていませんがランチはパスタのページワンさんもよさそう。
橋上にも席がありちょっとしたVIP気分。目立つかもしれないケド。

あとは食べログに情報がないのでどういったお店かよくわからないのですが
PEPEさんの壁一面に咲き誇ったブーゲンビリアが美しかったです。

026_20140612103710368.jpg

こちらにも。

023_201406121036567ce.jpg
024_201406121036582e9.jpg

こんな可愛い形してるんだな。
ブーゲンビリア紫陽花も下田の街並みにとってもよく似合います。

021_201406121036539ea.jpg019_201406121036408ca.jpg
020_20140612103642c97.jpg022_2014061210365510c.jpg

ブラブラするだけでもとっても楽しい場所。
カメラを持っていると本当に時間が足りません。
(途中で会った会社の人たちは時間を持て余していましたが‥)
そして季節は正に“今でしょ!!!”って感じでした。

027_20140612103711910.jpg

やっとペリーロードの端までたどり着き(数分の距離なのに)
あじさい祭が開催中の下田公園へも行ってみました。

033_20140612103731763.jpg
030_20140612103716e69.jpg029_201406121037149b3.jpg

本当は一周したかったのですが、とてもそんな時間はなく
ちょっと登ったところで引き返すことに‥無念です。
またリベンジしたいなぁ~。

032_20140612103729e35.jpg

ここでも寄って撮影ばかりしてしまったぁ~近所のでいいね(笑)

というワケで急いで集合場所の了仙寺へ戻ったのですが、
その前にどうしても行かなければいけないカフェがありまして
そのカフェはペリーロードから少し離れた開国博物館の近くにある

039_201406121037518ad.jpg

カブスターさん。
OPENと同時に突入したのでご迷惑だったかもしれませんが、
お目当てのメニューを注文。それは‥

038_20140612103749d03.jpg

こちらのラテアートです♡♡♡
やっと静岡でラテアート、デザインカプチーノが楽しめそうなお店まとめ。
の記事に写真を載せることができました~自己満足~パチパチ。

下田は遠いのでなかなか来れる機会がないんですよね。
時間は短かったけど貴重な下田散策でした♪


大きな地図で見る

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

プロフィール

すん

Author:すん
↟↟↟◭◬◭↟↟↟↟↟↟◭◬↟↟↟
静岡生まれ静岡育ち
生粋の清水っ子。
カフェ✿カメラ✿旅行
そとごはん
CHUMS
多肉植物
スヌーピー
ベニキノコビト
地獄のミサワ
岡本太郎
草間彌生
ハリー・ポッター
ジブリ
をこよなく愛す3?歳。
完全なるサブカル女子です☺︎
↟↟↟◬◭↟↟↟↟↟↟◬◭◬↟↟↟

すんのぼやき(非公開中)

サイト内人気記事

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中

ベニキノコビトの冒険

お出かけ日和かな

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

晴耕雨読のススメ

すんの最近読んだ本

アルパカさんのぼやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。